ソニーからWH-1000XM3 などヘッドホン新商品 4モデルが発売

ソニーのノイズキャンセリング機能で人気のシリーズ WH-1000XM3が1新発売。前機種よりノイズキャンセリング性能が飛躍的に向上し音質も良くなっています。

ソニーのヘッドホン MDR-Z7の後継モデル MDR-Z7M2も新発売。フィボナッチパターングリルを採用するなど各所を改良し、MDR-Z7より音質が向上しています。

ソニーからインイヤーモニターヘッドホン IER-M9とIER-M7が新発売。ステージモニターに分類されるヘッドホンで音質、遮音性や装着性が高いモデルです。

ソニーのIER-M9は5つのBAドライバーユニットを搭載、5つの音域に分けて再生することで各音域の表現を高めています。BA型とダイナミック型の違い。

ソニーのIER-M7は4つのBAドライバーを搭載しているのがIER-M9との違いです。IER-M9は外部のハウジング素材やケーブル、プラグなどもIER-M7と違います。

ソニーのヘッドホン 新商品4モデル、WH-1000XM3、MDR-Z7M2、IER-M9、IER-M7を簡単に紹介致しました。海外では最上位モデルのIER-Z1Rも発表されています。

ソニーのヘッドホン新商品4モデルが2018年10月6日(土)に発売です。
今回発売となっているのは上位クラスのヘッドホン MDR-Z7M2、
ノイズキャンセリング機能で人気のシリーズ WH-1000XM3、
インイヤーステージモニターのIER-M9とIER-M7となっています。
 

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3は
MDR-1000X、WH-1000XM2に続きシリーズの3代目となりますが
今まででも高く評価がされていましたが新商品のWH-1000XM3 は
WH-1000XM2に搭載していたものより約4倍の処理能力を実現した
新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」搭載。
ノイズキャンセリング性能が飛躍的に向上し音質も向上しています。

またイヤーパッドに新素材を採用しイヤーカップの構造も改良、
ヘッドバンド部の形状も改良し軽量化もされているということで
前モデルより更に快適に装着していただけます。

とまぁ、前機種よりの評価や実績がありWH-1000XM3 は
紹介だけ見てもかなり良くなっているのが分かるということで
発表時よりかなりの注文が入っていますね。
ソニーストアで すでに先行展示がされていますが
たぶん試聴をしていない人も注文しているかと思います。
 

MDR-Z7M2はMDR-Z7の後継モデルということで
なめらかな超高域特性を可能にしたフィボナッチパターングリルを採用
同じような進化をしたMDR-1AからMDR-1AM2へを考えれば
かなり良くなっていそうなイメージがありますね。
 

インイヤーステージモニターのIER-M9とIER-M7も新発売。
IER-M9は5つ、IER-M7は4つのBAドライバーを搭載したモデルで
現行モデルでXBA-X300がBAドライバーを3つ搭載していますが
ソニーの商品的には今回のモデルは新しい構造になっていますね。

BAドライバーのモデルは好みが別れることが多かったので
さすがにこの2つのモデルは試聴してから決めたいところでしょうか。

海外では最上位クラスのシグネチャーシリーズとして
IER-Z1Rが発表されていますが、こちらも気になるところです。
IER-Z1Rは12mmと5mmのダイナミックドライバーとBAドライバーを搭載、
約2,300ドルということで日本円で約26万円なので手が出しにくい・・・
 

今回は10月6日発売の新商品 4モデルをザックリと御紹介しました。
後日、個別に詳しく御紹介できればと思います。
ということですが、ソニーのヘッドホンを宜しくお願い致します。

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い
 

新開発のプロセッサーで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現
ハイレゾ相当の高音質も楽しめる『WH-1000XM3』などヘッドホン4機種発売

 –> ソニーは、新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を
  搭載したことで、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した
  Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』など4機種を発売します。
 

ソニーのヘッドホン 新商品


WH-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM3 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:39,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い


MDR-Z7M2ステレオヘッドホン
MDR-Z7M2 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:74,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(7,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

精密に描写する空気感。心揺さぶる高音質へ


IER-M9ステレオヘッドホン
IER-M9 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:129,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(12,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確かつ豊かに描き出す高音質


IER-M7ステレオヘッドホン
IER-M7 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:74,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(7,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確に描き出す高音質


IER-Z1R密閉型インナーイヤーレシーバー
IER-Z1R 国内未発表・参考

販売価格:約2,300 USドル
(日本円で約26万円)

 

ソニー製品情報 ※海外サイト

 

12mmと5mmのダイナミックドライバーとBAドライバーを搭載
“Signature Series”初のインナーイヤーレシーバー


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

 

新開発プロセッサー搭載で、ノイズキャンセリング性能と
音質を飛躍的に向上させた「WH-1000XM3」の開発者インタビュー

WH-1000XM3 開発者インタビュー
『WH-1000XM3』 開発者インタビュー

 

アーティストのためのサウンドをその手にソニーが新たに作る
ステージユースのインイヤーモニターヘッドホン
『IER-M9』『IER-M7』の開発者インタビュー

WH-1000XM3 開発者インタビュー
『IER-M9』『IER-M7』 開発者インタビュー

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ウォークマン A50や IFA 2018で発表のソニーの新製品を軽く御紹介
関連マンガ:ソニーのオープンイヤーステレオヘッドセット STH40Dの開梱
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1AM2 の特徴や前モデルとの違いをレビュー
関連マンガ:NW-ZX300とオススメのイヤホン XBA-N3BPの開梱レビュー
関連マンガ:ソニー最高峰のヘッドホン MDR-Z1R の特徴を御紹介
関連マンガ:ワイヤレスNCヘッドホン WH-1000XM2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ネックバンド型のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-1000X
関連マンガ:ソニー初の左右独立型ワイヤレスイヤホン WF-1000Xを御紹介
関連マンガ:ウォークマン A30にもオススメのイヤホン XBA-N3とN1の特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニーよりハイレゾ対応のトリプルBA型イヤホン『XBA-300』発売

 

ソニー製品情報・ストア