ソニー初の液晶テレビ

今回はソニーで初めて販売された液晶テレビについてお話しようと思います

ソニーの液晶WEGA(ベガ) KLV-17HR1とKLV-15SR1が2002年6月1日に発売

ソニーのWEGA(ベガ)は1997年にFDトリニトロン菅を搭載したテレビとして登場しました

ということで、ソニーのテレビブランドとしての初の液晶テレビ
『KLV-15SR1』と『KLV-17HR1』のお話でした。

以降のつなぎ的な話として作ったため
本当に内容が薄くてすみません @@;

でも、この辺りのクラスのモデルって特に書くことってないのですよね・・・

とりあえずこれがソニー初のテレビブランドとして発売した液晶テレビと
何となく思ってくれればいいかなと思います。

『KLV-15SR1』と『KLV-17HR1』のプレスリリース
 –> 詳しい性能や仕様を知りたい方は、こちらからご確認下さい

ちなみに1ページ目の『あんなのやこんなのや』の画像の商品は
2000年9月10日 発売のメモリースティック対応15型液晶カラーテレビ『FDL-1500MX1』

FDL-1500MX1

『FDL-1500MX1』のプレスリリース

 

2000年12月1日 発売のパーソナルITテレビ“エアボード”『IDT-LF1』

エアボード IDT-LF1

『IDT-LF1』のプレスリリース

となっています。

なので『ソニーのテレビブランドとして』の枠をはずして
純粋に液晶テレビだけで考えると
これらの商品のほうが早い時期に発売されています。

ここまでマンガにしちゃった方が良かったかな・・・
まぁ、今後頑張ります・・・

 

ソニー製品情報・ストア