ソニーのマルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DN1080が発売

ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DN1080が2017年6月17日に発売。STR-DN1080は「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応です。

STR-DN1080はソニー独自の自動音場補正機能「D.C.A.C. EX」を搭載で、理想的なホームシアターの設置環境を手軽に構築可能です。

STR-DN1080はDSEE HXを搭載。ハイレゾ対応となっており、最大DSD5.6MHz、192kHz/24bitのマルチチャンネル音源再生が可能です。

ソニーのアンプ STR-DN1080はHDCP 2.2対応で4KコンテンツやHDR信号のパススルーに対応、4Kアップスケーリング機能も搭載です。

ソニー STR-DN1080は高精度DSPを3基搭載していて、32bitで処理されたDSP出力をそのまま32bitでDA変換を行います。

STR-DN1080は高精度プリアンプ専用IC「CXD90035」を搭載。高音質を支えるための回路設計や厳選した高音質パーツを採用しています。

無線/有線LANやBluetooth・LDACに対応しネットワーク経由でも音楽が楽しめます。スマホ用アプリ「Music Center」にも対応です。

ソニーのマルチチャンネルインテグレートアンプ STR-DN1080 が
2017年6月17日(土)に発売となっています。

STR-DN1080はSTR-DN1070の後継モデルとなっていますが大きな違いは
最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応という点でしょうか。
従来の前後左右を中心としたサラウンド音場に高さの表現力が加わり
より立体的な音響空間を楽しむことが可能となっています。

ただし「Dolby Atmos」「DTS:X」を再生するには、
高さを表現するためのスピーカーとしてオーバーヘッドスピーカーか
ドルビーアトモスイネーブルドスピーカーを設置する必要がありますよ。
 

とまぁ、データ量が増えることもあってSTR-DN1070では1基しか
搭載していなかったDSPをSTR-DN1080では3基になっていたりします。

STR-DN1080とSTR-DN1070の大きな違いはこんなところですね。
その他、細かな違いはSTR-DN1070ではZone3までの設定が可能でしたが
STR-DN1080ではZone2までになっていたりします。
(ゾーン=地区って感じで複数の部屋で独立して音を鳴らす機能みたいなー)

それとSTR-DN1070であったワイヤレスサラウンド機能や
サウンドフィールド(コンサートホールモードとか)が無くなっていますね。

あと出力に関してはSTR-DN1080とSTR-DN1070は同等になっています。
 

最新の音声フォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」対応
マルチチャンネルインテグレートアンプ発売
 [プレスリリース]
 –> 最新の音声フォーマット「Dolby Atmos(ドルビーアトモス)」と
  「DTS:X」に新たに対応した、リアルな音響空間を楽しめる
  マルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1080』を発売します。

 


STR-DN1080マルチチャンネルインテグレートアンプ
STR-DN1080  2017年6月17日発売

ソニーストア販売価格:69,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(6,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 最新のサラウンドフォーマット「Dolby Atmos」「DTS:X」に対応。
 高精度な自動音場補正機能「D.C.A.C.EX」を搭載し、
 理想的なサラウンド環境を実現する7.1chマルチチャンネルインテグレートアンプ


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

関連マンガ:ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ2機種を発売
関連マンガ:4Kパススルー対応のホームシアターシステム『HT-RT5』を発売
関連マンガ:ソニーがマルチチャンネルインテグレートアンプ『STR-DN1060』を発売
関連マンガ:ソニー マルチチャンネルインテグレートアンプ3機種を発売
関連マンガ:HDMIのARCとは何か

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア