ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの不具合

ソニー ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500」での、容量3TB以上の外付けHDD使用中止とダビングのお願い。

ということで、ソニー ブルーレイディスクレコーダー新製品 2016年モデル
BDZ-ZT2000、BDZ-ZT1000、BDZ-ZW1000、BDZ-ZW500にて
容量3TB以上の外付けHDDを接続・使用をした場合に、
『外付けHDDに記録された映像が見られなくなる』、または
『ブルーレイディスクレコーダーが外付けHDDを認識しなくなる』
といった不具合が発生する場合があるとのことです。

容量2TB以下の外付けHDDをご使用の場合は問題はありません。
 

ブルーレイディスクレコーダー新製品に関する重要なお知らせとお詫び
 –> ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500」において、
   容量3TB以上の外付けHDD(ハードディスク)をご使用時に
   不具合が発生する場合があることが判明いたしました。
 

容量3TB以上の外付けHDDを接続・利用をしておられる場合は
以降の録画は内蔵HDDや2TB以下の外付けHDDに御変更下さい。

また、すでに容量3TB以上の外付けHDDに録画をした映像については
内蔵HDDへダビングをお願い致します。
(ダビング元を消してムーブを推奨)
 

外付けハードディスクから内蔵ハードディスクにコピーする方法
 –> BDZ-ZT2000 / BDZ-ZT1000 / BDZ-ZW1000 / BDZ-ZW500 にて
  外付けハードディスクに保存した映像(タイトル)を内蔵ハードディスクに
  移動(ムーブ)やダビングをする方法はこちらから
 

必要な映像のダビングが完了したら、容量3TB以上の外付けHDDを外して
BDレコーダーに登録をした容量3TB以上の外付けHDDの登録を削除して下さい。

6月下旬までに今回の不具合を改善する本体ソフトウェアの
アップデートを実施するとのことですので、
それまでは容量3TB以上の外付けHDDの利用はお控えください。

 

 

関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの特徴や違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルが発売
関連マンガ:BDレコーダー BDZ-E520が発売・BDZ-EW520との違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 新製品発売[2014年モデル]
関連マンガ:ソニーのBDレコーダー 外からどこでも視聴に対応
関連マンガ:ソニーの付属リモコンの購入が可能です

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア