CES 2021 でソニーのテレビ BRAVIA 2021年モデルなどが紹介されました

ソニーがCES 2021 で BRAVIA 2021年モデル Z9J/A90J/A80J/X95J/X90Jシリーズなどを発表

ソニー ブラビア 2021年モデルの大きな特徴は新高画音質プロセッサー XR の搭載です

ソニー テレビ BRAVIA 4K 120p対応モデルなら PS5 にもオススメとなっています

ソニー 8K液晶テレビ Z9J、有機ELテレビ A9Jシリーズは色センサーを新搭載、ホワイトバランス

ソニー BRAVIA 2021年モデル は 映画配信サービス BRAVIA CORE を利用することが可能

CES 2021 ソニーがドローンプロジェクト Airpeak の機体を初公開、VISION-S 公道テスト

2021年1月11日(月)から14日(木)まで開催されるの
「CES 2021」(国際家電ショー)にソニーが出展を行い
ソニーグループの新商品やサービス、コンテンツ、
テクノロジーなどを紹介致しました。

今回はその中で BRAVIA 2021年モデルが発表されたので
(製品情報としては数日前に発表されていましたが)
簡単に御紹介をさせて頂きました。
 


2021年4月12日(月)の13時に国内でも発表となりました。

ソニー公式:新シリーズ BRAVIA XR を含む6シリーズ22機種の4K有機EL・液晶テレビを発売
関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2021年モデルの特徴や 2020年モデルとの違い


 

BRAVIA 2021年モデルの大きな特徴としては
人間の認知特性を反映した知能を持つ
統合認知型高画音質プロセッサー「XR」を搭載した点ですね。

従来の AI は色やコントラスト、ディテールなどの要素を
個別に分析することしかできなかったのですが
今回の新しいプロセッサー「XR」では
それらを人間の脳のように複合的に処理を行うことで
より人の目に最適化した映像を作り出すことが可能です。

適当にイメージを挙げたら従来の AI の場合は
『こういう映像ならこの処理にする』ってところを
XR では『人が見たらこういう見え方になるだろうな』
『んじゃここはこうして、こうした方がリアルになるな』
って感じに処理してくれるみたいな?

それだけ?って思うかもしれませんが
回路や処理によって映しだされる映像の美しさは
かなり変わるので結構重要なポイントとなっていますよ。
 

また 新しいプロセッサー「XR」の搭載に伴い
全体的な絵作りも向上されることもあり
従来からの機能も『XR ○○』みたいな名称に変わっています。

 4K アップスケーリング > XR 4K アップスケーリング
 HDRリマスター > XR HDRリマスター
 Super Bit Mapping HDR > 4K XR Smoothing
 Triluminos Display > XR Triluminos Pro
 X-tended Dynamic Range PRO > XR Contrast Booster
 X-Motion Clarity > XR Motion Clarity
といった感じでに。
 

でもって BRAVIA 2021年モデルの特徴として
4K 120p 対応となっている点も挙げておきたいですね。
(4K/120Hz、4K 120コマ、4K 120fps)

PS5 が 4K 120pに対応となっているので
テレビも 4K 120p に対応することで
映像がより滑らかにヌルヌル表示で楽しむことが可能となります。
(余談ですがこのことにより情報が出た時から
PS5対応ブラビア や PS5対応テレビと呼ばれたりしてました。)

現行モデルでは 8K液晶テレビの Z9Hシリーズのみ
4K 120p に対応となっている訳ですが 2021年モデルなら
4Kモデルも全て 4K 120p に対応となっているので
PlayStation 5 を楽しむのにもオススメのモデルになるかと思います。
(2021年モデルが国内で発売される頃は PS5 が普通に買えるかな?)
 

音響に関しては XR サラウンド機能によって
あらゆる音を5.1.2chにアップスケールし
楽しんで頂くことが可能となっていますね。

ハード的には Z9Jシリーズではフレームが振動して
音をコントロールする機能が新たに搭載でしょうか。
 

後はソフトウェア的なサービスとして
新商品では『BRAVIA CORE』という映像配信サービスが
利用することが可能になっています。

これは ソニー・ピクチャーズの作品を
最大80Mbpsのストリーミング再生が可能となっていて
ロスレスのUHD画質での視聴が可能とのことです。
(動画配信サイトでも UHD画質で配信していますが
圧縮されたデータとなっていたりします)

ということで『BRAVIA CORE』であれば
4K UHDブルーレイと同じような綺麗な映像を楽しめるので
映画好きな人には嬉しいサービスになるかと思います。
 

ということで CES 2021 で紹介された
BRAVIA 2021年モデルの簡単な紹介でした。

型名が海外仕様となっているので
国内で発表された場合の型名にしてみると
 ・Z9Jシリーズ は Z9Jシリーズ(Z9Hシリーズの後継)
 ・X95Jシリーズ は X9500Jシリーズ(X9500Hシリーズの後継)
 ・X90Jシリーズ は X9000Jシリーズ(X9000Hシリーズの後継)
 ・A90Jシリーズ は A9Jシリーズ(A9Gシリーズの後継)
 ・A80Jシリーズ は A8Jシリーズ(A8Hシリーズの後継)
になるかと思います。
※国内で必ず発売されるという保証はありません。

余談ですが型名は年代順に『A、B、C ~ H』が付いてますが
『I(アイ)』は『1(イチ)』と間違う可能性があるので
2021年モデルは『I』を飛ばして『J』なのでしょうね。
 

とまぁ CES 2021 ではソニーのドローンプロジェクト
『Airpeak』の機体を初公開したといった紹介や
ソニーの電気自動車『VISION-S』が欧州で公道走行テストを
開始しましたよーなどの紹介がありましたが
今回はソニーの BRAVIA 2021年モデルのザックリな紹介でした。

また国内で発表された際に詳しく御紹介をさせて頂きますね。
ちなみに例年通りだと5月頃に発表・発売されることが多いですよ。
 

CES 2021について
未来を再定義するテクノロジーをテーマに出展

 –> ソニーは、2021年1月11日から14日にオールデジタルで
  開催されるCES 2021に「未来を再定義するテクノロジー」を
  テーマに出展します。

 

「CES 2021」 ソニー デジタルプレスイベントの
特設サイトで様々な紹介をしていますよ。
ドローンプロジェクト 『Airpeak』や
ソニーの電気自動車『VISION-S』などの情報も
こちらから見て頂けます。

「CES 2021」 ソニー デジタルプレスイベント
「CES 2021」 ソニー デジタルプレスイベント

 

BRAVIA XR の 紹介動画が公開されています。
字幕をオンにすれば日本語の字幕で見て頂けますよ。

 

テレビの海外の商品ページのリンクを貼っていきますので
興味のある人は御参照下さいね。

8K液晶テレビ Z9Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K液晶テレビ X95Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K液晶テレビ X90Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K有機ELテレビ A90Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K有機ELテレビ A80Jシリーズ(海外公式)YouTube動画

動画では X93J/X94Jシリーズ(YouTube)
X92Jシリーズ(YouTube) が紹介されていたりします。

 

追記:2月に情報公開となりました。
4K液晶テレビ X89Jシリーズ(海外公式)
4K液晶テレビ X85Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K液晶テレビ X80Jシリーズ(海外公式)YouTube動画
4K液晶テレビ X75Jシリーズ/ YouTube動画

HD液晶テレビ W830シリーズ/ YouTube動画
HD液晶テレビ W800シリーズ(海外公式)YouTube動画

 

ソニー BRAVIA 国内公式ページはこちらから

ソニー BRAVIA 公式ページ

 

関連マンガ:ソニーの4K液晶テレビ BRAVIA 2020年モデルの違いをピックアップ
関連マンガ:ソニーの4Kテレビ 2020年モデルの特徴や 2019年モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8000Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8500Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X8550Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ X9500Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーが 8K液晶テレビ BRAVIA Z9Hシリーズ KJ-85Z9H を発売
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A8Hシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ A9Sシリーズの特徴と他モデルとの違い