ソニーから手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター MP-CD1が発売

ソニーから手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター MP-CD1が2018年4月25日に発売です。ソニーストア直営店で先行展示をしています。

MP-CD1は105ANSIルーメンの明るさを実現、推奨投写サイズは40型から120型となっていて投写距離によって調整が可能となっています。

モバイルプロジェクター MP-CD1は自動で台形歪みの補正が可能。光源はLEDで画質モードでダイナミックピクチャーと標準画質が選べます。

ソニーのMP-CD1はHDMIとMHLに対応した商品と接続が可能でプロジェクターの電源を入れてから5秒で画像の投写が可能となっています。

MP-CD1は約2時間の連続投写が可能な5,000mAhのバッテリーを搭載。投写中でも他のUSB機器に給電することも可能です。

ソニーのモバイルプロジェクター MP-CD1 には専用ケースが付属となっています。HDMIやUSB-Cなどの3種類のケーブルも付属しています。

ソニーからモバイルプロジェクター MP-CD1 が
2018年4月25日(水)に発売となっています。

大きさ的には5.5型のスマホを2台重ねたくらいで
重さはスマホ2台よりちょっと軽いって感じなので
機動力は抜群ですね。

モバイルプロジェクター MP-CD1 は持ち運びが楽で
電源をつけて約5秒で投写が可能ということで
ちょっとした会議などでパソコンの画面を
大きく映したいといった場合にすごく手軽でいいですよ。
あと価格帯も結構お手頃価格なのが良いですね。

比較的近い商品でポータブル超短焦点プロジェクター
LSPX-P1 がありますがMP-CD1 の方が明るいと思います。
超短焦点の使い勝手とLSPX-P1の解像度は1366×768で
MP-CD1の解像度が854×480 ということで
LSPX-P1はホーム向け、MP-CD1はビジネス向けといった
住み分けになっているのではないでしょうか。
(明確な区分けは無いので、どちらかと言えばみたいな)
先程お手頃価格と言いましたがMP-CD1はLSPX-P1の半値ですよ。

余談ですが海外では2015年にモバイルプロジェクター MP-CL1
登場していたのですが今回発売となった MP-CD1 は
随分と仕様が変わっていますね。
MP-CL1は光源が半導体レーザーなのですが一長一短的となっています。
(解像度が高く、どこにでもフォーカスが合うけどルーメンは低い)
 

ということで出先でのプレゼン用にもオススメの
モバイルプロジェクター MP-CD1 を宜しくお願い致します。
 

ソニー モバイルプロジェクター MP-CD1 関連商品


MP-CD1モバイルプロジェクター
MP-CD1

ソニーストア販売価格:45,880円+税
10%OFFクーポン対応(4,588円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

約5秒で起動。ビジネスシーンで活用できる、手軽に持ち運べるモバイルプロジェクター


LSPX-P1ポータブル超短焦点プロジェクター
LSPX-P1

ソニーストア販売価格:92,500円+税
10%OFFクーポン対応(9,250円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 

置くだけで、壁やテーブルなど色々な場所に大画面を出せる、
ポータブル超短焦点プロジェクター

関連マンガ:ソニーがポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』を発売


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

 

その他のモデルにつきましてはソニー公式ページで
御確認をお願い致します。

ソニー ビデオプロジェクター公式
ソニー ビデオプロジェクター公式ページ

 

関連マンガ:ソニーから4K超短焦点プロジェクター『LSPX-A1』が発売
関連マンガ:ソニーが超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000を発売
関連マンガ:ソニーがポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』を発売
関連マンガ:ソニーのピコプロジェクターモジュールのサイトがオープン
関連マンガ:4K対応モデルなど家庭用ビデオプロジェクター3機種が発売
関連マンガ:ソニー 4K超短焦点プロジェクター『LSPX-W1S』を発売
関連マンガ:ソニーが業務用4K超短焦点レーザー光源プロジェクター『VPL-GTZ1』を発売

 

ソニー製品情報・ストア