ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α7IV』 ILCE-7M4 の特徴や前機種との違い

ILCE-7M4 有効画素数と他モデルの比較 ILCE-7M4 のBIONZ XR搭載による ILCE-7M3 との違い ILCE-7M4 のAF測距点と ILCE-7M3 の比較 ILCE-7M4 は鳥の瞳AFに対応で動画撮影時も使用可能 ILCE-7M4 はロスレス圧縮方式やHEIFに対応 ILCE-7M4 は動画専用の手ブレ補正アクティブモードを搭載 ILCE-7M4 は4K 60P動画記録に対応なのが ILCE-7M3 との違い α7IV はALL-Intra記録やXAVC HSファイルフォーマットに対応 ILCE-7M4 はブリージング御性機能をαシリーズとして初搭載 α7IV はフォーカスマップ機能とAFアシスト機能を搭載 ILCE-7M4 はライブ配信時の本体内同時記録に対応 ILCE-7M4 と ILCE-7M3 のボディーの違いを比較 α7IV と α7III のボタンやダイヤルの違い ILCE-7M4 はバリアングル液晶モニターを搭載 ILCE-7M4 は約369万画素のQuad-VGA OLED電子ファインダーを搭載 ILCE-7M4 はMIシューにデジタルオーディオインターフェースを追加 ILCE-7M4 はCFexpress Type Aメモリーカードに対応 α7IV は無線も有線も α7III と比べて高速化 α7IV は新開発の放熱構造を採用しているのが α7III との違い ILCE-7M4 と ILCE-7M3 のバッテリー持続時間の違い ILCE-7M4 の静止画撮影と動画撮影のまとめ

フルサイズミラーレス一眼カメラ α7IV ILCE-7M4

ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ α7IV
ILCE-7M4 の特徴や違いを御紹介させて頂きました。

前機種の α7III ILCE-7M3 との違いに関しては
フキダシ内の青文字で紹介をしていましたが
同じところが無いってレベルで進化をしていますよね。
ちなみに一覧で書きだそうと思いましたが
多すぎるのでヤメちゃったみたいな・・・

海外情報が出たときの第一印象としては
動画撮影に関しては段違いの進化を見て取れましたが
静止画撮影に関しては『そこまでかな?』といった
イメージを持っていましたが細かい部分を見ていくと
思った以上に良くなっているのが分かりました。

前回も言いましたがザックリと表現すれば
α7SIII ILCE-7SM3 に新開発のイメージセンサーを
搭載したモデルといった感じになっています。
ただしアルゴリズムは最新のものを採用なので
機能的には『α1』 ILCE-1 ゆずりとなっていますよ。

ソニー公式:フルサイズミラーレス一眼カメラ『α7 IV』プレスリリース
ソニー公式:『α7 IV』 ILCE-7M4 商品情報ページ
 

購入するなら2022年8月31日(水)までがお得!
2022年9月1日(木)からのソニーの出荷価格改定により
ILCE-7M4:33,000円(税込) の値上げとなります。

ソニー公式:一部製品の出荷価格改定に関するお知らせ
関連マンガ:【悲報】2022年9月1日よりソニー製品の一部が値上げ | 今のうちに購入しておきたい商品は?
 

α7IV ILCE-7M4 の静止画撮影に関して

まずは有効約3300万画素の新開発イメージセンサーを
搭載ということで、やっぱり画素数は大正義ですよね。
ILCE-7M3 有効約2420万画素なので約1.4倍の画素数です。

基本的に画素数が上がれば感度や速度などなど
様々な部分でマイナスの影響がでるのですが
ISO感度や連写速度などは前機種と同等となっているので
完全に上位互換のモデルと言えます。

画素数は大正義とは言え処理エンジンの性能も画質等に
大きく関わってくるので無視できないポイントです。
ILCE-7M4 では ILCE-7M3 で搭載していた『BIONZ X』の
最大で約8倍の高速処理が可能な『BIONZ XR』を搭載で
最新のアルゴリズムを採用することでフラグシップ機の
α1 ILCE-1 ゆずりな性能を実現していたりします。

この部分だけでも ILCE-7M3 と比べると
色再現性や質感描写が大幅に向上をしていて
画素数の違いと合わせて仕上がりが段違いとなっています。

でもって更に注目するポイントとしてはAF性能の向上です。
使い勝手的には広範囲・高速高精度・高追随となっていて
α1 ILCE-1 に匹敵するAF性能といえます。
まぁまぁまぁ連写時の挙動等は流石に α1 が段違いですが。

その他、10bit記録対応のHEIFフォーマットや
ロスレス圧縮方式のRAWに対応している点、
仕上がりの調整が可能なクリエイティブスタイルの
進化版といえるクリエイティブルックの搭載などにより
選択肢の幅も大きく広がっていると思います。
 

ということで静止画撮影で前機種と比較をした場合
画素数だけに目が行っちゃうかと思いますが
解像感や色合い、AF性能なども全然違いますということで。

ちなみに個人的には静止画撮影時のハイアングルや
ローアングルではバリアングル液晶モニターに
違和感を感じるのが気になるところです。
(レンズとセンサーの直線上からモニターがズレる)

まぁハイブリッド型だとそうなりますよねってところと
慣れれば良いだけの話ですよね。
 

鳥瞳AFの対応やAPS-Cモードも注目ポイント

フラグシップモデル α1 ILCE-1 のみ対応となっていた
リアルタイム瞳AF(鳥)に対応となっているのが良いですよね。
目の周りが黒色の鳥でも、しっかりと目を検出するので
野鳥の撮影に関しては大きな武器になります。

更にAPS-Cモードでも14Mという画素数に対応していて
APS-Cモード時の位相差検出方式AFの測距点数が
 フルサイズレンズ使用時:713点
 APS-Cレンズ使用時:575点
となっていてAPS-Cモード時でもAF性能を発揮してくれます。

像面位相差AFが使える絞り値の範囲の上限がF22となっていて
F11までの ILCE-7M3 と比べ使い勝手も上がっているので
野鳥の撮影や APS-Cモードでの撮影を良くされる場合は
すごくオススメのモデルとなっていますよ。
 

α7IV ILCE-7M4 の動画撮影に関して

動画撮影機能に関しては比べても仕方がないくらい
前機種から進化をしていますよね。
基本的には α7SIII ILCE-7SM3 と同等といった感じで
4K 120p の動画撮影に非対応なのが違うくらいでしょうか。

逆に言えば ILCE-7M4 が 4K 120p に対応していたら
動画撮影に関しては満点だったと思いますので
その点が非常に惜しいところではないでしょうか。
 

といったところで動画撮影機能に関して少しおさらいで
4K動画記録についてはフルサイズと Super 35mmに対応で
オーバーサンプリングの画素数も高い数値となっています。
まぁ 4K 60p は実用的にみるとオマケみたいな感じでしょうか

前機種からの進化点として4:2:2 10bit のサンプリングや
All-Intra記録、HEVC/H.265を採用した XAVC HS に
対応となっているのも選択肢の幅が広がっています。

S-Log3 に関しては従来通りの対応といった感じですが
肌の色をシネマチックに表現するルック「S-Cinetone」を
搭載しているのが ILCE-7M3 との違いとなります。

肌と言えば静止画や動画撮影、ライブ配信時の
美肌効果の機能が使えるのもポイントですよね。
 

でもって α7IV で更に注目したいポイントとしては
ここでは詳しい紹介は省きますが
 ・動画撮影時のリアルタイム瞳AF(動物・鳥)対応
 ・フォーカスブリージングを低減するブリージング補正機能
 ・被写界深度を可視化するフォーカスマップ機能
 ・AF中にシームレスにMFに切り換えるAFアシスト機能
といったフラグシップモデル α1 ILCE-1 でも対応していない
動画撮影機能を搭載しているのがスゴイところです。
 

放熱機構も上位機種ゆずりで長時間録画に対応です。
ちなみにモニター部を開けているほうが放熱効果が高いので
本体背面からモニターを見る場合でも
バリアングル液晶モニターを開けて使うのが良いですよ。

ということで動画撮影をお考えの場合は
α7IV ILCE-7M4 が非常にオススメとなっています。
 

デザインや外観に関わる機能など

本体デザインはバリアングル液晶モニターを搭載の
α7SIII ILCE-7SM3 がベースといった感じでしょうか。
専用の静止画/動画/S&Qダイヤルは改良点ですね。

前機種の ILCE-7M3 とは全体的に異なりますが
CFexpress Type Aメモリーカードに対応になっているのも
大きな違いになっているかと思います。
地味に USB Type-C 端子の進化も大きいですよね。

MIシューにデジタルオーディオインターフェースの追加や
対応フラッシュとの組み合わせも最適な機能を搭載、
マウントアダプター LA-EA5装着時のモーター非搭載のレンズの
像面位相差AFに対応など細かな部分もしっかりとしています。

本体の電源を切ったときにイメージセンサー部を保護する
シャッター機能が追加されているのも良いですよね。
ただし超音波を使ったアンチダスト機能が非搭載なのが
ちょっぴり残念ポイントになるでしょうか。

バッテリー持続時間が前機種の α7III ILCE-7M3 と比べて
短くなっていますが高画素化と高度な処理によるものなので
ここに関しては仕方がない部分だと思います。
 

ILCE-7M4 と ILCE-7M3 の違いをザックリ比較

ILCE-7M4 と ILCE-7M3 の違いに関して
ザックリとですが比較しているので御参照下さい。

モデル ILCE-7M4 ILCE-7M3
有効画素数 約3300万画素
Exmor R CMOSセンサー
約2420万画素
Exmor R CMOSセンサー
画像処理 BIONZ XR BIONZ X
ISO感度 常用ISO100-51200 静止画拡張時50-204800 動画拡張時102400
測距点 位相差検出方式 759点
(94%カバー)
コントラスト検出方式 425点
位相差検出方式 693点
(93%カバー)
コントラスト検出方式 425点
検出輝度範囲 EV-4-20 EV-3-20
瞳AF 人物・動物・鳥 人物・動物
連続撮影速度 AF/AE追随 最高約10コマ/秒
連続撮影枚数 各 1,000枚以上 JPEG:約177枚/圧縮RAW:約89枚
非圧縮RAW:約40枚
手ブレ補正 5.5段
動画撮影時アクティブモード
5.0段
ファインダー 約368万画素 有機EL
STD 60fps / HI 120fps
(倍率・アイポイントは同等)
約236万画素 有機EL
STD 60fps
(倍率 約0.78倍・約23mm/約18.5mm)
液晶モニター 3.0型(3:2)バリアングル
約103万ドット
3.0型(4:3)チルト可動式
約92万ドット
スロット デュアルスロット(スロット1と2で対応記録メディアが異なります)
対応メディア CFexpress Type Aカード
SD (UHS-I/II対応)カード
SD (UHS-I/II対応)カード
メモリースティック PRO デュオ
外形寸法 約 幅131.3×高さ96.4×奥行79.8 mm
モニターまでの奥行69.7mm
約 幅126.9×高さ95.6×奥行73.7 mm
モニターまでの奥行62.7mm
質量 約658g(撮影時)/約573g(本体のみ) 約650g(撮影時)/約565g(本体のみ)

ソニー公式のスペック比較表はこちらから御参照下さい。

カタログスペック程度の比較なので
これだけでは読み取れないくらいの違いがありますよね。
 

α7IV ILCE-7M4 のザックリまとめ

動画撮影に関してはフルサイズモデルで言えば
4K 120p が必要って人は上にいくしかありませんが
それ以外で言えば一番コストパフォーマンスが
高いモデルになっているかと思います。

でもってファーストインプレッションでは
今一つ惹かれなかった静止画撮影に関しても
しっかりと内容を知れば結構スゴイですよね。
ここに関しては実際に触って撮影をすれば
確かな実感があると思いますよ。

画素数は正義なのはいったん置いておいて
進化点を考えればAF性能が向上しているので
景色などの静的な被写体を撮影される人より
動きのある動的な被写体を撮影される人の方が
α7III ILCE-7M3 よりオススメになるかと思います。
 

ちょーっと価格帯が30万円くらいで高いといった感じですが
ILCE-7M3 の価格帯と比べれば納得するしか・・・みたいな。
購入に関しては少し様子見と言った人も多いかと思いますが
発売日には欲しいという人は早めに御注文して下さいね。

っていうか、こんな性能にしておいて
まだ『ベーシック』とか言っちゃいますか?
いやまぁ今後はこの性能を基準として派生モデルが
発売していくことを考えれば間違いありませんが
個人的にはモヤモヤします(スゴクどうでもいい・・・)

ということですがフルサイズミラーレス一眼カメラ
『α7IV』 ILCE-7M4 を宜しくお願い致します。

関連マンガ:【悲報】ソニーの『α7IV』 ILCE-7M4 の供給に関するお知らせが発表です
 


ILCE-7M4デジタル一眼カメラ α7IV
ILCE-7M4 2021年12月17日 発売

ソニーストア販売価格:328,900円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(29,900円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

有効約3300万画素のフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー、
最新世代の画像処理エンジンを搭載したフルサイズ一眼


ILCE-7M3デジタル一眼カメラ α7III
ILCE-7M3
ソニーストア販売価格:252,868円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(22,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

35mmフルサイズ裏面照射型CMOSセンサー搭載、最高約10コマ/秒高速連写、
高速・高精度なAFを実現した、フルサイズミラーレスベーシックモデル

関連マンガ:ソニーの『α7 III』 ILCE-7M3の特徴と前モデルとの違いを簡単に紹介


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

 

野鳥撮影をしている人は欲しくなりませんか?

 

ソニーのフルサイズミラーレス一眼カメラ α7IV を
購入して頂いたお客様に限定で対象のレンズが
最大3万円のキャッシュバックとなるキャンペーンが
2021年12月17日(金)から2022年3月27日(日)まで開催です。

α7IV 購入者限定 レンズキャッシュバックキャンペーン
α7IV 購入者限定 レンズキャッシュバックキャンペーン

関連マンガ:ソニーの『α7IV』 ILCE-7M4 購入者限定のレンズキャッシュバックキャンペーン

 

「αあんしんプログラム」加入者はソニーストアで
αレンズを購入時に長期保証<3年ワイド>付が無料となります。
「αアカデミー」の受講料や「清掃・点検サービス」の
割引もございますので興味のあるかたは御参照下さい。

αあんしんプログラム
「αあんしんプログラム」について、詳しくはこちらから

関連マンガ:『αあんしんプログラム』で レンズの購入や清掃・点検サービスがお得に

 

ソニーのミラーレス一眼カメラの対象の本体やレンズが
御購入&御応募で一口最大50,000円のキャッシュバックとなる
αフルサイズ ウィンタープレミアムキャンペーンが
2022年1月11日(火)まで開催となっています。

ソニーの αフルサイズ ウインタープレミアムキャンペーン
ソニーの αフルサイズ ウインタープレミアムキャンペーン

関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラやレンズが最大5万円のキャッシュバック

 

その他のデジタル一眼カメラ“α”につきましては
ソニー公式ページにて御確認をお願い致します。

ソニーの αフルサイズ ウインタープレミアムキャンペーン

 

ソニーは、静止画と動画の撮影性能や操作性、共有・配信機能を一新したフルサイズミラーレス一眼カメラ 『α7 IV』を発売します。本機は新開発の有効約3300万画素の35mmフルサイズ裏面照射型CMOSイメージセンサーExmor R®(エクスモアアール)を搭載し、高解像とともに拡張ISO204800の高感度を実現します。

 

関連リンク:α(アルファ) の最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ソニーの『α7R IV』と『α7R III』がマイナーチェンジをして新たに発売
関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α1』 ILCE-1 の特徴や他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 『FX3』 ILME-FX3 の特徴や『α7SIII』 ILCE-7SM3 の違いを紹介
関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼 『α7S III』 ILCE-7SM3 の特徴や他機種との違い
関連マンガ:ソニーの小型・軽量のフルサイズミラーレス一眼カメラ『α7C』の特徴
関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ α7C と α7 III の違いを簡単に御紹介
関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼 『α7R IV』 ILCE-7RM4 実機レビュー 外観編
関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼『α7R IV』ILCE-7RM4 の特徴や前機種との違い