続編・ソニーのウォークマンの修理を申込んだら驚きの結果に

ソニーのウォークマン NW-ZX1の修理申し込みをしたらNW-ZX507への交換対応となりました ウォークマンの部品保有期間は6年なのでNW-ZX1の修理を申込む場合はお早めに

先日にソニーのウォークマン NW-A27のバッテリー交換として
修理に出したら 7,800円+税で NW-A57への交換対応になったという
記事を御紹介させて頂きましたが、今回はその続編と言いますか
類似ケースが発生したので御紹介をさせて頂きました。

まぁまぁまぁ 前回の記事を御紹介した際に
ツイッターでフラグを建ててくれた方がおられたのも大きいでしょうか。

前回の記事はこちらから
関連マンガ:ソニーのウォークマンのバッテリー交換を申込んだら驚きの結果に
 

ということで今回はウォークマン ZX1シリーズ NW-ZX1 の
イヤホンジャック部がおかしいといことで修理依頼があったのですが
ソニーサービスからの回答はイヤホンジャックの入手困難により
15,000円+税で NW-ZX507 に交換致しますよということでした。

NW-ZX507 は現行の最新モデルで販売価格は約8万円なので
無茶苦茶お得感がありますよね!

シリーズ的には
 NW-ZX1 2013年12月07日 発売
 NW-ZX2 2015年02月14日 発売
 NW-ZX100 2015年10月10日 発売
 NW-ZX300 2017年10月07日 発売
 NW-ZX507 2019年11月02日 発売

ということで4世代の違いがあるので
(NW-ZX2 が微妙に系統が違うかもですが)
かなり進化をしていますよ。

NW-ZX1 はアンドロイド搭載モデルだったのですが
NW-ZX100 と NW-ZX300 はアンドロイド非搭載だったので
再びアンドロイド搭載となった NW-ZX507 は使い勝手的にも
NW-ZX1 の延長線上にあるので良かったかもしれません。
 

余談ですが NW-ZX1 が発売された当時は
それまでのウォークマンより遥かに高い約7万円という価格帯で
こんなのそうそうは売れないだろうと思っていたのですが
現在はハイエンドウォークマンも認知 & 人気もあるので
今考えたら NW-ZX1 が安く思えるのが不思議?です。
 

あと部品保有期間の話をしましたが
ウォークマンの部品保有期間は6年となっているので
(製品の製造を打ち切りになった日から6年間)
発売から7年くらい経ってくると修理を出しても
修理不能で帰ってくる可能性が高くなるので
その辺りの商品をお持ちの場合は御注意下さい。

ちなみに部品保有期間は商品カテゴリーによって異なります。
関連マンガ:ソニーの製品はいつまで修理できる?部品保有期間と修理の可否の検索
 

そうそう、ウォークマンの修理を申込みする際は
本体が起動できて音楽データのバックアップが無い場合は
ウォークマンの音楽をパソコンに移しておくのががオススメですよ。
参考:ウォークマンの音楽をパソコンに移す方法(ソニー公式)
 

何だか新しめの商品の修理は結構高いなとか思うのですが
今回のように部品保有期間が切れる直前の商品の修理は
交換対応によりスゴクお得になるケースが多いように思います。

ちなみに一番お得なパターンはソニーストアで5年修理保証付で
購入をして無償で交換対応となった場合になるでしょうか。
こういうケースを多く見ると購入時に5年保証にするのも
良いかもしれないと思ったりしちゃいます。

ということで、ソニーのウォークマンの修理に関する御紹介でした。
 

ソニー 修理のご相談 サポート・お問い合わせに関しては
公式サイトよりお願い致します。

ソニー 修理のご相談 サポート・お問い合わせ
ソニー 修理のご相談 サポート・お問い合わせ

 

その他、ウォークマンにつきましては
ウォークマン公式サイトで御確認をお願い致します。

ソニー ウォークマン 公式
ソニー ウォークマン 公式

 

関連マンガ:ウォークマンのバッテリー交換や修理に関する御紹介【2021年版】
関連マンガ:ソニーの製品はいつまで修理できる?部品保有期間と修理の可否の検索
関連マンガ:ソニー製品の保証書に関するお知らせ、無料修理を受けるには
関連マンガ:ソニー製品の修理はどこに頼むの?
関連マンガ:ソニーのテレビの修理を申込んだらスゴイことが起こった件
関連マンガ:ウォークマン ZX500と A100シリーズがハイレゾストリーミングに対応
関連マンガ:ソニーのウォークマン ZX500シリーズの特徴や進化点などを御紹介
関連マンガ:ウォークマン ZX500シリーズの実機レビュー、スペックやベンチマークも