ソニーのサウンドバーのフラグシップモデル HT-ST5000の特徴

ソニーのサウンドバーのフラグシップモデル HT-ST5000が発売。最新の音声フォーマットのドルビーアトモスとDTS:Xに対応したのが大きな特徴です。

HT-ST5000は本体両端のイネーブルドスピーカーから出した音を天井に反射させて3次元の立体音響を実現。簡単設置でリビングや自室にオススメです。

HT-ST5000はアップミキサー Dolby SurroundとNeural:Xに対応なので既存のコンテンツも3次元の立体音響で楽しむことが出来ます。DSEE HXを搭載。

サウンドバー HT-ST5000はアレイスピーカー配置を採用、磁性流体スピーカーを搭載しており、同軸スピーカーをフロントチャンネルの3基に採用。

ソニーのHT-ST5000は独立アンプ駆動を採用。消音時でも臨場感豊かなサウンドを再現するサウンドオプティマイザーやBluetooth/NFC機能を搭載。

HT-ST5000は操作アプリ「Music Center」に対応でスマホ等からの操作や設定が可能です。ClearAudio+や6種類のサウンドフィールドも選択可能です。

サウンドバー HT-ST5000は4K HDR対応のHDMI入力を3系統搭載。ARCに対応となっていて、4K信号とHDR信号のパススルーにも対応となっています。

HT-ST5000のサブウーファーはワイヤレス接続なので自由なレイアウトが可能です。HT-ST5000のバースピーカーは壁掛けにも対応となっています。

ソニーのサウンドバーのフラグシップモデル
HT-ST5000 が2017年11月18日(土)に発売となっています。

今までのサウンドバーの最上位モデルはHT-ST9 でしたが
HT-ST9の発売日が2015年6月13日なので約2年半が経っており、
その間に培われてきたタイムアライメント処理や
シグマ型磁気回路などの技術がにより正統進化した上で
最新の音声フォーマット「ドルビーアトモス」「DTS:X」に
対応となったのがHT-ST5000の大きな特徴になっています。
 

おおまかな内容はマンガ内で書いていますが
ドルビーアトモスを楽しむためには天井や高い位置に
専用のスピーカーが必要となっています。
シアタールームなどであれば、そこまで凝るのもいいのですが
リビングや自室となると、そこまで大層なことは難しいと思います。

そんな中、HT-ST5000ならポンと置くだけの簡単設置で
楽しむことができるのが良いですね。
あと「ドルビーアトモス」「DTS:X」に非対応の
既存のコンテンツもサウンドフィールド「3Dサラウンド」を
選択することで高さ方向を加えた3次元の立体音響を
楽しむことができるのも良いですね。

ただ欠点としては天井に音を反射させるという性質上
天井が吹き抜けになっていたり天井の形状や材質によっては
楽しむことができない場合もあります。
 

サウンドバーは簡易的なホームシアター機器と思われがちですが
ここまでくると結構本格的なサラウンドを楽しむことができます。
設置や移動も簡単なのでリビングや自室で使用するのにオススメです。

といったところでソニーのサウンドバーのフラグシップモデル
HT-ST5000を宜しくお願い致します。
 

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応
フラッグシップモデルのサウンドバー発売
 [プレスリリース]
 –> ソニーは、最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と
  「DTS:X」に新たに対応し、リアルな3次元の立体音響を実現した
  サウンドバー『HT-ST5000』を発売します。

 

ソニーのサウンドバーのフラグシップモデル HT-ST5000


HT-ST5000サウンドバー
HT-ST5000 2017年11月18日 発売
ソニーストア販売価格:159,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(15,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。映画に、音楽に、妥協を知らないプレミアムサウンド


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

HT-ST5000 開発者インタビューが掲載されています。
ドルビーで技術サポートをおこなうスタッフと
ソニーの技術者たちがHT-ST5000の開発段階の苦労や、
製品に込めた技術的なこだわりを語ります。

HT-ST5000 開発者インタビュー
HT-ST5000 開発者インタビュー

 

今回ご紹介のサウンドバー HT-ST5000など
対象のホームシアターシステムと対象の4Kテレビとの
組み合わせで購入すると最大10,000万円の
キャッシュバックとなります。
キャンペーン期間:2018年1月12日(金)まで

ソニー 4Kブラビアと組み合わせてもっと楽しもうキャンペーン
4Kブラビアと組み合わせてもっと楽しもうキャンペーン

関連マンガ:ソニーの4Kテレビ BRAVIA(ブラビア)のキャッシュバックキャンペーン

 

その他のモデルにつきましてはソニー公式ページで
御確認をお願い致します。

ソニー ホームシアター公式
ソニー ホームシアター公式ページ

 

関連マンガ:ソニーのコンパクトサウンドバー HT-MT500とHT-MT300の特徴や違い
関連マンガ:4K HDRコンテンツ対応サウンドバー『HT-CT790』などホームシアターシステム3機種発売
関連マンガ:薄型デザインとハイレゾ音源再生を両立したサウンドバー『HT-NT5』
関連マンガ:4Kパススルー対応のホームシアターシステム『HT-RT5』を発売
関連マンガ:ここがポイント!ソニーがホームシアターシステムの新製品6機種を発売
関連マンガ:『HT-XT100』が発売延期、『STP-XSR1』と『LCS-BBN』が一時出荷停止
関連マンガ:HDMIのARCとは何か
関連マンガ:7.1chサウンドバー HT-ST5の開梱からのー雑談
関連マンガ:ソニーが7.1chサウンドバー新商品『HT-ST5』を発売
関連マンガ:ソニーのホームシアターシステム新商品

 

ソニー製品情報・ストア