ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 の特徴と前機種との違い

ソニーから完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 が2019年7月13日発売。

ソニーのWF-1000XM3とWF-1000Xの違い、高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1eを搭載

ソニー WF-1000XM3とWF-1000Xのノイズキャンセリング性能の違い

WF-1000XM3はDSEE HXを搭載、WF-1000Xと比べて音質も向上

完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 は外音取り込み機能を搭載、タッチセンサーを採用

ソニー WF-1000XM3は接続安定性も向上、Bluetoothの遅延も低減、片側だけの使用も可能

WF-1000XM3はWF-1000Xに比べてバッテリーの持続時間が大幅に違います

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 は専用アプリ Headphone Connect に対応。イコライザー

ソニー WF-1000XM3とWF-1000Xの違いのまとめ、様々な面で進化しています。

ソニーから完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 が
2019年7月13日(土)に発売となっています。
WF-1000XM3 は 2017年10月に発売した WF-1000X の後継モデルで
ノイズキャンセリング性能、音質、接続安定性、バッテリー持続時間、
タッチセンサーや片側使用が可能など様々な面で進化しています。

ノイズキャンセリング性能はヘッドバンド型で超人気のWH-1000XM3 で
使用している高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1と
共通の技術を使って小型化、省電力化を実現した
高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1eを搭載しています。

その実力はWH-1000XM3 で実証されているのでWF-1000XM3 でも
ノイズキャンセリング性能が大幅に向上していると思います。
WF-1000Xでは一つだった集音用のマイクも2つになっていますしね。
 

音質についても高音質ノイズキャンセリングプロセッサー QN1eの
DACやアンプによってWF-1000Xより向上しているかと思いますが
MP3などの圧縮音源をハイレソ相当にアップスケーリングしてくれる
DSEE HX を搭載しているので相当期待できますよ。
 

また本体の操作方法がWF-1000X ではボタン操作となっていて
ボタン位置の確認やボタンを押す動作で少しズレることもありましたが
WF-1000XM3 ではタッチセンサーに進化をしているので
操作性もかなり良くなっていると思います。

それに伴ってWF-1000Xでは非搭載となっていた
クイックアテンションモードも新たに搭載となっているのが良いですね。
クイックアテンションモードは左耳側(初期設定時)のタッチセンサーを
押さえている間だけ聴いている音楽の音量をさげて外音を取り込む機能で
誰かに話しかけられた際にイヤホンを外すことなく会話が可能になります。
(個人的にこの機能が結構好きです)
 

でもってBluetoothの接続方法がWF-1000XM3 では左右同時伝送になり
接続安定性が向上すると共に、動画視聴時の遅延に関しても
前機種のWF-1000X と比べて最大1/4に低減しているということで
ここも結構大きなポイントになるかと思います。

ちなみに某BTチップを搭載している場合は某スナドラを搭載した
スマホとの組み合わせで安定性&低遅延になるとのことですが
WF-1000XM3 はスマホを選ばずに安定性と低遅延を実現してるようです。

あとは片側だけの使用ができるようになったのも
望まれていた人が結構いるので評価ポイントではないでしょうか。
 

そして何と言ってもバッテリーの持続時間の大幅向上がポイントですね。
前機種のWF-1000Xは本体で最大3時間、ケースに約6時間分ということで
この辺りで見送った人もいるかと思いますがWF-1000XM3 は
本体だけでも最大6時間のバッテリー持続時間となり
ケースのほうにも約18時間をストックできるようになっています。

ちなみに上記条件はコーデックはAAC、ノイズキャンセリング機能ON時、
DSEE HX やイコライザーOFF時となっているのですが
ノイズキャンセリング機能OFF時は本体だけで最大8時間となり
充電ケースと併用で最大32時間の使用が可能となっていますよ。

これだけバッテリーが持てばまずまず及第点は貰えそうでしょうか。
10分の充電で90分の音楽再生が可能となる急速充電に対応なので
合間合間に充電をすれば1日中の使用も可能だと思います。
 

ということでWF-1000XM3はWF-1000Xで挙がったお客様の声などを元に
伸ばすところをしっかりと伸ばしてきたという商品になっていますよね。
USBケーブルもType-C になっているのでホっとしています。
 

デザインはWF-1000Xではオシャレでテカテカしていましたが
WF-1000XM3 は落ち着いた感じのデザイン&カラーリングになっています。
まぁまぁまぁ この辺りは人によって好みは違うかと思いますが。

ということですがソニーの完全ワイヤレスイヤホンの新商品
WF-1000XM3 を宜しくお願い致します。
ハッキリいってこれはWF-1000Xからの買い替えもオススメしたいレベルです。
ここまでの大幅アップの割に発売時の価格帯は小幅アップなのもグッドです。
 

関連マンガ:ソニー WF-1000XM3 実機レビュー、完全ワイヤレスイヤホンの決定版
 

業界最高クラスのNC性能で高音質に浸れる
完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-1000XM3』発売
 [プレスリリース]
 –> ソニーは、完全ワイヤレス型として業界最高クラスの
  ノイズキャンセリング性能と独自の高音質技術DSEE HXで、
  周囲の騒音を低減してハイレゾ相当の高音質に浸れる
  Bluetooth対応ワイヤレスヘッドホン『WF-1000XM3』を発売します。

 

 

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3、関連商品


WF-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WF-1000XM3 2019年7月13日 発売

ソニーストア販売価格:25,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,588円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音には、静寂が要る。完全ワイヤレスに、業界最高クラスノイキャン


WH-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WH-1000XM3

ソニーストア販売価格:39,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い


WI-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WI-1000X

ソニーストア販売価格:34,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,488円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ネックバンド型のワイヤレスヘッドホンの中で
業界最高クラスのノイズキャンセリング性能を実現

関連マンガ:ネックバンド型のワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-1000X


WF-1000Xワイヤレスノイズキャンセリングステレオヘッドセット
WF-1000X

ソニーストア販売価格:19,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,988円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ソニーとして初めての左右独立型ワイヤレスヘッドホン
左右独立型ワイヤレスヘッドホンで業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

関連マンガ:ソニー初の左右独立型ワイヤレスイヤホン WF-1000Xを御紹介


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

ちょっとやそっとじゃ耳から外れないのですが
やっぱり紛失してしまうのが怖いといった人は
ソニーストアで購入時は
『完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス』が
御用意されています。

サービス料は1年間で1,000円+税となっていて
WF-1000XM3の片方を無くしてしまった場合は
紛失保障費用の5,000円+税をお支払い頂くことで
無くした片側の新しいものを用意してくれます。
興味がある人は、こちらから御参照下さい。

完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス
完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス

 

ソニーの完全ワイヤレスヘッドホン最新モデル『WF-1000XM3』が、
どのようなアドバンテージを備えており、
どのような想いを持って作り出されたのかを、
商品開発の中核メンバーが語ってくれています。

WF-1000XM3開発者インタビュー
WF-1000XM3開発者インタビュー

 

いい音には、静寂が要る。 | WF-1000XM3コンセプトサイト
いい音には、静寂が要る。 | WF-1000XM3コンセプトサイト

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニーからハイレゾ対応スタジオモニターヘッドホン MDR-M1ST が発売
関連マンガ:ソニーからお求め安いワイヤレスイヤホン WI-C310 と WI-C200 が発売
関連マンガ:ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-C600Nを御紹介
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900の発売前の実機レビュー
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売

 

ソニー製品情報・ストア