ソニーの超高級デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1の特徴

ソニーからSignature Series(シグネチャーシリーズ)の新商品として超高級デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1が2018年12月8日に発売です。

ソニー DMP-Z1はヘッドホンアンプとプレーヤー機能を一体化し、バッテリー駆動による安定した電源供給かつシンプルで高音質な設計です。

DMP-Z1は電気二重層キャパシタを5個使用、アンプやDACなどのアナログ電源に新開発の高分子コンデンサーや高性能電源ICを採用しています。

Sony DMP-Z1はアナログアンプ方式を採用となっています。Dual DAC構成でDACチップには旭化成エレクトロニクス社のAK4497EQを採用しています。

DMP-Z1はヘッドホンアンプ部にTexasInstruments社製のTPA6120A2を採用。ソニー専用カスタム品のロータリーボリュームを採用となっています。

デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1はKIMBER KABLE社と協力開発の4芯Braid構造のケーブルや日本ディックス製のPentaconnを採用しています。

ソニー DMP-Z1はフレームを一体化させたH型アルミシャーシのモノコックボディを採用。アナログ基盤とデジタル基板を分離させる構造を採用です。

DMP-Z1はφ4.4mmのバランス接続に対応。DSD 11.2MHzのネイティブ再生やPCM 384kHz/32bitのハイレゾ音源の再生に対応。DSEE HXも搭載です。

Sony DMP-Z1は256GBのメモリーを内蔵、microSD用カードスロットを2つ搭載。USB-DAC機能やBluetoothレシーバー機能にも対応となっています。

DMP-Z1はタッチパネル液晶を搭載。音楽再生を中心に各メニューに素早くアクセスが可能です。10バンドイコライザーやトーンコントロールも搭載。

デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1 はMusic Center for PCでパソコンから楽曲の転送が可能です。持ち運び用のキャリングケースが付属。

ソニーからSignature Series(シグネチャーシリーズ)の新商品
デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1が2018年12月8日に発売です。
ソニー史上最高級、最高峰の音楽プレーヤーと言えるでしょうか。
お値段は驚きのメーカー希望小売価格で950,000円+税ですよ。
 

DMP-Z1の特徴はバッテリー駆動による高音質設計でしょうか。
一般的な家庭用のAC電源はノイズが乗っている場合があり
そこからクリーンなDC電源を作り出そうとすると
ごっつい電源ブロックが必要となります。

そこで高品質バッテリーを採用することで高品質な
電源供給が可能となり、設計も高品位でシンプルにできるので
今回の形式を採用した訳ですね。
バッテリー駆動なので持ち運び先でも楽しめますしね。
 

バッテリーもデジタル用とアナログ用で独立させていたり
高性能32bit DACをLch/Rchで独立して使用するDual DAC構成や
アナログ基板とデジタル基板を物理的に分離させたりと
各部各所で徹底した設計となっているのも特徴ですね。

DACチップには旭化成エレクトロニクス製の新世代フラグシップ
32-bit 2ch プレミアムDAC 「AK4497EQ」を採用していて
アナログアンプICにはTexasInstruments社製 「TPA6120A2」を採用、
ロータリーボリュームにはアルプス電気製 RK501(4連)を、
ソニー専用カスタム品として採用するなど
各パーツも厳選した高音質パーツを使用していますよね。
 

さすがはソニーのオーディオのフラッグシップモデルとなる
Signature Series(シグネチャーシリーズ)ということでしょうか。

シグネチャーシリーズとしては
 ウォークマン NW-WM1Z / NW-WM1A
 ヘッドホンアンプ TA-ZH1ES
 ヘッドホン MDR-Z1R
が好評販売中ですね。

NW-WM1ZとTA-ZH1ESの組合わせよりDMP-Z1の方が音質が良いそうですが
まぁ 逆に負けてたら価格差的に出す意味は無いですもんね。
音質に超こだわるならDMP-Z1、汎用性や使い勝手でNW-WM1ZとTA-ZH1ES
といった感じの選択になるかと思います。

ちなみにSignature Series 初のインナーイヤーレシーバとなる
IER-Z1R が海外で発表済ですが、国内はまだ来ませんね。
シリーズ合わせでDMP-Z1と同時に発表されるかと思ってたけど残念。

ということで Signature Series(シグネチャーシリーズ)の新商品
デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1を宜しくお願い致します。
いやまぁ、簡単に買って下さいとは言えない価格ですが・・・
 

ソニーの高音質技術を結集したSignature Seriesから
デジタルミュージックプレーヤー発売

 –> ソニーは、長年培ってきたアナログとデジタルの高音質技術を結集した
  Signature Series(シグネチャーシリーズ)から、
  ハイレゾ対応のデジタルミュージックプレーヤー『DMP-Z1』を発売します。

 

 

ソニーのSignature Series(シグネチャーシリーズ)、関連商品


DMP-Z1デジタルミュージックプレーヤー
DMP-Z1 2018年12月8日 発売

ソニーストア販売価格:855,000円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(85,500円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

独立バッテリー電源システムや高品位なアナログオーディオ出力ライン
などを採用した、新しいコンセプトのデジタルミュージックプレーヤー


NW-WM1Zウォークマン WM1シリーズ
NW-WM1Z
ソニーストア販売価格:299,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
AV10%OFFクーポン対応(29,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ナチュラルでアコースティックな領域まで再現する無酸素銅切削筐体モデル

関連マンガ:ウォークマン NW-WM1ZとNW-WM1Aの違いや特徴、NW-ZX2との違いを添えてレビュー


NW-WM1Aウォークマン WM1シリーズ
NW-WM1Z
ソニーストア販売価格:119,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
AV10%OFFクーポン対応(11,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

「音」に込められた想いまで届ける。温かみのある音質まで再現するアルミ切削筐体モデル


TA-ZH1ESヘッドホンアンプ
TA-ZH1ES
ソニーストア販売価格:250,000円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
AV10%OFFクーポン対応(25,000円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

新開発の「D.A.ハイブリッドアンプ」を搭載し、最新規格のバランス端子など、
さまざまなヘッドホン端子に対応したDAC内蔵のヘッドホンアンプ


MDR-Z1Rステレオヘッドホン
MDR-Z1R
ソニーストア販売価格:199,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
AV10%OFFクーポン対応(19,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

追求したのは空気感の表現。ソニー最高峰の技術を注ぎ込んだフラッグシップモデル

関連マンガ:ソニー最高峰のヘッドホン MDR-Z1R の特徴を御紹介


IER-Z1R密閉型インナーイヤーレシーバー
IER-Z1R 国内未発表・参考

販売価格:約2,300 USドル
(日本円で約26万円)

 

ソニー製品情報 ※海外サイト

 

12mmと5mmのダイナミックドライバーとBAドライバーを搭載
“Signature Series”初のインナーイヤーレシーバー


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

アナログレコード特有の音響効果をデジタルで再現
音の豊かさや広がりを感じる「バイナルプロセッサー」について
ソニーのベテランエンジニアが語ってくれています。

音の豊かさや広がりを感じる「バイナルプロセッサー」

 

その他、ソニーのコンポーネントオーディオに関しては
公式ページにて御確認をお願い致します。

ソニー コンポーネントオーディオ公式
ソニー コンポーネントオーディオ公式

 

関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーの技術とノウハウを結集した、“Signature Series”が発売
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1AM2 の特徴や前モデルとの違いをレビュー
関連マンガ:ウォークマン NW-ZX300の特徴をWM1シリーズとの違いを添えてレビュー

 

ソニー製品情報・ストア