とあるソニー修理受付認定店で本当にあった怖い話 【αレンズ編】

ソニーのαレンズの修理受付をしたのですが分解されて正規の状態ではありませんでした

ソニーのαレンズをオークションで購入されたのですが壊れている状態だった

ソニーの αレンズの修理受付を行った時の
本当にあった怖い話って感じのご紹介でした。
内容が内容ですが注意をして欲しいということで
敢えて記事にしてみました。

ソニー商品の中でもカメラ本体やレンズに関しては
結構オークションを利用されるケースが多い方だと思いますが
今回のようにレンズ内のパーツが抜き取られていたり
正しく組み立てられていなかったりとか思いもしませんよね。

でもって今回の場合は部品が抜き取られていたり
正しく組み立てられていないためレンズの各所が痛んでおり
新品を購入できるくらい高額な修理代金になるということで
ソニーにて全損状態の修理不能という判断となっています。

しかも今回は使用者が知識や比較する機会があったため
おかしいことに気が付かれたわけですが
異常な商品でも気が付かずに使用しているというケースが
世の中にはある可能性もあって本当に怖いと思いました。

まぁまぁまぁ 田舎な?当店であったということは
世間的には、はるかに多くありそうだと思いますので
オークションで購入される人は本当にお気を付けくださいね。

とまぁ、今回はこんなことがありましたよーって御紹介でした。
 

関連マンガ:ソニーのテレビの修理を申込んだらスゴイことが起こった件
関連マンガ:ソニーの製品はいつまで修理できる?部品保有期間と修理の可否の検索
関連マンガ:ソニー製品の保証書に関するお知らせ、無料修理を受けるには
関連マンガ:ソニー製品の修理はどこに頼むの?

 

ソニー製品情報・ストア