ソニー 4K液晶テレビ 2016年モデルの特徴と違いや進化点

ソニー4Kテレビ 2016年モデル、X9350DとX9300DとX8500Dの違いを比較。主な違いはLEDの仕様とスピーカー部となっています。

4Kブラビア新製品 2016年モデルも前モデルと同様に高精細、高色域、高コントラストを大幅な向上を実現した4Kプロセッサー『X1』を搭載。

ソニーのX9350DとX9300DとX8500Dはアップコンバートに対応しており、フルHD以下の映像も高画質で見ることが可能となっています。

X9350DとX9300DとX8500Dは従来のSDRの100倍の情報量を持つHDRに対応。X9350DとX9300DはHDRに関して、より一層高い表現が可能です。

X9350DシリーズとX9300Dシリーズはエッジ型LED部分駆動を採用(X9300Dは+Slim Backlight Drive)。またX-tended Dynamic Range(PRO)も採用。

KJ-65X9350DとKJ-55X9350Dはフロントサイドに大型スピーカーを搭載。またハイレゾ対応となっておりDESS HXも搭載となっています。

ソニーの4KテレビはAndroid TV機能も搭載。動画、音楽、ゲームなどAndroid TV向けの豊富なアプリをBRAVIAでお楽しみ頂けます。

X9350DとX9300DとX8500Dは音声検索に対応。またGoogle Cast、スクリーンミラーリングにも対応なのでスマホとの連携が可能です。

X9350DとX9300Cの違いはほとんどありません。KJ-65X9300D、KJ-55X9300Dは壁ピタ設計で壁掛けをするのにオススメのモデルです。

ソニー 4Kテレビ新製品は高画質・高音質を求めるならX9350Dシリーズ。サイドスピーカーが不要な場合や壁掛けをするならX9300Dがオススメです。

ということで、ソニーの4K液晶テレビの新製品3シリーズ
X9350DシリーズとX93000DシリーズとX8500Dシリーズの
特徴や主な違いの御紹介でした。

各モデルで、それぞれの特徴や違いがありますので
比較的、購入モデルを選びやすいかと思います。

以前にも書きましたが復習ということで
 X9300Cシリーズの後継モデルがX9350Dシリーズ
 X9000Cシリーズの後継・上位モデルがX9300Dシリーズ
 X8500Cシリーズの後継モデルがX8500Dシリーズ
といった感じになっています。
(X9300Cの後継がX9300Dの方が分かり安かったのにねー)

X9350DシリーズとX9300Cシリーズの違いは
スピーカーコーンの振動版がカーボンファイバーになっただけで
その他は同等となっていますね。

X9300DシリーズはX9000Cシリーズに
新開発の薄型バックライト技術「Slim Backlight Drive」を搭載し
「X-tended Dynamic RangePRO」も搭載をした感じのシリーズですね。
画質面(輝度やコントラスト)では大きく向上をしてますよ。
あとは、デザインが一新して更に薄くなっていますね。

X8500DシリーズはX8500Cシリーズとほぼ同等の仕様で(3D機能は削除)
これまたデザインが一新し、更に薄くなっています。
スタンド部もしっかりとした構造になっていますね。
49型と43型はX8500Cシリーズを継続販売となっています。

各シリーズ、その他の進化点としては
Andoroid TV のアプリ感の連携が良くなっていますよ。
この辺りは前モデルもアップデートで一緒になるかもしれませんね。

後は前モデルまでは通常のリモコンとタッチパッドリモコンの2本が
付属となっていましたが、今回のモデルでは1本だけとなりました。

まぁ、タッチパッドリモコンは音声検索用のマイクとして使うだけで
リモコンとしては使っていないお客様が大多数だったと思いますので
通常のリモコン側にマイクを搭載し1本にしたのは良い変更かな?
(Android TV、アプリ等の操作にはタッチパッドリモコンの方が
  使いやすい場合もあったのですが・・・)
 

Android TV機能搭載4Kブラビア 3シリーズを発売 [プレスリリース]
 –> 新開発の薄型バックライト技術Slim Backlight Driveを搭載した
   X9300Dシリーズをはじめ、HDR映像の魅力を最大限に引き出す、
   4K液晶テレビ ブラビア 3シリーズ6機種を発売します。

 

X9350シリーズ

ソニー 4Kテレビ X9350Dシリーズ

X9350Dシリーズの特徴的な仕様(他シリーズとの違い)

  • エッジ型LED部分駆動
  • X-tended Dynamic Range搭載
  • オプティコントラストパネル搭載
  • 磁性流体スピーカー搭載
  • DSEE HX搭載/ハイレゾ対応
  • 3D対応(アクティブシャッター方式)

KJ-65X9350D [65v型] ソニーストア販売価格:539,880円+税
KJ-55X9350D [55v型] ソニーストア販売価格:369,880円+税
 AV10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付、
 基本設置サービス無償、60回払いまで分割手数料1%

 

商品情報はこちらから御参照下さい
 


X9300シリーズ

ソニー 4Kテレビ X9300Dシリーズ

X9300Dシリーズの特徴的な仕様(他シリーズとの違い)

  • スリムな壁掛けも可能な壁ピタ設計
  • Slim Backlight Drive搭載
  • X-tended Dynamic Range Pro搭載
  • DSEE搭載
  • 3D対応(アクティブシャッター方式)

KJ-65X9300D [65v型] ソニーストア販売価格:489,880円+税
KJ-55X9300D [55v型] ソニーストア販売価格:319,880円+税
 AV10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付、
 基本設置サービス無償、60回払いまで分割手数料1%

 

商品情報はこちらから御参照下さい
 


X8500シリーズ

ソニー 4Kテレビ X8500Dシリーズ

X8500Dシリーズの特徴的な仕様(他シリーズとの違い)

  • DSEE搭載
  • 3D非対応

KJ-65X8500D [65v型] ソニーストア販売価格:399,880円+税
KJ-55X8500D [55v型] ソニーストア販売価格:289,880円+税
 AV10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付、
 基本設置サービス無償、60回払いまで分割手数料1%

 

商品情報はこちらから御参照下さい
 


 

なんだかX8500Dシリーズの特徴的な部分がサッパリしすぎて
うーんとか思っちゃうかもしれませんが
全シリーズ共通部分を省いてるからそう見えるだけで
4K対応、HDR信号対応、4K高画質プロセッサーX1搭載、4K X-Reality PRO搭載、
トリルミナスディスプレイ、Android TV搭載、Wi-Fi内蔵、外付HDD録画対応などなど、
普通のテレビに比べたら断然高スペックとなっていますよ。

先程も書いていましたが、今回の新商品は55型と65型だけとなっていて
49型と43型は現行のX8500Cシリーズの KJ-49X8500CKJ-43X8500C
継続しての販売となっています。

 

 

 

 

関連マンガ:ソニー史上最高画質の4K液晶テレビ Z9Dシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8300Dシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4Kブラビア KJ-49X8000CとX8500Cシリーズとの違い
関連マンガ:壁掛けに最適な超薄型4K液晶テレビ X9000Cシリーズを発売
関連マンガ:ソニーの4K対応液晶テレビでNETFLIXを登録・視聴をしてみた
関連マンガ:ソニーもオススメの『Netflix』の国内サービス開始日は9月2日から
関連マンガ:ソニー BRAVIA 新製品に付属しているリモコンの『なんぞなこれ?』
関連マンガ:ソニー Android TV搭載モデルの初期設定についての動画が公開
関連マンガ:ソニー 4Kブラビア 北川景子 4K プロジェクトムービー
関連マンガ:ソニーの4K対応液晶テレビ 新製品の発売日延期のお知らせ
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA 新製品 2015年モデルが発売・主な特徴

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア