ソニーが超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター VPL-VZ1000を発売

4K HDR映像を楽しめる超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』が発売。スクリーンから約26cmの至近距離で120インチの4K映像を投射可能です。

VPL-VZ1000はレーザー光源Z-Phosphorなどにより2,500ルーメンの高輝度で、迫力あるHDR映像を鮮明に表現。ネイティブ4K SXRDパネルを搭載しています。

VPL-VZ1000は高品位な4K映像を生成する「データベース型超解像処理LSI」搭載し、フルHDの映像を4K映像へアップコンバート変換が可能です。

トリルミナスディズプレイやモーションフローを搭載し、3Dにも対応。色バランスのズレを自動で補正する「オートキャリブレーション」機能も搭載です。

4K放送に対応するためのHDCP2.2 & 18Gbpsの入力信号に対応したHDMI入力端子を4系統装備。本体上部にスライドドアやデザイン性を高めるサイドカバーも採用。

ソニーから超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター
『VPL-VZ1000』が2017年4月22日(土)に発売となっています。

超短焦点ズームレンズを搭載となっていて
スクリーンから約16cmの至近距離で100インチ、
約26cmの至近距離で120インチの4K映像が投射可能です。

スクリーンのほぼ真下に設置ができるということで
従来モデルのように部屋の中央をプロジェクターに陣取られたり
面倒や出費の多い、天吊りの設置工事などもしなくてもOKですね。
(もちろん天吊りにも対応をしています)

HDR映像の表示に対応をし、HDCP2.2 & 18Gbps対応のHDMI端子を搭載なので
今後でてくるであろう再生機等も問題なく使えそうですね。
 

ソニーの4K超短焦点プロジェクターとしては
家庭用の『LSPX-W1S』や業務用の『VPL-GTZ1』がありましたが
どちらも500万円クラスだったのですよね・・・
ようやくそこそこーなモデルが出てきて、
今後も楽しみなカテゴリーになって来たかと思います。
 

壁際に設置し、100インチの4K HDR映像を楽しめる
超短焦点プロジェクター『VPL-VZ1000』発売
 [プレスリリース]
 –> ソニーは、壁際の至近距離から100インチ、最大120インチのK HDR映像を投写し、
  4迫力ある大画面の高画質な映像を楽しめる
  4K 超短焦点ホームシアタープロジェクター『VPL-VZ1000』を発売します。

 

超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター「VPL-VZ1000」
生産遅れによる発売日の変更のお知らせとお詫び

 –> 超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター「VPL-VZ1000」について、
  生産遅れのため、発売予定日を下記にて変更させていただきます。
  (当初)2017年4月22日(土) -> (変更後)2017年5月20日(土)発売

 


VPL-VZ1000超短焦点4K HDRホームシアタープロジェクター
VPL-VZ1000 2017年5月20日 発売
ソニーストア販売価格:1,980,000円+税
10%OFFクーポン対応(198,000円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア

 

 “大画面”の新しい提案。超短焦点4K HDRプロジェクター誕生

 外形寸法:約 幅925.0×高さ218.5×奥行493.8mm(サイドカバー装着時)
 質量:約35kg(サイドカバー、トップカバー除く)


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

 

その他のモデルにつきましてはソニー公式ページで
御確認をお願い致します。

ソニー ビデオプロジェクター公式
ソニー ビデオプロジェクター公式ページ

 

関連マンガ:ソニーがポータブル超短焦点プロジェクター『LSPX-P1』を発売
関連マンガ:ソニーのピコプロジェクターモジュールのサイトがオープン
関連マンガ:4K対応モデルなど家庭用ビデオプロジェクター3機種が発売
関連マンガ:ソニー 4K超短焦点プロジェクター『LSPX-W1S』を発売
関連マンガ:ソニーが業務用4K超短焦点レーザー光源プロジェクター『VPL-GTZ1』を発売

 

ソニー製品情報・ストア

ソニーストア

ソニーストア