ソニーが開放F値2.8通しで小型軽量の標準ズームレンズ SEL2450G を発売

ソニーの標準ズームレンズ SEL2450Gは小型軽量でF2.8通しが大きな特徴 ソニーのSEL2450GとSEL2470GMのサイズや質量の違い SEL2450GのAF時の最短撮影距離は0.19mで最大倍率は0.30倍です ソニーのフルサイズ対応標準ズームレンズ SEL2450Gのデザイン SEL2450G FE 24-50mm F2.8 GのMTF曲線

大口径標準ズーム Gレンズ SEL2450G が発売

ソニーから35mmフルサイズ対応の大口径標準ズーム Gレンズ
SEL2450G 『FE 24-50mm F2.8 G』が本日に発表となり
2024年5月17日(金)に発売となっています。
※2024年4月19日(金)発売に変更となりました。

SEL2450G は24mmから50mmまでをカバーし
ズーム全域で開放F値2.8の明るさを実現していて
Gレンズならではの高い描写力と柔らかいぼけの表現が可能で
高速・高性能AFを備えたレンズとなっています。

SEL2450G の大きな特徴としましては
小型軽量ながらF2.8通しの明るいレンズというところですね。

SEL2450G 『FE 24-50mm F2.8 G』
 レンズ構成:13群16枚
 焦点距離:24-50mm(APS-C 36-75mm)
 最短撮影距離:AF時 0.19m(ワイド端)-0.30m(テレ端)
        MF時 0.18m(ワイド端)-0.29m(テレ端)
 最大撮影倍率:0.30倍(AF時)、0.33倍(MF時)
 フィルター径:67mm
 大きさ:最大径74.8mm×長さ92.3mm(最長約115.3mm)
 質量:約440g
 

今まで無かったタイプの小型軽量のF2.8通しのレンズ

ソニーのフルサイズ対応レンズでF2.8通しのズームレンズは
今まで最上位のGマスターレンズくらいしか無かったのですが
そこに入ってきたのが今回の SEL2450G となっています。

また、F2.8通しのズームレンズの中でも断トツの小型軽量で
価格帯としても一番お求め安くなっているのが良いところですね。

モデル SEL2470GM SEL2450G SEL2470Z
焦点距離 24-70mm 24-50mm 24-70mm
F値 F2.8 F4.0
最大径 87.6 mm 74.8 mm 73.0 mm
長さ 136 mm 92.3 mm 94.5 mm
質量 約886g 約440g 約426g
フィルター径 82 mm 67 mm
価格帯 23万円前後 16万円前後 11万円前後

SEL2470GM(初代)より SEL2470GM2 の方が小型軽量ですが
価格帯が28万円前後になるので SEL2470GM との比較にしています。
 

焦点距離 50mmまでと70mmまでという違いはありますが
SEL2470GM と比べると同じF2.8通しながら
SEL2450G の方が圧倒的に小型軽量となっています。
質量でいえば約半分になっていますよね。

F4通しの SEL2470Z と比べると SEL2450G の方は
F2.8通しながら大きさや質量が ほぼ同等となっています。
といったところで明るい標準ズームレンズが欲しい人に
オススメのレンズになっているかと思います。

また SEL2450G は SEL2470GM と比べて小型軽量で
お求め安くなっていますが MTF曲線を比べると
近いレベルを実現している光学性能となっていますよ。
 

最新の光学設計と近接撮影性能

4枚の非球面レンズと2枚のED(特殊低分散)ガラスを
効果的に配置することで色収差など諸収差を低減しています。
また、フレア・ゴースト・色のにじみを効果的に抑えることで
ズーム全域で被写体の細部まで精密に描写することが可能です。

F2.8通しでコンパクトボディを実現している訳ですが
レンズ構成は結構素直な造りになっているかと思います。
 

また最新のレンズ設計により近接撮影性能も高くなっていて
最短撮影距離が
 AF時:0.19m(ワイド端)- 0.30m(テレ端)
 MF時:0.18m(ワイド端)- 0.29m(テレ端)
最大撮影倍率が0.30倍(AF時)、0.33倍(MF時)となっていて
より寄れる&大きく撮影することが可能なので
テーブルフォト撮影などでの使い勝手も良いかと思います。

モデル SEL2470GM SEL2450G SEL2470Z
最短撮影距離 0.38m 0.19m-0.30m(AF時)
0.18m-0.29m(MF時)
0.4m
最大撮影倍率 0.24倍 0.30倍(AF時)
0.33倍(MF時)
0.2倍

余談ですが近接撮影距離に関しては
メーカーによって基準が違っていてカタログスペックと
実際に撮影した画像のイメージが違っていたりします。
具体的に言えば画像の端の方の収差などですね。

ソニーでは画像の端の方まで破綻の無いレベルを基準に
数値をだしているので実際の写りで比べて欲しいところです。
 

高速・高精度なAFとレスポンス性能

SEL2450G は駆動に2基のリニアモーターを搭載ということで
SEL2470Z(1基)と比べると2倍になっています。
また同じリニアモーターですが年々進化をしているので
2倍&最新設計ということで 非常に能力が向上しています。

実際に連続撮影の対応も SEL2470Z は15コマ/秒までですが
SEL2450G は『α9 III』の最高約120コマ/秒の高速連写にも
対応するトラッキング性能を実現しています。
 

ソニーの純正レンズは周辺域の画質の良さもありますが
高速連写や高フレームレートでの動画撮影時などでの
合焦率にも違いが出てくるので決定的な瞬間を逃したくない場合や
動画の仕上がりにこだわりたい場合は、ぜひ純正レンズをお選びください。

逆に言えばトリミング等で中央付近しか使わない場合や
あまり動きの無い被写体の撮影ならサードパーティ製もありでしょうか。
 

最新のデザインによって操作性もアップ

割り当ても可能なフォーカスホールドボタンを搭載し
フォーカスリングとズームリングはもちろん
コンパクトボディながら絞りリングも搭載となっていて
絞りリングクリック切り換えスイッチも搭載しているので
クリック音無しでシームレスに絞りを変更することも可能です。

またマニュアルフォーカス時の繊細なリング操作にも
レスポンスよく反応する『リニア・レスポンスMF』を採用しています。
 

最近のモデルはフォーカスホールドボタンが2個以上だったり
アイリスロックスイッチが搭載されていたりしますが
SEL2450G では非搭載なのが ちょっぴり残念なところです。
その辺り仕方がない理由があるのでしょうね。
 

SEL2450G ザックリまとめ

ソニーのフルサイズでF2.8通しのズームレンズで言えば
大きくて(十分小さいのですが)価格帯の高いのしかなかったところに
SEL2450G という小型軽量でお求め安い(ソニー製では)ということで
しっかりと選択肢が広がるラインナップだと思います。

比較的近い内容のレンズで SEL2070G (FE 20-70mm F4 G) がありますが
明るさを取るか焦点距離を取るかといった選択になるでしょうか。
なかなか決めにくいという場合は静止画メインか
動画メインかでオススメが変わってくるかと思います。

静止画メインであれば明るさを優先したほうが使い勝手が良いので
SEL2450G のほうがオススメになるかと思います。
特にテーブルフォト撮影がメインの人にオススメです。

動画メインの場合は慣れている人であればどちらでも良いのですが
SEL2450G のF値2.8という明るさを生かそうとすると
NDフィルターが必要になったりするので初心者的にみると
20-70mm で焦点距離が広いほうが使いやすいかと思いますので
SEL2070G の方がオススメになるかと思います。
 

あとは 50mm止まりというのが別のレンズとのつながりが悪いので
几帳面?な人は気になるのかなといったところですが
個人的には 50-70mm って意外と使わない範囲だと思いますので
24-50mm & 70mm~ でも不自由はしないかなと思います。

とまぁ Gマスターレンズまでは手が出せないと
諦めていた人にも検討をして欲しいレンズになっているでしょうか。

ちなみに2024年5月17日(金)が発売日ということで
本日の発表から約3ヶ月後も待たないといけない訳ですが
この辺りは本日から開催の CP+2024 で実機を体験できるように
少し無理やり発表したのではないかと思います。
※2024年4月19日(金)発売に変更となりました。

ということで フルサイズ対応の大口径標準ズーム Gレンズ
SEL2450G 『FE 24-50mm F2.8 G』を宜しくお願い致します。
 


 


SEL2450Gデジタル一眼カメラα[Eマウント]用レンズ
SEL2450G  2024年5月17日発売
FE 24-50mm F2.8 G
ソニーストア販売価格:180,400円(税込)
10%OFFクーポン適応時:162,360円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

開放F値2.8通しならではの大きく美しいぼけと高解像を小型軽量で実現


 

ソニーストアで SEL2450G を お得に購入する方法

はじめに

下記の特典等を利用するのにはMy Sony ID が必要になります。
My Sony ID はソニーの無料会員プログラム『My Sony』に
入会をすることで取得が可能となっています。

My Sony ID はソニー公式のキャッシュバックキャンペーンへの応募や
ソニー製品全般でのカスタマー登録等にも利用しますので、
お持ちで無い方は、この機会にぜひ登録をオススメいたします。
※ソニーのユーザー登録のようなもので、会費は必要ありません。

ソニー公式:My Sony について
 

10%割引して購入する方法

ソニーの無料会員プログラム『My Sony』に新規登録すると
Welcomeクーポンとして『10%OFFクーポン』が発行されますので
クーポンを利用することで対象の商品を購入時に10%安く購入が可能です。
既会員の方は定期クーポンにて『10%OFFクーポン』が貰えます。
※新規の方はリンク先のページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

ソニー公式:ソニーストアのクーポンについて
 

ソニーストアで購入すると・・・

2024年2月29日(木)の10時以降に金額を記入致します。
ちなみに計算式を抜きで市場推定価格を計算すると
商品代金 約162,000円(税込)となります。

SEL2450G 164,000円
10%OFFクーポン -16,400円
合計金額 (税別) 147,600円
消費税 (10%) 14,760円
商品代金 (税込) 162,360円
送料 +550円

ボーナスクーポン等をお持ちの方は更に割引しての購入が可能です!

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会が
    2024年6月26日(水)の10時まで開催となっています。

    エントリーするだけで即座に抽選が行われて
    翌日の昼過ぎ以降』に使用が可能となる最大10万円分の
    ソニーストアお買い物券がプレゼントとなりますよ。
    (ソニーストア直営店では当日の利用が可能)

    もれなく上記商品を購入時に使用することができる
    3,000円~10,000円 のお買い物券が貰えます。


    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会

    関連マンガ:最大10万円分のソニーストアお買い物券が当たるラッキー抽選会が開催
     

    その他にも お支払方法次第で
     ・Sony Card や Sony BANK WALLET なら更に3%割引
     ・d払いで毎週金・土曜日は最大4%のdポイントが貰える
     ・楽天ペイで楽天ポイントが貯まる・使える
    など、更にお得になりますよ。

    ソニーストアでの累計購入金額が25万円以上のお客様は
    送料が無料になるクーポンが御利用可能となります。
    ※累計金額達成以降の定期クーポン発行時より。
     

    上記価格で長期保証<3年ベーシック>が無料

    ソニーストアで購入時は通常1年間のメーカー保証期間を
    3年まで延長する「長期保証<3年ベーシック>」を無償でご提供。
    販売店の独自保証ではなく、ソニー正規の保証なので安心です。

    更に、追加で長期保証<5年ベーシック>や、破損、水ぬれ、火災など、
    偶然な事故の際にも無料で修理が受けられる長期保証<ワイド>の選択も可能です。
    落下や持ち運び時の事故の可能性が高いと思われる商品ですので
    万一に備えての選択もオススメ致します。

    ソニー公式:ソニーストアの長期保証
     

    「αあんしんプログラム」で長期保証<3年ワイド>が無料に

    「αあんしんプログラム」に御加入のお客様は
    「レンズ長期保証<3年ワイド>無料 / <5年ワイド>50%OFF」、
    「清掃・点検サービス最大50%OFF」、「αアカデミー受講料10%OFF」、
    「下取りサービス増額」などの特典が受けられます。

    入会金110円(税込) [キャンペーン中の価格で通常は3,300円(税込)] と
    月払い550円(税込) [年間6,600円(税込)の計算] が必要ですが
    1年に1回3,000円分のお買い物券がプレゼントになるのと
    非常にお得なクーポンが貰えることもありますので
    今後カメラやレンズの買い替えや買い増しをされる予定があれば
    加入されることをオススメ致します。

    ソニー公式:αあんしんプログラム

    関連マンガ:『αあんしんプログラム』で レンズの購入や清掃・点検サービスがお得に
     

    不要になるカメラやレンズを下取りに

    不要になるカメラやレンズを下取りにして新製品の足しにしてみては如何でしょうか。

    ソニー公式:ソニーストアの下取サービスについて

    関連マンガ:ソニーストアの下取りや分割払いを利用して『α』カメラ本体やレンズを購入しよう
     

    SEL2450G のソニーストアでの御確認はこちらから

    ソニーストア直営店(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡天神)で
    購入時は店舗番号『2026001』をお伝えいただければ
    当店からの紹介としてカウントされますので御協力頂ければ幸いです。
     

     

    ソニーのミラーレス一眼カメラの対象の本体やレンズを
    御購入&御応募で一口最大50,000円のキャッシュバックとなる
    『αスプリングキャッシュバックキャンペーン2024』が
    2024年5月7日(火)まで開催となっています。

    ソニーの αスプリングキャッシュバックキャンペーン2024
    ソニーの αスプリングキャッシュバックキャンペーン2024

    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラやレンズが最大5万円のキャッシュバック

     

    その他、デジタル一眼カメラ“α”につきましては
    ソニー公式ページにて御確認をお願い致します。

    ソニーのデジタル一眼カメラ“α”公式ページ
    ソニーのデジタル一眼カメラ“α”公式ページ

     

    関連マンガ:大口径望遠単焦点レンズGマスター『SEL300F28GM』 FE 300mm F2.8 GM OSS が発売
    関連マンガ:ソニーの大口径広角ズームレンズ Gマスター『SEL1635GM2』 の特徴と前機種との違い
    関連マンガ:ソニーがハーフマクロ撮影にも対応した望遠ズームレンズ SEL70200G2 を発売
    関連マンガ:ソニーが小型軽量の大口径標準単焦点レンズ Gマスター SEL50F14GM を発売
    関連マンガ:ソニーが 20-70mmをカバーするフルサイズ対応の標準ズームレンズ SEL2070G を発売
    関連マンガ:ソニーの大口径標準ズームレンズ Gマスター『SEL2470GM2』 の特徴と前機種との違い
    関連マンガ:ソニーが大口径望遠ズームレンズ Gマスター『SEL70200GM2』 を発売