ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A80Jシリーズの特徴と他モデルとの違い

ソニーの有機ELテレビ BRAVIA 2021年モデル A80Jシリーズの特徴や違いをレビューした画像 ソニーの有機ELテレビ A80Jシリーズは 4K/120fps対応でPS5に最適なゲームモードを搭載 BRAVIA A80Jシリーズは認知特性プロセッサー XR搭載なのが2020年モデルとの違い BRAVIA A80Jシリーズに搭載の認知特性プロセッサー XRを紹介した画像 BRAVIA XR A80Jシリーズは認知特性プロセッサー XRにより高画質化 BRAVIA A80Jシリーズは2020年モデルと違い高画質機能もXR何某に名称を変更 有機ELテレビ A80JシリーズとA90Jシリーズの違いを紹介した画像 BRAVIA A80Jシリーズは明るさセンサーを搭載なのが A90Jシリーズとの違い BRAVIA A80Jシリーズ A90Jシリーズ A8Hシリーズの画質面での違いまとめ BRAVIA A80Jシリーズはアコーステッィクサーフェスオーディオプラスを搭載 BRAVIA A90Jシリーズは新しいアクチュエーターを搭載、A80Jシリーズとの音響の違い BRAVIA A80Jシリーズは ドルビーアトモアスや3Dサラウンドアップスケーリングに対応 ソニーのBRAVIA 2021年モデル A80Jシリーズは Google TV機能を搭載に変更 ソニーのA80Jシリーズは BRAVIA CORE に対応で映画などが楽しめます BRAVIA A80JシリーズとA90JシリーズのとA8Hシリーズの違いのまとめ BRAVIA A80Jシリーズのデザイン、スタンドの違いや壁掛けスタイル ソニーストアでは BRAVIA A80Jシリーズを安心して購入できるサービスを用意

4K有機ELテレビ BRAVIA A80Jシリーズ

ソニーの4K有機ELテレビ A80Jシリーズが
2021年6月12日(土)以降に順次発売となっています。
画面サイズは55v型から77v型までの3モデルで発売日は
 XRJ-55A80J(55v型):2021年6月12日(土)
 XRJ-65A80J(65v型):2021年6月12日(土)
 XRJ-77A80J(77v型):2021年6月26日(土)
となっています。

A80Jシリーズは A8Hシリーズの後継モデルとなりますが
画質面や機能面で大幅に進化をしていてます。
A8Hシリーズより上ということで音響面以外は
A9Gシリーズと比べても良くなっているということですね。
 

ソニー BRAVIA 2021年モデルと2020年モデルの違いは
ザックリとまとめると
 ・上位モデルは新プロセッサーによる高画質化
   (それに伴い各種高画質機能の向上)
 ・外付けHDDの2番組同時録画対応
 ・Android TV機能から Google TV機能に変更
 ・4K/120fpsに対応(X80Jシリーズは除く)
といったところが進化点となっています。
 関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2021年モデルの特徴や 2020年モデルとの違い
 

BRAVIA A80Jシリーズの画質について

画質の進化については認知特性プロセッサー「XR」を
搭載となっているのがとにかく大きなポイントですね。

処理方法や処理能力の向上によってノイズ除去や
アップコンバート、コントラストや階調表現など
それぞれの高画質化の機能も向上となっています。
監督が代わって選手の動きも良くなったみたいな?

一般的なテレビでは描写ができない細かな模様や
白飛びや黒つぶれしてしまうような
シーンでもしっかりと映し出してくれますよ。

A80Jシリーズと A90Jシリーズの画質面での違いは
A90Jシリーズでは有機ELパネルに放熱用アルミシートを
組み合わせることで放熱効果を高めて
更に温度センサーを搭載しパネル表面の温度を検知し
発光制御行なうことで発光性能を最大限まで高めています。

パソコンなどの CPUに置き換えて説明すると
放熱効果と制御によってオーバークロックを行い
処理速度を上げる訳ですが、処理速度を発光量に
置き換えた感じのイメージが近いでしょうか?

ということで従来の有機ELパネルより明るく
高コントラストな映像を実現しています。
A80Jシリーズも従来モデルより明るくなっていますが
A90Jシリーズの方が断然明るく見えるかと思います。
 

BRAVIA A80Jシリーズの音響について

アコースティック サーフェス オーディオ プラスを
搭載となっていますが(画面を振動させて音を出す音響技術)
A90Jシリーズの実用最大出力は 60W(20+20+10+10)
(XRJ-83A90J のサブウーファーは大型のものを採用)
A80Jシリーズの実用最大出力はサイズで異なっていて
XRJ-55A80J と XRJ-65A80Jは 30W(10+10+10)で
XRJ-77A80Jは 50W(20+20+10)となっています。

A90Jシリーズの方は構造的には A9Gシリーズと同じですが
新開発のアクチュエーター(振動させて音を出す部分)を
搭載で重低音を強化するアルゴリズムを採用するなど
より高音質となっていますよ。

A80Jシリーズは出力的には A90Jシリーズより
低くなっていますが構造的に最適化をすることで
A90Jシリーズと同等の高音質を実現しているようです。

それと A90Jシリーズでは、その高音質を生かすために
センタースピーカー入力端子を搭載していて
サラウンドシステム構成時にセンタースピーカーとして
使用することができるのが A80Jシリーズとの違いです。
 

BRAVIA A80Jシリーズのザックリまとめ

後は、A80Jシリーズと A90Jシリーズで
スタンドの形式が違うくらいでしょうか。

A80Jシリーズの方はスタンド位置が外側でも
割と中央寄りになっているのと
55v型と65v型でもスタンド位置が内側にできますが
A90Jシリーズはスタンド位置が本体の端付近にあって
55v型と65v型では内側にすることもできないので
本体の幅以上のテレビ台が必須となりますよ。
 

とまぁ A80Jシリーズは従来モデルと比べて
画質や機能が大幅に進化をしていて
音質は最適化により少し良くなった感じでしょうか。
このクラスで大画面の77v型の追加もいいですね。

A90Jシリーズの方が画質(コントラスト部分)も
音質もワンランク上といった感じになっていますが
A80Jシリーズでも、かなり高画質&高音質となっていますよ。

ということですが ソニーの BRAVIA 2021年モデルの
4K有機ELテレビ A80Jシリーズを宜しくお願い致します。
 

関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A90Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
現在閲覧中:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A80Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X95Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X90Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X85Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2021年モデルの特徴や 2020年モデルとの違い
 


 

 

 


4K有機ELテレビ BRAVIA A80Jシリーズ

BRAVIA A80Jシリーズ

発売日:2021年6月12日以降順次発売

A80Jシリーズの特徴的な仕様

  • BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵
  • 認知特性プロセッサー「XR」
  • XR 4Kアップスケーリング
  • XR OLED コントラスト (A90Jと違いプロじゃない)
  • XR モーション クラリティー
  • XR トリルミナス プロ
  • 4K 120fps対応
  • アコースティック サーフェス オーディオ プラス
     (実用最大出力:50W(77v型)/30W(65v型・55v型))
  • センタースピーカーモード非搭載
  • 3D サラウンド アップスケーリング
  • BRAVIA CORE(ネット動画)
  • Google TV機能搭載
  • HDD ダブル録画対応
  • 明るさセンサー

XRJ-77A80J [77v型] ソニーストア販売価格:660,000円(税込)
XRJ-65A80J [65v型] ソニーストア販売価格:396,000円(税込)
XRJ-55A80J [55v型] ソニーストア販売価格:286,000円(税込)
 10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付
 基本設置サービス無償、24回払いまで分割手数料0%

 

ブラビア A80Jシリーズ商品情報
 


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

長期保証サービスや分割払手数料0%、
テレビ基本設置サービスや壁掛け設置パックなど
ソニーストアでブラビアを購入するメリットなどを
ソニー公式サイトにて紹介されています。

ソニーストアでブラビアを購入するメリットなど
ソニーストアでブラビアを購入するメリットなど

 


ソニーのテレビ BRAVIA の対象モデルと
ブルーレイディスクレコーダーやネックスピーカーを
セット購入で最大70,000円のキャッシュバックとなる
『21年末 おうちエンタメ応援キャンペーン』が
2021年12月31日(金)まで開催となっています。

21年末おうちエンタメ応援キャンペーン
21年末おうちエンタメ応援キャンペーン

関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA をセット購入で最大7万円のキャッシュバック

 

対象のブラビアを御購入&ご応募で
人気の動画配信サービス Hulu と Abema の
3ヵ月無料トライアルをプレゼントとなります。
※Hulu は新規入会の方のみが対象です
※ABEMAプレミアム会員の方は対象外です
キャンペーン期間:2022年1月16日(日)まで

ネット動画最大3ヵ月無料キャンペーン
ネット動画最大3ヵ月無料キャンペーン

関連マンガ:ソニーの BRAVIA を購入で hulu / ABEMA が3ヶ月無料になるキャンペーンが開催

 

ご自宅で実際のテレビの大きさを確認できる
実寸サイズ用紙を送付してくれるサービスもあります。
画面用紙サイズは2種類用意しておりますので、
お客様が検討されているサイズに合わせてご注文ください。

2022年3月31日までは無料で購入いただける
クーポンを贈呈となっています。

ソニー ブラビア実寸サイズ用紙 送付サービス
ソニー ブラビア実寸サイズ用紙 送付サービス

関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA の画面サイズに迷った時にオススメのサービス

 

インテリア試着アプリ「RoomCo AR」では、
スマホを使って気になるブラビアの設置イメージを
AR機能を使って確認することができます。

自宅でかんたん! テレビ設置シミュレーション
自宅でかんたん! テレビ設置シミュレーション

 

ソニー BRAVIA公式ページはこちらから

ソニー BRAVIA 2021年モデル 公式ページ

 

関連リンク:BRAVIA の最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ソニーの4K液晶テレビ BRAVIA 2020年モデルの違いをピックアップ
関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2020年モデルの特徴や 2019年モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8000Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8500Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8550Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9500Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーが 8K液晶テレビ BRAVIA Z9Hシリーズ KJ-85Z9H を発売
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A8Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A9Sシリーズの特徴と他モデルとの違い