4Kカメラ動画をブルーレイに保存&ブルーレイディスクの作成

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルは4Kカメラ動画が取りこめるのが大きな特徴のひとつです。実際に4K動画の取りこみかたを見ていきます。

BDレコーダーに4Kカメラを接続して『カメラ動画ダビング』を実行します。ソニーのブルーレイディスクレコーダーで4K動画を取りこむ場合は「MP4」を選択。

4Kハンディカムからブルーレイレコーダーに4K動画を取りこんだので、次はBDレコーダーに取りこんだ4K動画をブルーレイディスクに保存をしてみます。

4KカメラからBDレコーダーに取りこんだ動画をブルーレイディスクに保存をしてみましたが、25GBフル容量の場合は書き込みに約30分かかるようです。

BDレコーダーで4K動画を保存したブルーレィディスクはパソコンでも再生が出来ました。BDレコーダーに編集機能がありますが4K動画(MP4)は非対応です。

パソコン無しで4Kカメラの動画を取りこみできるのは手軽で良いですね。基本的にソニーの4Kハンディカムは取りこみに対応しているかと思います。

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの
大きな特徴のひとつでもある、4Kカメラ動画の取りこみのお話でした。

4Kハンディカムで撮影をした4K動画は、
今まではパソコンで取りこみをするか外付けHDDに保存するかでしたが
これで手軽に取りこみ&ブルーレイディスクへの保存が出来ますね。

デジタル一眼カメラ“α”やサイバーショットでも
4K動画の撮影が可能となってるのですが、ILCE-9やILCE-99M2、
ILCE-6500/6300やDSC-RX100M5 などで撮影した4K動画につきましても
ソニーのBDレコーダー 2017年モデルでの取りこみが可能となっています。
(対応モデルにつきましては こちら より御確認下さい。)
 

ということで、4Kハンディカムなどで撮影した4K動画を保存したり
ブルーレイディスクに保存をしたいという人は
ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルを
ぜひぜひ、御検討下さい。

関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの特徴や違い

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデル


BDZ-ZT3500_2500_1500ブルーレイディスクレコーダー
3チューナー搭載モデル 2017年7月8日 発売
BDZ-ZT3500 [3TB]:92,880円+税
BDZ-ZT2500 [2TB]:75,880円+税
BDZ-ZT1500 [1TB]:62,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応

ソニー製品情報 ソニーストア
 

 外付けHDD(SeeQVault)対応、ハイレゾ対応、4Kカメラ動画取りこみ対応


BDZ-ZW1500_550ブルーレイディスクレコーダー
2チューナー搭載モデル 2017年6月24日 発売
BDZ-ZW1500 [1TB]:51,880円+税
BDZ-W550 [500GB]:42,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応

 

ソニー製品情報 ソニーストア
 

 外付けHDD(SeeQVault)対応、ハイレゾ対応、4Kカメラ動画取りこみ対応


UBP-X800Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー
UBP-X800  2017年6月24日発売

ソニーストア販売価格:44,800円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(4,480円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 Ultra HD ブルーレイで、次世代の映像美が楽しめる

関連マンガ:ソニー初のUltra HD ブルーレイプレーヤー UBP-X800の特徴
関連マンガ:ソニーのUBP-X800を購入でUHD BDソフトをもれなくプレゼント


 

ソニーストアではAV10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの違いは
同時番組可能録画数(チューナー数)とHDD容量が異なるだけで
その他の部分は同等となっています。

3チューナー搭載モデル
 BDZ-ZT3500(HDD 3TB)、BDZ-ZT2500(HDD 2TB)、BDZ-ZT1500(HDD 1TB)
2チューナー搭載モデル
 BDZ-ZW1500(HDD 1TB)、BDZ-ZW550(HDD 500GB)

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルを購入し
(BDZ-ZT3500 / BDZ-ZT2500 / BDZ-ZT1500 / BDZ-ZW1500 / BDZ-ZW550)
製品登録&御応募で、もれなく「Video & TV SideView」の有料機能を
(どこでも視聴、ワイヤレスおでかけ転送)
無料でお楽しみいただけるクーポンコードが貰えますよ。
キャンペーン期間:2017年9月28日(木)の18時まで

Video&TV SideView無料キャンペーン
Video&TV SideView無料キャンペーン

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダーをパソコン経由で
視聴や録画をすることができる『PC TV Plus』も大人気ですよ!

PC TV Plus

関連マンガ:PC用テレビ視聴&録画アプリ『PC TV Plus』が登場

 

SeeQVault対応機器・メディア(SDカードや外付けハードディスク)に
書き出された録画番組(地デジ/BS/CS/ひかりTVなど)を
Windows PCで楽しむためのアプリも用意されていますよ。

SeeQVault Player Plus
SeeQVault Player Plus

 

SeeQVault非対応の録画機器に保存していたテレビ番組を、
DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版を使って
SeeQVault対応の新しいデバイスに移しておけば、
SeeQVault対応機器で視聴ができるようになります。

2016年モデル BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW550は
アップデートでSeeQVault対応になるので必要ありませんが
2014年モデル BDZ-ET2200/ET1200/EW1200/EW520 や
2013年モデル BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510 が
接続確認済みとして利用ができますね。

DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版 (デジオン製)
DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版 (デジオン製)

 

関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの特徴や違い
関連マンガ:SeeQVault対応のソニーのブルーレイディスクレコーダー が発売
関連マンガ:ブルーレイディスクレコーダーに「LAN録画」や「お引越し機能」に対応となるアップデート
関連マンガ:ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの速度向上のアップデート
関連マンガ:ソニーのブルーレイディスクレコーダーの設置・設定・使い方動画
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの特徴や違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルが発売
関連マンガ:BDレコーダー BDZ-E520が発売・BDZ-EW520との違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 新製品発売[2014年モデル]
関連マンガ:ソニーのBDレコーダー 外からどこでも視聴に対応
関連マンガ:ソニーの付属リモコンの購入が可能です

関連マンガ:ソニーの4K有機ELテレビ A1シリーズの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2017年モデルの特徴や2016年モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9500Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9000Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8500Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8000Eシリーズの特徴と他モデルとの違い

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア