ソニーのテレビの修理を申込んだらスゴイことが起こった件

ソニーの4Kテレビ KD-55X9200AがKJ-55X9000FとHT-X9000Fに無償で交換になりました

ソニーの4Kテレビ BRAVIA の修理受付けと交換修理の御紹介

先日にツイッターでつぶやいた内容に興味がある人が多かったので
もう少し詳しく御紹介をしてみました。

ソニーから2013年に発売された4K対応テレビの先駆けとなるモデル
KD-55X9200A を購入して頂いたお客様から調子が悪いとの連絡を受け
ソニーのサービスに修理申込をしたところ
2018年モデルの4K液晶テレビ KJ-55X9000F と サウンドバー HT-X9000F に
無償で交換となったお話ですね。

ちなみに KD-55X9200 は2014年7月に購入をして頂いていたのですが
ソニーの長期保証サービス『新・ご安心サポート』の5年保証を付けていたので
保証期間中の扱いとなり無償となりました。

でもって KD-55X9200A は本体に結構良いスピーカーが搭載されていたので
サウンドバー HT-X9000F(結構良いやつですね)まで付いちゃったといことで
驚きと感動が増したって感じでしょうか。

まぁまぁまぁ普段からこういったケースはちょこちょこあるのですが
ここ最近でズバ抜けてお得になったということで思わず呟いたみたいなー
 

でもって、どういった時にこのようなケースになるかと言いますと
商品の修理に必要な部品などが手配できず修理ができないといった場合に
代替商品との交換になります。
なので5年くらいの長期保証が付いていると比較的発生しやすい感じでしょうか。

特に販売台数の分母が多いウォークマンやヘッドホンなんかは
ポツポツとこういったケースがありますね。
保証対象外の場合でも有償で最新モデルとの交換修理になることもありますが
商品によっては交換修理よりも新しく購入するほうがお得な場合もありますので
お近くのソニー修理受付認定店でご相談して頂くのもオススメですよ。

とまぁ、今回はこんなことがありましたよーって御紹介でした。
 

関連マンガ:ソニーの製品はいつまで修理できる?部品保有期間と修理の可否の検索
関連マンガ:ソニー製品の保証書に関するお知らせ、無料修理を受けるには
関連マンガ:ソニー製品の修理はどこに頼むの?

 

テレビと言えば2019年6月8日よりBS4K/110度CS4Kチューナーを内蔵した
BRAVIA 2019年モデルが発売となっています。
当店やソニーストアでは長期保証を付けての御購入が可能ですので
御検討の際は、宜しくお願い致します。
 

ソニー BRAVIA公式ページはこちらから

ソニー BRAVIA公式ページ

 

関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2019年モデルの特徴や2018年モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9500Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8550Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8500Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8000Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A9Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A8Gシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2019年モデルの新ユーザーインターフェイスの御紹介

関連マンガ:ソニーのサウンドバー HT-Z9FとHT-X9000Fの特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニーが3次元の立体音響を楽しめる サウンドバー『HT-X8500』を発売

 

ソニー製品情報・ストア