ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い

ソニーがワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 を2018年10月6日(土)に発売。高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1を搭載。

WH-1000XM3 はNCオプティマイザーによって個人差を数秒で検出しノイズキャンセリング性能を最適化します。WH-1000XM2より精度がアップしています。

ソニーのWH-1000XM3は高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1に内蔵のDACとアンプにより。音質も前いモデルのWH-1000XM2より良くなっています。

WH-1000XM3のBluetooth対応コーデックはLDAC、SBC、AAC、aptX、aptX HDです。ハイレゾ相当にアップスケーリングするDSEE HXも搭載となっています。

ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3は外音取り込み機能やクイックアテンションモードをWH-1000XM2より引き続き搭載です。

WH-1000XM3は専用のスマホアプリ Headphones Connectに対応、サウンドエフェクトのカスタマイズや外音取り込み機能の調整などが可能となっています。

ソニーのWH-1000XM3はHeadphones ConnectでBluetooth切断時の自動電源OFFの設定が可能。音楽を鳴らさずノイズキャンセリング機能だけの使用が可能。

WH-1000XM3はWH-1000XM2と同様に40mm HDドライバーユニットを搭載。イヤーパッドは改良されWH-1000XM2に比べ接地面積が約20%向上しています。

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3はMDR-Z1RやMDR-1AM2でも採用のイヤーコンシャスデザインを採用しWH-1000XM2と違います。

ソニーのWH-1000XM3はヘッドバンド部を変更しWH-1000XM2と比べスタイリッシュさがアップ。通話用のマイクも新たに搭載し声をより高精細に集音可能。

WH-1000XM3は細部のデザインなどもWH-1000XM2と違います。WH-1000XM3はSONYロゴやマイク部分にアクセントが付いてWH-1000XM2よりオシャレですね。

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3はNC機能ON時30時間、OFF時で38時間のバッテリーライフ。10分充電で5時間の再生も可能です。

WH-1000XM3とWH-1000XM2は各付属品も微妙に変更されています。WH-1000XM2はマイクロUSB対応でしたがWH-1000XM3はUSB Type-C対応に変更されています。

ソニーのWH-1000XM3は折り畳み構造でキャリングケースも付属。付属のキャリングケースもWH-1000XM2より変更されデザイン性や機能性がアップです。

ソニーがワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3とWH-1000XM2の違いをまとめて紹介。ソニーストアで試聴や聴き比べが可能です。

大人気のソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンの
新商品 WH-1000XM3が2018年10月6日(土)に発売となっています。
初代のMDR-1000Xと2代目のWH-1000XM2は機能的な違いが大きかったけど
WH-1000XM2とWH-1000XM3の違いは性能的な差も大きいですね。

WH-1000XM3では高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1を搭載で
ノイズキャンセリング性能がWH-1000XM2より良くなっています。
特に人の声などの中高域の性能が良くなっているので違いを感じやすいかも?
大きめの声でしゃべっているのがスゴク遠くに感じますよ。

またDACとヘッドホンアンプも良くなったということで
音質に関してもよりクリアな音を楽しむことが可能になっています。
 

でもって装着性ですが劇的ではありませんが頭に装着するものなので
本体が少しでも軽くなっているのは良いですよね。
あとイヤーパッドやヘッドバンド部も改良されていて
装着性も良くなりスタイリッシュさもアップですよ。

それと一番驚いたのはクイック充電ですね。
前モデルのWH-1000XM2が10分の充電で70分の再生が可能だった訳ですが
WH-1000XM3は10分の充電で5時間の再生になっています。
これ最初に数字を見た時は間違えてるんじゃないの?って思いました。
 

ソニーストアでは先行展示中で既に体験が可能となっていますが
ソニーストアや一般店での展示開始後に試聴や聴き比べをする際は
各モード(NCオン、外音取り込み、NCオフ)を、ぜひお試し下さいね。

ノイズキャンセリングを御体験の際は個人向けに最適化する機能
『NCオプティマイザー』を試していただくこともお忘れなく。
更にもう一歩進んだノイズキャンセリングを体感することができますよ。
(本体で設定する場合は『NC/AMBIENTボタン』を長押しでスタート)
 

ということでWH-1000XM3はWH-1000XM2と比較して
ノイズキャンセリング性能、音質、装着性、機能、デザインなど
更にラックアップをしているので非常にオススメの商品です。

といったところで、ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
1000Xシリーズの新商品 WH-1000XM3を宜しくお願い致します。
 

新開発のプロセッサーで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現
ハイレゾ相当の高音質も楽しめる『WH-1000XM3』などヘッドホン4機種発売

 –> ソニーは、新開発の「高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1」を
  搭載したことで、業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現した
  Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM3』など4機種を発売します。
 

ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3、関連商品


WH-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM3 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:39,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る


WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WI-1000X

ソニーストア販売価格:34,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

ネックバンド型のワイヤレスヘッドホンの中で
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現

関連マンガ:ネックバンド型のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-1000X


WF-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WF-1000X

ソニーストア販売価格:22,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,288円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

ソニーとして初めての左右独立型ワイヤレスヘッドホン
左右独立型ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

関連マンガ:ソニー初の左右独立型ワイヤレスイヤホン WF-1000Xを御紹介


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

新開発プロセッサー搭載で、ノイズキャンセリング性能と
音質を飛躍的に向上させた「WH-1000XM3」の開発者インタビュー

WH-1000XM3 開発者インタビュー
『WH-1000XM3』 開発者インタビュー

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニーからWH-1000XM3 などヘッドホン新商品 4モデルが発売
関連マンガ:ウォークマン A50や IFA 2018で発表のソニーの新製品を軽く御紹介
関連マンガ:ソニーのオープンイヤーステレオヘッドセット STH40Dの開梱
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1AM2 の特徴や前モデルとの違いをレビュー
関連マンガ:NW-ZX300とオススメのイヤホン XBA-N3BPの開梱レビュー
関連マンガ:ソニー最高峰のヘッドホン MDR-Z1R の特徴を御紹介
関連マンガ:ワイヤレスNCヘッドホン WH-1000XM2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ネックバンド型のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-1000X
関連マンガ:ソニー初の左右独立型ワイヤレスイヤホン WF-1000Xを御紹介
関連マンガ:ウォークマン A30にもオススメのイヤホン XBA-N3とN1の特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニーよりハイレゾ対応のトリプルBA型イヤホン『XBA-300』発売

 

ソニー製品情報・ストア