ソニーのワイヤレスイヤホン INZONE Buds が Headphones Connect アプリに対応

ソニーのINZONE BudsがHeadphones Connectアプリに対応

INZONE Buds が Headphones Connect アプリに対応

ソニーのゲーミングワイヤレスイヤホン INZONE Buds
本日よりアップデートでスマートフォン向けのアプリ
Headphones Connect」に対応となりました。

今までは専用PCソフトウェア「INZONE Hub」でのみ
設定等の変更が可能となっていましたが
「Headphones Connect」アプリになったことにより
スマートフォンでの設定などが可能となるので
非常に使い勝手が良くなったものと思われます。

ただし、現時点では Bluetooth LE Audio (LC3)接続時のみ
Headphones Connect を使用することが出来るということで
(そもそも従来のSBC、AAC、LDACには非対応となっています)
2024年4月3日(水)時点の対応機種は

 Xperia 1 V
 Xperia 1 IV
 Xperia 5 V
 Xperia 5 IV
の4機種となっています(最新のソフトウェアにアップデートが必要です)

追記:LE Audio 対応モデルが拡充されました。
Xperia、Google Pixel、Galaxy の一部モデルが対応となっています。

LE Audio 対応モデルは、こちらから御確認ください。
 

なので今回のアップデートは対応機種のユーザーに限りますが
ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM5、LinkBuds S 以外に
INZONE Buds が選択肢になりえるものとなっていますね。

注意点としては INZONE Buds をアップデートする時は
Windows PC が必須
となるところですね。
出荷時のバージョンが上がれば初回は必要なくなるのですが・・・
 

今回のアップデート内容やアップデート方法は、

こちらから御確認ください。

INZONE Buds (WF-G700N) アップデート情報
INZONE Buds (WF-G700N) アップデート情報

 

Headphones Connect アプリで出来ること

  • ヘッドセットのソフトウェアバージョンの確認
  • 装着検出による自動電源オフ機能の設定
  • 装着検出による自動再生停止/再生再開機能の設定
  • ヘッドセットの充電式電池の残量表示
  • 充電ケースの充電式電池の残量表示
  • 充電を促す通知の表示
  • 音量調節
  • イコライザー/CLEAR BASS設定
  • イコライザー設定のカスタム設定
  • 360 Reality Audio設定
  • ノイズキャンセリング機能と外音取り込み機能のモードを調整
  • ノイズキャンセリング機能/外音取り込み機能の切り替えパターン
  • 行動検出によるノイズキャンセリング機能の自動調整
  • イヤーピース選択アシスト
  • LE Audio接続品質の設定
  • Bluetooth接続コーデックの表示
  • ヘッドセットの電源オフ
  • ヘッドセットの初期化
  • 左右のヘッドセットとスマートフォンとのBluetooth接続状態表示
  • ゲームとチャットの音量バランスの設定
  • タッチセンサーの機能を変更
  • 音声ガイダンスの言語変更
  • 通知音、音声ガイダンスのオン/オフ切り替え
  • ヘッドセットの使用状況の記録と表示
  • 音楽の再生/一時停止、楽曲の頭出し
  • 設定のバックアップと復元

 

INZONE Buds が対応スマートフォンとの接続にオススメな理由

INZONE Buds (WF-G700N) の音質に関しては
ソニーの人気の完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM5 と同等の
8.4mmのドライバーユニット『ダイナミックドライバー X』を
採用となっているので非常に高音質となっています。

これまたソニーの人気の完全ワイヤレスイヤホン
LinkBuds S なんかと比べると段違いで良い音ですよ。
特に低音域の違いが分かりやすいかと思います。

それじゃあ INZONE Buds と WF-1000XM5 を比べると
どちらが良い音かと言われると単純な比較はできません。
何故かというと WF-1000XM5 は音楽を聴くための音作りで
INZONE Buds はゲーム音を聞くための音作りとなっていて、
そもそものコンセプトに違いがあります。

WF-1000XM5 は頭の中で音が鳴っているような定位感で
割とフラットな音で繊細な音まで再生をするといった感じですが
INZONE Buds は耳元で鳴って音の分離がはっきりするような定位感で
個人的には中音域辺りが持ち上がっているような感じがしました。

それぞれデフォルトの設定で同じ曲を聴き比べてみると
WF-1000XM5 は余韻まで感じるような繊細な音ですが割と淡泊で
INZONE Buds はハキハキとして音の厚みも感じられたので
繊細さよりメリハリのある音質が好きな人は
意外と INZONE Buds の方が好みの音かもしれませんね。
この辺りはイコライザーである程度いじることは可能です。
(自分は後者の INZONE Buds派のようです)
 

INZONE Buds (WF-G700N) はノイズキャンセリング機能を搭載し、
これまたノイキャン性能もスゴク高くなっています。
WF-1000XM5 と比べると人の声(女性など高めの声)が
すこし通りやすくなっているような気がしますが、
かなり近い性能があり LinkBuds S と比べても段違いで良いです。

また、ソニーの他の完全ワイヤレスイヤホンは小さいのと
形状的に装着しなおそうとしたときにタッチセンサーを
誤操作してしまったりするのですが(自分の経験ですが)
INZONE Buds は形状的にそういったことも無く
自分的には最近では一番好きな装着性だと思います。

まぁまぁまぁ WF-1000XM5 や LinkBuds S に比べると
見た目は大きめになりますが取り回し感は良いですよ。
 

昨日まではスマートフォンと接続しても各種設定が
出来なかったので選択肢になりにくかったのですが、
そこが解消されたのでオススメモデルになった訳ですね。
 

圧倒的なバッテリー持続時間が魅力

INZONE Buds (WF-G700N) は電力消費を効率化するチップセット
低消費電力プロセッサーL1」を搭載することで
非常に長いバッテリー持続時間を実現しています。

以下の表は充電ケース分を除いたイヤホン本体だけでの
バッテリーの持続時間の比較となっていますが
同じ条件で比べられる Bluetooth LE Audio 接続時で
INZONE Buds が驚異的なのが分かるかと思います。

USBトランシーバー接続時で5分の充電で約1時間の使用が可能
急速充電にも対応となっているのも良いですね。
(数値は出ていませんが単純計算ならLE Audio 接続時は2時間かな?)

  INZONE Buds WF-1000XM5 LinkBuds S
USB
トラン
シーバー
12時間
(NCオフ)
11時間
(NCオン)
Bluetooth
LE Audio
24時間
(NCオフ)
18時間
(NCオン)
11時間
(NCオフ)
7時間
(NCオン)
9時間
(NCオフ)
5.5時間
(NCオン)
Bluetooth
Classic
非対応 12時間
(NCオフ)
8時間
(NCオン)
9時間
(NCオフ)
6時間
(NCオン)

 

INZONE Buds アプリ対応のザックリまとめ

INZONE Buds が発売時に「Headphones Connect」アプリに
対応していたら最強の完全ワイヤレスイヤホンになるという
話をしていたと思いますが対応機種は限定されるものの、
それが実現された形となっています。

  • 音質・ノイキャン性能:WF-1000XM5 に結構近い
  • バッテリー持続時間:WF-1000XM5 の2倍以上
  • 販売価格:WF-1000XM5 より1万円くらい安い

といったところを見れば対応機種で使うなら、
ぜひぜひ検討して欲しいモデルとなっています。

もう一度注意点として言っておくとアップデートのために
Windows PC は必要となりますよってことで。

ということで ソニーのゲーミングギア INZONEシリーズの
完全ワイヤレスイヤホン INZONE Buds (WF-G700N) を宜しくお願い致します。
 


INZONE Buds WF-G700Nワイヤレスゲーミングヘッドセット
INZONE Buds  2023年10月27日発売
ソニーストア販売価格:29,700円(税込)
10%OFFクーポン適応時:26,730円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法で更にお得

ソニー製品情報  ソニーストア

ノイズキャンセリング/外音取り込みモード搭載

関連記事


 

ソニーストアで INZONE Buds を お得に購入する方法

はじめに

下記の特典等を利用するのにはMy Sony ID が必要になります。
My Sony ID はソニーの無料会員プログラム『My Sony』に
入会をすることで取得が可能となっています。

My Sony ID はソニー公式の各種キャンペーンへの応募や
ソニー製品全般でのカスタマー登録等にも利用しますので、
お持ちで無い方は、この機会にぜひ登録をオススメいたします。
※ソニーのユーザー登録のようなもので会費は必要ありません。

ソニー公式:My Sony について

 

10%割引して購入する方法

ソニーの無料会員プログラム『My Sony』に新規登録すると
Welcomeクーポンとして『10%OFFクーポン』が発行されますので
クーポンを利用することで対象商品を10%安く購入が可能です。
既会員の方は定期クーポンにて『10%OFFクーポン』が貰えます。
※新規の方はリンク先のページ下部の Welcomeクーポンをご参照下さい。

ソニー公式:ソニーストアのクーポンについて

 

ソニーストアで購入すると・・・

INZONE Buds 25,000円
10%OFFクーポン -2,500円
合計金額 (税別) 22,500円
消費税 (10%) 2,250円
商品代金 (税込) 24,750円
送料 +550円

ボーナスクーポン等をお持ちの方は
更に割引しての購入が可能です!

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会が
    2024年10月2日(水)の10時まで開催となっています。

    エントリーするだけで即座に抽選が行われて
    翌日の昼過ぎ以降』に使用が可能となる最大10万円分の
    ソニーストアお買い物券がプレゼントとなります。
    (ソニーストア直営店では当日の利用が可能)

    もれなく上記商品を購入時に使用することができる
    500円~2,000円 のお買い物券が貰えます。

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会

    関連記事

     

    その他にも お支払方法次第で

    など、更にお得になりますよ。

    ソニーストアでの累計購入金額が25万円以上のお客様は
    送料が無料になるクーポンが御利用可能となります。
    ※累計金額達成以降の定期クーポン発行時より。

     

    上記価格でメーカー保証期間3年が無料

    ソニーストアで購入時は通常1年間のメーカー保証期間を
    3年間保証する「ヘッドホンケアプランベーシック」を無償でご提供。
    販売店の独自保証ではなく、ソニー正規の保証なので安心です。

    更に、有償となりますが破損、水ぬれ、火災など、偶然な事故や
    片方のヘッドセットを紛失した際に補償が受けられる
    「ヘッドホン ケアプランワイド」の選択も可能となっています。

    ソニー公式:ヘッドホン ケアプランワイド

     

    ソニーストア長期保証の期間中は引き取り修理時に
    2,200円の輸送料が無料となります。
    ※ソニーストア以外のお店で購入時は保証期間中でも輸送料が必要です。
    ※対象店舗等への持ち込み修理時は輸送料は必要ありません。

     

    INZONE Buds のソニーストアでの
    御確認はこちらから

    ソニーストア直営店(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡天神)で
    購入時は店舗番号『2026001』をお伝えいただければ
    当店からの紹介としてカウントされますので御協力頂ければ幸いです。
    また近隣にお住まいの方は当店店頭にてお得な情報等がお伝え出来ます。

     

     

    ソニーの各種ポータブルオーディオを購入で
    最大16,000円のキャッシュバックとなる
    『夏の感謝祭ロトキャンペーン』が
    2024年7月29日(月)まで開催となっています。

    夏の感謝祭ロトキャンペーン

    関連記事

     

    その他、ソニーのゲーミングギアのラインナップは
    公式ページより御確認をお願い致します。

    ソニー ゲーミングギア 『INZONE』公式サイト

     

     

    ページトップに戻る