ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー

ソニーからインイヤー ヘッドホン IER-Z1Rが2019年3月23日に発売。ソニー オーディオの最高峰 Signature Series のヘッドホンです。

IER-Z1R は12mmと5mmのダイナミックドライバーとBAドライバーの3つを組み合わせたHDハイブリッドドライバーシステムを採用。

ソニー IER-Z1R は100kHzの超高音域まで再生可能、広大な音場と臨場感を実現します。国内工場で製造するMADE IN JAPAN です。

ソニー Signature Series IER-Z1R の実機を開梱してレビュー。IER-Z1R には4.4mmバランス接続対応のヘッドホンが付属しています。

IER-Z1RにはIER-M9と同じく合計13種類のイヤーピースが付属。IER-M9に付属のものと違いホワイト系のイヤーピースとなっています。

ソニーの高級イヤホン IER-Z1R はハウジング部にジルコニウム合金を採用。フェイスプレートにはペルラージュ加工を施しています。

IER-Z1R はIER-M9と同様にケーブルにシルクを編み込んでいます。ソニーのIER-Z1RとIER-M9のハウジング素材の違いを御紹介。

ソニー IER-Z1R を試聴してみましたが驚きの解放感です。IER-Z1RとIER-M9を聴き比べましたがIER-M9と全然音作りが違いますね。

ソニーのヘッドホン IER-Z1RとIER-M9の付属ケースの違いを紹介。IER-Z1Rをぜひ試聴や聴き比べをして購入を御検討くださいね。

ソニーの高音質技術を結集したSignature Series に
最高峰のインイヤー ヘッドホン IER-Z1R が
2019年3月23日(土)に発売となっています。

ということで今回は発売日前ですが商品の特徴や
簡単な実機レビューを御紹介させて頂きました。
 

今まで、ソニーでイヤホン系での上位モデルと言えば
テイラーメイド(オーダーメイド的な)の Just ear
ステージモニター ヘッドホン IER-M9/M7 あたりでしたが
ついに一般商品の最高峰と言えるモデルが登場しましたね。

IER-Z1R は2018年の8月に海外で DMP-Z1 と共に発表されて
DMP-Z1が国内で10月に発表・12月発売となりましたが
音沙汰がなかった商品となっていました。
(DMP-Z1と同時発売と思っていたら肩透かしされたみたいな)
 

ということで待ちに待った国内発表&発売となりました。
早速実機を触ることができて試聴も行いましたが
これ本当に無茶苦茶いいですね!

音のクリア感というか透き通った感じでハッキリと聞こえて
インイヤー型で、ここまで空間を広く表現できるのか
といった感じで驚きました。

同じSignature Series の MDR-Z1Rの時より感動したのですが
あれですね、大きなスピーカーで良い音が鳴っていても
まぁそうだろうって感じに思いますが
小さいスピーカーで良い音が鳴っていたら
おーーー!?って思うように意表を突かれるみたいな?
 

比較的近い商品としてIER-M9と聴き比べましたが全然違います。
IER-M9 はステージモニターということで
原音に忠実な再生が求められる商品となっているので
そもそものコンセプトの違いもあるかと思いますが。

上手く言えませんがIER-M9は音を聴く(フラットな感じ)
IER-Z1Rは曲を聴く(メリハリがある)みたいな?
はい、サッパリわかりませんよね・・・

とりあえず予算を度外視してどちらが欲しいと言われたら
個人的には間違いなくIER-Z1R でしょうか。
この辺りは個人の好みがあるかと思いますので
気になる人は、ぜひ聴き比べて欲しいと思います。

余談でMDR-Z1Rとどちらが欲しいかと言われたら
(MDR-Z1RとIER-Z1R は販売価格が同じです)
個人的にはIER-Z1Rを選ぶかと思います。

まぁまぁまぁ同時に聴き比べてしまうと差を感じると思いますが
IER-Z1R のこのレベルの音質ならインイヤー型でも全然OKですし
装着時の解放感や夏場、そう蒸れるのが無いのが嬉しいかと。
あと屋外にも持ち出して使うにも良いですしね。
 

いくら良いと人から聞いても個人で好みが違いますし
結構いい価格帯となっているので
ぜひ IER-Z1R の試聴や聴き比べをして貰いたいと思います。
Signature Series のウォークマン NW-WM1Z/WM1A を
お持ちの方に特に試していただきたい商品ですね。

ソニーの音作りが好きという人は試聴せずに購入しても
間違いない商品ではないでしょうか。

ということでソニーの Signature Series のヘッドホン新商品
IER-Z1R を宜しくお願い致します。
 

100kHzの超高音域まで再生可能、
広大な音場と臨場感を実現するステレオヘッドホン『IER-Z1R』発売

 –> ソニーは、100kHzの超高音域まで再生可能で、従来のインイヤー型では
  感じることが難しかった広大な音場と臨場感を実現する、
  ハイレゾ対応ステレオヘッドホン『IER-Z1R』を発売します。
 

ソニーの Signature Series IER-Z1R、関連商品


IER-Z1Rステレオヘッドホン
IER-Z1R 2019年3月23日 発売

ソニーストア販売価格:199,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(19,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

空気感までも描き尽くす高音質。ソニー最高峰インイヤー

型式:密閉ハイブリッド
感度:103dB/mW
再生周波数帯域:3 Hz – 100,000 Hz(JEITA)
インピーダンス:40Ω(1kHzにて)
最大入力:100mW(IEC)
質量:約26g(ケーブル含まず)


IER-M9ステレオヘッドホン
IER-M9 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:129,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(12,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確かつ豊かに描き出す高音質

型式:密閉ペンタ・バランスド・アーマチュア
感度:103dB/mW
再生周波数帯域:5 Hz – 40,000 Hz(JEITA)
インピーダンス:20Ω(1kHzにて)
最大入力:100mW(IEC)
質量:約11g(ケーブル含まず)

関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー


IER-M7ステレオヘッドホン
IER-M7 2018年10月6日 発売

ソニーストア販売価格:74,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(7,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

これが、ステージ上で求められる音。原音を正確に描き出す高音質

型式:密閉ペンタ・バランスド・アーマチュア
感度:103dB/mW
再生周波数帯域:5 Hz – 40,000 Hz(JEITA)
インピーダンス:24Ω(1kHzにて)
最大入力:100mW(IEC)
質量:約9g(ケーブル含まず)


MUC-M12SB1ヘッドホンケーブル
MUC-M12SB1

ソニーストア販売価格:23,880円+税
10%OFFクーポン対応(2,388円の割引)
 

ソニー製品情報 ソニーストア
 

KIMBER KABLE社と協力した、Braid(編み)構造を採用した
新規格Φ4.4mmバランス接続端子対応ヘッドホンケーブル
IER-Z1R、IER-M9、IER-M7 に対応


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニー 最高峰のヘッドホン IER-Z1Rの先行展示 & LSPX-S2の展示を開始
関連マンガ:ソニーの超高級デジタルミュージックプレーヤー DMP-Z1の特徴
関連マンガ:ウォークマン NW-WM1ZとNW-WM1Aの違いや特徴、NW-ZX2との違いを添えてレビュー
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-1AM2 の特徴や前モデルとの違いをレビュー
関連マンガ:NW-ZX300とオススメのイヤホン XBA-N3BPの開梱レビュー
関連マンガ:ソニー最高峰のヘッドホン MDR-Z1R の特徴を御紹介
関連マンガ:ウォークマン A30にもオススメのイヤホン XBA-N3とN1の特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニーよりハイレゾ対応のトリプルBA型イヤホン『XBA-300』発売

 

ソニー製品情報・ストア