ソニーのオープンイヤースタイルで耳の中のカビを防止しよう

長時間のイヤホンの使用は高温多湿により耳の中にカビが生える場合があります。

ソニーのオープンイヤースタイルは耳を塞がないのでカビが生える心配はなさそうですね

ソニー オープンイヤースタイル STH40DとSBH82Dの紹介

ソニー オープンイヤースタイル Xperia Ear Duo XEA20の紹介

今日の朝のテレビ番組で長時間イヤホンを使用していると
耳の中にカビが生える可能性があるという話題があったのですが
これは耳を塞ぐために耳の中が高音多湿になるのが原因だそうです。

以前から蒸れないしいいよーってことでオススメしている
ソニーのオープンイヤースタイルの商品なら耳を塞がないので
耳の中にカビが生えるのを防止できそうですねーってことで
今回紹介をさせて頂きました。(便乗ですねー)

実際に普段から自分でも使用しているので本当にオススメです。
もちろん、ちゃんとしたイヤホンに比べると音質は敵いませんが
それでもスマホやノートパソコンなどの内蔵スピーカーで聴くよりは
良い音で聴くことができるのでYouTubeの動画を見る時やスマホゲームを
楽しむ時などに利用していただくのに良いと思いますよ。

自分は有線でも気にならない状況なのでSTH40Dを使っています。
ワイヤレスのほうが良い人はSBH82Dといった感じでしょうか。
音質に関してはSTH40DとSBH82Dでは特に差は無いかと思います。

Xperia Ear Duo XEA20 はスマホと連携をしたスマート機能が
特徴の商品ですが音質はSTH40DとSBH82Dより良いと思いますので
ちょっとでも音質にこだわりたいひとはXperia Ear Duo XEA20を
選ぶのもありといったところでしょうか。
 

音質も気になると思いますが一番気になるのは音漏れですよね。
穴が空いているので当然音漏れはあるのですが
そこいらの開放型のイヤホンと比べれば音漏れは小さいほうですね。

シーンとした静かな場所で音量をあげると高音域が目立ちます。
逆に中音辺りから低音に関しては、そこそこ音量を上げても
音漏れが気にならないレベルではないでしょうか。

ちなみに音量を上げて音漏れをさせても
たまに耳にするようなシャカ!シャカ!って感じじゃなくて
すっごい綺麗に響いてくるみたいな感じだったりします。

でもって電車の中など周囲の音があるような場所であれば
音量を上げすぎなければ、それほど音漏れは気にしなくても良いかもしれません。
どれくらい音漏れがしてるか気になる人は装着状態と非装着状態で
全然違いますので誰かに手伝ってもらって確認してみて下さいね。

ということで、普段からイヤホンを長時間使用している環境で
耳の中のカビが気になるといった人は耳を塞がずに使用ができる
ソニーのオープンエアースタイルの商品をぜひ試してみて下さい。
 

 

ソニーのオープンイヤースタイル関連商品


STH40Dオープンイヤーステレオヘッドセット
STH40D

ソニーストア販売価格:6,880円+税

10%OFFクーポン対応(688円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

会話も音楽も。自然な外音も楽しむ革新的体験

関連マンガ:ソニーからお手頃価格の耳を塞がないイヤホン STH40D が発売
関連マンガ:ソニーのオープンイヤーステレオヘッドセット STH40Dの開梱


SBH82Dオープンイヤーワイヤレスステレオヘッドセット
SBH82D  2019年6月8日発売

ソニーストア販売価格:9,880円+税

10%OFFクーポン対応(988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ワイヤレスで音楽を聴きながら、会話も楽しめる

関連マンガ:ソニーから耳を塞がないワイヤレスイヤホン SBH82D が発売


XEA20Xperia Ear Duo
XEA20

ソニーストア販売価格:24,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

会話も、音楽も。スマート機能搭載、自然な外音も楽しむ革新的体験

関連マンガ:ソニーから新しいリスニングスタイルの Xperia Ear Duo (XEA20) が発売
関連マンガ:SAOのアスナの声で応えてくれる Xperia Ear Duo スペシャルパッケージ


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

耳をふさがないオープンイヤースタイルが、
新感覚のリスニング体験「ながら聴き」を実現。
自分だけに聞こえる音楽や音声を楽しみながら、
環境音を聞いたり、会話を楽しんだりできます。

音楽を聴きながら会話も楽しめる オープンイヤーで「ながら聴き」
音楽を聴きながら会話も楽しめる オープンイヤーで「ながら聴き」

 

その他のヘッドホンにつきましては
ソニー公式ページにて御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン 商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-C600Nを御紹介
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900の発売前の実機レビュー
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーからWH-1000XM3 などヘッドホン新商品 4モデルが発売
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売
関連マンガ:ネックバンド型のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-1000X
関連マンガ:スポーツシーンにもオススメのお手頃価格のソニーのイヤホンが発売

 

ソニー製品情報・ストア