ソニーのBDレコーダー 2016年モデルがアップデートでSeeQVault対応に!

ソニー BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500にて、「SeeQVault対応」や「編集機能追加」「本体操作性向上」などに対応するアップデートが開始です。

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2016年モデル
BDZ-ZT2000、BDZ-ZT1000、BDZ-ZW1000、BDZ-ZW500にて
SeeQVault対応、編集機能追加、本体操作性向上などの
ソフトウェアアップデートが開始となりました。

SeeQVault対応になるとSeeQVault対応の外付けHDDに
番組を録画した場合にSeeQVault対応機器間であれば
再生が可能になるという機能となっています。

詳しくは(ってほどでもないですが)
 関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの特徴や違い
を御参照下さい。

編集機能は「タイトル分割/タイトル結合/プレイリスト」が
可能となります。
 

アップデートはお急ぎでない場合は7月10日(月)より開始となる
放送ダウンロードにて自動的に行われますので
そのまま普通に御利用下さい。

一応注意事項としてはデジタル放送の受信感度が極端に低かったり
ソフトウェアアップデート設定を切っていた場合(デフォルトは自動)は
放送ダウンロードによる自動アップデートが行われません。
放送ダウンロードについて、詳しくはこちらから御確認下さい。
 

放送ダウンロードによるアップデートが行われなかったり
すぐにでもアップデートを行いたい場合は、
USBメモリーを利用してのアップデートが可能です。
パソコンを利用する必要がありますが、
詳しくはこちらから御確認下さい。
 

ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500」
ソフトウェアアップデートのお知らせ
 [2017/07/06]

 –> ブルーレイディスクレコーダー「BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW500」の
  本体ソフトウェアアップデートを実施いたします。
  本アップデートでは機能向上として、「SeeQVault対応」「編集機能追加」、
  「本体操作性向上」を行います。
 

ブルーレイディスクレコーダー 本体アップデート情報
 –> ソニーのブルーレイディスクレコーダーの本体アップデートにつきましては
   こちらから御確認をお願い足します。

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデル


BDZ-ZT3500_2500_1500ブルーレイディスクレコーダー
3チューナー搭載モデル 2017年7月8日 発売
BDZ-ZT3500 [3TB]:92,880円+税
BDZ-ZT2500 [2TB]:75,880円+税
BDZ-ZT1500 [1TB]:62,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応

ソニー製品情報 ソニーストア
 

 外付けHDD(SeeQVault)対応、ハイレゾ対応、4Kカメラ動画取りこみ対応


BDZ-ZW1500_550ブルーレイディスクレコーダー
2チューナー搭載モデル 2017年6月24日 発売
BDZ-ZW1500 [1TB]:51,880円+税
BDZ-W550 [500GB]:42,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応

 

ソニー製品情報 ソニーストア
 

 外付けHDD(SeeQVault)対応、ハイレゾ対応、4Kカメラ動画取りこみ対応


UBP-X800Ultra HD ブルーレイ/DVDプレーヤー
UBP-X800  2017年6月24日発売

ソニーストア販売価格:44,800円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(4,480円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 Ultra HD ブルーレイで、次世代の映像美が楽しめる

関連マンガ:ソニー初のUltra HD ブルーレイプレーヤー UBP-X800の特徴
関連マンガ:ソニーのUBP-X800を購入でUHD BDソフトをもれなくプレゼント


 

ソニーストアではAV10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの違いは
同時番組可能録画数(チューナー数)とHDD容量が異なるだけで
その他の部分は同等となっています。

3チューナー搭載モデル
 BDZ-ZT3500(HDD 3TB)、BDZ-ZT2500(HDD 2TB)、BDZ-ZT1500(HDD 1TB)
2チューナー搭載モデル
 BDZ-ZW1500(HDD 1TB)、BDZ-ZW550(HDD 500GB)

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルを購入し
(BDZ-ZT3500 / BDZ-ZT2500 / BDZ-ZT1500 / BDZ-ZW1500 / BDZ-ZW550)
製品登録&御応募で、もれなく「Video & TV SideView」の有料機能を
(どこでも視聴、ワイヤレスおでかけ転送)
無料でお楽しみいただけるクーポンコードが貰えますよ。
キャンペーン期間:2017年9月28日(木)の18時まで

Video&TV SideView無料キャンペーン
Video&TV SideView無料キャンペーン

 

ソニーのブルーレイディスクレコーダーをパソコン経由で
視聴や録画をすることができる『PC TV Plus』も大人気ですよ!

PC TV Plus

関連マンガ:PC用テレビ視聴&録画アプリ『PC TV Plus』が登場

 

SeeQVault対応機器・メディア(SDカードや外付けハードディスク)に
書き出された録画番組(地デジ/BS/CS/ひかりTVなど)を
Windows PCで楽しむためのアプリも用意されていますよ。

SeeQVault Player Plus
SeeQVault Player Plus

 

SeeQVault非対応の録画機器に保存していたテレビ番組を、
DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版を使って
SeeQVault対応の新しいデバイスに移しておけば、
SeeQVault対応機器で視聴ができるようになります。

2016年モデル BDZ-ZT2000/ZT1000/ZW1000/ZW550は
アップデートでSeeQVault対応になるので必要ありませんが
2014年モデル BDZ-ET2200/ET1200/EW1200/EW520 や
2013年モデル BDZ-ET2100/ET1100/EW1100/EW510 が
接続確認済みとして利用ができますね。

DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版 (デジオン製)
DiXiM SeeQVault Server Std(スタンダード)版 (デジオン製)

 

関連マンガ:4Kカメラ動画をブルーレイに保存&ブルーレイディスクの作成
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2017年モデルの特徴や違い
関連マンガ:SeeQVault対応のソニーのブルーレイディスクレコーダー が発売
関連マンガ:ブルーレイディスクレコーダーに「LAN録画」や「お引越し機能」に対応となるアップデート
関連マンガ:ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの速度向上のアップデート
関連マンガ:ソニーのブルーレイディスクレコーダーの設置・設定・使い方動画
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルの特徴や違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 2016年モデルが発売
関連マンガ:BDレコーダー BDZ-E520が発売・BDZ-EW520との違い
関連マンガ:ソニー ブルーレイディスクレコーダー 新製品発売[2014年モデル]
関連マンガ:ソニーのBDレコーダー 外からどこでも視聴に対応
関連マンガ:ソニーの付属リモコンの購入が可能です

関連マンガ:ソニーの4K有機ELテレビ A1シリーズの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2017年モデルの特徴や2016年モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9500Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9000Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8500Eシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8000Eシリーズの特徴と他モデルとの違い

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア