ソニーのポータブルスピーカー SRS-XB20の特徴とSRS-XB2との違い

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20が発売。SRS-XB20とSRS-XB2の違いを御紹介。実用最大出力がSRS-XB20は25Wにアップしています。

SRS-XB20はSRS-XB2と比べ、パンチンググリルの穴が大きくなっています。低音を強調するパッシブラジエター2基を搭載し、迫力の重低音を実現。

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20はソニーの高音質デジタルアンプ「S-Master」や「ClearAudio+」、「DSEE」を搭載しています。

ソニーのSRS-XB20はSBC、AAC、LDACのコーデックに対応となっています。スマホから操作できるアプリ「Music Center」にも対応となっています。

SRS-XB20はIPX5相当の防水性能を実現しています。また、スピーカー筐体の前面部分が光るライティング機能を搭載し、音に合わせてライトが光ります。

ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20は4時間の充電で最長12時間の再生可能なバッテリーを搭載。バッテリーの残量の音声ガイダンス機能もあります。

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB20の紹介でした。
スマートフォンやウォークマン等とBluetoothで接続をして
手軽に重低音を楽しむことができるポータブルスピーカーとなっています。

SRS-XB20はSRS-XB2の後継モデルということで違いを御紹介しましたが
まぁまぁまぁ正統進化って感じですね。
 

SRS-XB20とSRS-XB2とを比べて、地味に嬉しい機能がボイスガイダンスですね。
SRS-XB3の時はバッテリー残量が少なくなってきた時や残量が無い場合に
CHARGEランプの点灯の仕方で確認ができるのですが正直分かりにくいです。

SRS-XB20では5段階の状態を音声で教えてくれるので
とても分かりやすいと思います。(通話ボタンの長押しで確認できます)
 

とまぁ、ここまでの内容はSRS-XB30の時と敢えて同じになっています。
手抜きではありません、手抜きではありませんよ(大事なことなので2度)

ということで、SRS-XB20とSRS-XB30の違いを軽く御紹介致します。

SRS-XB30とSRS-XB20の違い

スピーカーの大きさ&出力が違う
 SRS-XB30が直径48mm口径、実用最大出力が40W(20W+20W)
 SRS-XB20が直径42mm口径、実用最大出力が25W(12.5W+12.5W)

本体の大きさと質量の違い
 SRS-XB30は 約 228mm×82mm×86mm、質量 約980g
 SRS-XB20は 約 198mm×68mm×69mm、質量 約590g

バッテリー持続時間の違い
 SRS-XB30は4時間の充電で最長24時間再生が可能
 SRS-XB20は4時間の充電で最長12時間再生が可能

充電方式の違い
 SRS-XB30はACアダプター(付属)経由
 SRS-XB20はマイクロUSBケーブル(付属)経由

ライティング機能の違い
 SRS-XB30はラインライト(マルチカラー)、ストロボフラッシュを搭載
 SRS-XB20はラインライト(固定色)を搭載

SRS-XB30にあって、SRS-XB20に無い特徴
 SRS-XB30は縦置き、横置きが可能なマルチレイアウト対応
 SRS-XB30は外部充電用のUSB端子を搭載(スマホなどを充電可能)

といった感じになっています。
 

音質的にはSRS-XB30が上になるかと思いますので
予算は置いておいて、基本部屋に据え置きならSRS-XB30がオススメでしょうか。

外出する際に頻繁に持ち出す場合はSRS-XB20がオススメだと思います。
理由としては大きさと重量の差となりますが
苦にならなければどちらでもOKでしょうか

あと、しっかりと充電をしておけばバッテリーが持つかと思いますが
充電をする際にSRS-XB30はACアダプターが必要で
SRS-XB20はマイクロUSBケーブル経由で可能となっているので
旅行の時などに持っていく場合は
スマホ用と兼用ができるSRS-XB20の方が若干楽かと思います。
 

スマホの音楽を重低音で楽しめる
ワイヤレスポータブルスピーカー4機種発売
 [プレスリリース]
 –> 様々な場所に持ち出し、スマートフォンとワイヤレス接続して
  迫力の重低音で音楽を楽しめる、EXTRA BASSシリーズの
  Bluetooth接続対応ワイヤレスポータブルスピーカー4機種を発売します

関連マンガ:重低音で楽しめるワイヤレスポータブルスピーカー4機種が発売

 

 

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー 2017年モデル


SRS-XB20ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB20  2017年5月13日発売

ソニーストア販売価格:12,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,288円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 サイズを超えた重低音を、どこでも好きな場所で

 ・使用スピーカー:直径42mm(フルレンジ)×2
 ・実用最大出力:25W(12.5W+12.5W)
 ・電池持続時間:約12時間 (Bluetooth接続時)
 ・最大外形寸法:約 幅198mm×高さ68mm×奥行69mm
 ・質量:約590g


SRS-XB30ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB30  2017年5月13日発売

ソニーストア販売価格:18,380円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,838円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 大迫力の重低音。1日中ずっと使えるロングスタミナ

 ・使用スピーカー:直径48mm(フルレンジ)×2
 ・実用最大出力:40W(20W+20W)
 ・電池持続時間:約24時間 (Bluetooth接続時)
 ・最大外形寸法:約 幅228mm×高さ82mm×奥行86mm
 ・質量:約980g

関連マンガ:ソニーのポータブルスピーカー SRS-XB30の特徴とSRS-XB3との違い


SRS-XB40ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB40  2017年5月13日発売

ソニーストア販売価格:23,380円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,338円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 圧倒的な迫力の重低音。より音楽を楽しめるスマホアプリFiestable対応

 ・使用スピーカー:直径61mm(フルレンジ)×2
 ・実用最大出力:64W(32W+32W)
 ・電池持続時間:約24時間 (Bluetooth接続時)
 ・最大外形寸法:約 幅279mm×高さ100mm×奥行105mm
 ・質量:約1500g

関連マンガ:ソニーのポータブルスピーカー SRS-XB40の特徴とSRS-XB30との違い


SRS-XB10ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB10  2017年5月13日発売

ソニーストア販売価格:8,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(888円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 重低音を持ち運んで楽しむ

 ・使用スピーカー:直径46mm×1
 ・実用最大出力:総合出力5W
 ・電池持続時間:約16時間 (Bluetooth接続時)
 ・最大外形寸法:約 直径75mm×高さ91mm
 ・質量:約260g

関連マンガ:ソニーの手のひらサイズのポータブルスピーカー SRS-XB10


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。
 

SRS-XB40/SRS-XB30/SRS-XB20/SRS-XB10 の
開発者のインタビューが掲載されていますので、ぜひご覧ください。

SRS-XB40/30/20/10 開発者インタビュー

 

その他、ソニーのアクティブスピーカーのラインナップは
公式ページより御確認をお願い致します。

ソニー アクティブスピーカー公式
ソニー アクティブスピーカー商品情報ページ

 

関連マンガ:SRS-ZR7の開梱レビューとちょこっと聴き比べみたいな
関連マンガ:SRS-HG1の開梱レビューとちょこっと聴き比べみたいな
関連マンガ:h.ear go 『SRS-HG1』専用オリジナルケースとオーディオボード
関連マンガ:ハイレゾ対応ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-HG1
関連マンガ:ソニーのワイヤレススピーカーSRS-X99/X9とSRS-X88の違い
関連マンガ:SRS-X88を開梱&SRS-X9との聞き比べをしてみた
関連マンガ:ソニーがワイヤレススピーカー SRS-X99/X88/X77とCMT-SX7を発売
関連マンガ:重低音が豊かに響くワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X55
関連マンガ:サイズを超えた重低音のワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X33
関連マンガ:キューブ状のかわいいワイヤレスポータブルスピーカー SRS-X11
関連マンガ:ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー新製品 [SRS-X1]

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア