ソニーから大型・大出力のワイヤレスポータブルスピーカーなどが発売

ソニー ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XG500 と SRS-XP500 と SRS-XB13 が発売

ソニー SRS-XP500 は大口径スピーカー搭載、SRS-XG500 との大きさの違い

ソニー SRS-XG500 SRS-XP500 は DSEE搭載、大容量バッテリー内蔵により長時間再生も可能

ソニー 小型で手のひらサイズの ポータブルスピカー SRS-XB13 はIP67 の防水・防塵対応

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー の新商品
SRS-XG500 と SRS-XP500 と SRS-XB13 の3モデルが
2021年5月28日(金)に発売となっています。

SRS-XG500 と SRS-XP500 は Xシリーズとなっていて
大型サイズで重低音の効いた大音量と高音質が
特徴のモデルとなっていますよ。

SRS-XG500 の方はIP66の防水・防塵対応となっていて
Xシリーズの中ではアウトドア向けのモデルになります。

SRS-XG500 では 約110mm×110mmの矩形ウーファーの
「X-Balanced Speaker Unit」に加え、
直径25mmのトゥイーターを搭載となっていて
低域増強用の「パッシブラジエーター」を2つ搭載です。

実用最大出力は電源コード接続時で 35W+35W
内蔵バッテリーでの駆動時は駆動時は 30W+30W ですね。
本体サイズは 約 幅460×高さ256×奥行215mmで
質量は約5.6kgでバッテリー持続時間は最長 約30時間です。
 

次に Xシリーズのもう一つの SRS-XP500 の方は
IPX4相当の防滴対応ということで
先程の SRS-XG500 とは違い屋外で使用する際は
使用環境に気を付ける必要があるかと思います。

SRS-XP500 では 約140mm×140mm口径の
矩形ウーファーの「X-Balanced Speaker Unit」と
直径50mmのトゥイーターを搭載となっていて
実用最大出力は電源コード接続時で 60W+60W
内蔵バッテリーでの駆動時は駆動時は 28W+28W です。

電源コード使用時は SRS-XG500 より大出力ですが
内蔵バッテリーでの駆動時は逆に出力が低くなるので
アウトドアで使うなら SRS-XG500 がオススメでしょうか。

本体サイズは 約 幅275×高さ572×奥行295mmで
質量は約11.2kgでバッテリー持続時間は最長 約20時間です。
ちなみに SRS-XP500 の方はタテ置きと横置きに対応です。
 

でもってどちらのモデルも共通で
臨場感を向上させる「ライブサウンド」モードと
迫力の重低音を楽しめる「MEGA BASS」モードを搭載。
圧縮音源をアップスケーリングで良い音にしてくれる
DSEE という機能も搭載していますよ。

あとは大きな特徴としてどちらのモデルも
マイク/ギター端子を搭載しているので音楽を流しながら
ギターの演奏やマイクを使ったカラオケが楽しめます。
SRS-XP500 の方は更にもう一つマイク端子を搭載で
デュエットなども楽しむことができますよ。
 

と言った感じですが SRS-XG500 と SRS-XP500 で
型名が似ているのでどちらがどちらか分かりにくいですよね。

覚え方としてはGuard(ガード)の『G』が入ってるのが
防水防塵性能の高い SRS-XG500 で
Powerful(パワフル)の『P』が入っているのが
大口径スピーカーや 大出力 60W+60W のSRS-XP500
って感じに考えると覚えやすいかなと。
(出力等から SRS-XG400 だったらもっと簡単だったのに)
 

ってところで大型サイズで大出力の Xシリーズと
真逆スタイルで小型で手のひらサイズとなる
SRS-XB13 も同時に発表&発売となっています。

大きさは 約 直径76mm×高さ95mmとなっていて
質量は約253gの小型・軽量モデルで
約4.5時間の充電で最長 約16時間再生できる
バッテリーを内蔵となっています。

普段スマホのスピーカーで音声を聴いている人は
この小っちゃいスピーカーを使って頂くと
よりクリアなサウンドと重低音を楽しんで頂けます。

まぁまぁまぁ サイズ的に持ち運び用ですね。
後はお風呂で使うのに結構良いサイズだと思います。
でもって、あまり持ち運ばずに使うなら SRS-XB23 が
コストパフォーマンスが高く個人的にはオススメです。
 

ということで ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー
Xシリーズの SRS-XP500 と SRS-XG500 と
小型・軽量の SRS-XB13 を宜しくお願い致します。

また後日に各モデルを個別に御紹介させて頂きます。
 関連マンガ:ソニーの大型ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XP500 の特徴
 

大音圧で高音質と重低音を楽しめるXシリーズなど
ワイヤレスポータブルスピーカー3機種発売
 [プレスリリース]
 –> ソニーは、大音圧でクリアな高音質と豊かな重低音を楽しめる
  新シリーズ「Xシリーズ」として、
  Bluetooth対応ワイヤレスポータブルスピーカー
  『SRS-XG500』と『SRS-XP500』を発売します。
 

海外では更に大型・大出力の SRS-XP700 がありますが
このクラスの商品は毎度のことながら国内では販売無しです。
(以前に法律的に問題があると聞いたことがあるような?)

 

 

 


SRS-XG500ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XG500 2021年5月28日 発売

ソニーストア販売価格:44,000円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(4,000円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

広がりのある高音質をパワフルサウンドで

 ・「X-Balanced Speaker Unit」を搭載
 ・約110mm×110mm(ウーファー)×2
 ・直径約25mm(トゥイーター)×2
 ・デュアルパッシブラジエーター
 ・実用最大出力:35W+35W(電源)/30W+30W(バッテリー)
 ・電池持続時間:最大 約30時間 (MEGABASSモード)
 ・IP66の防水・防塵対応
 ・最大外形寸法:約 高さ460×幅256×奥行215mm
 ・質量:約5.6kg


SRS-XP500ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XP500 2021年5月28日 発売

ソニーストア販売価格:39,600円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,600円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

防滴だから屋外でも活躍、圧巻のパワフルサウンド

 ・「X-Balanced Speaker Unit」を搭載
 ・約140mm×140mm(ウーファー)×2
 ・直径約50mm(トゥイーター)×2
 ・実用最大出力:60W+60W(電源)/28W+28W(バッテリー)
 ・電池持続時間:最大 約20時間 (MEGABASSモード)
 ・IPX4相当の防滴対応
 ・最大外形寸法:約 高さ275×幅572×奥行295mm
 ・質量:約11.2kg


SRS-XB13ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XB13 2021年5月28日 発売

ソニーストア販売価格:7,700円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(700円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

小さなサイズに確かな低音、広がりのあるクリアなサウンド

 ・約46mm(フルレンジ)×1
 ・実用最大出力:5W
 ・電池持続時間:最大 約16時間
 ・IP67の防水・防塵対応
 ・最大外形寸法:約 直径76mm×高さ95mm
 ・質量:約253g


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

その他、ソニーのアクティブスピーカーのラインナップは
公式ページより御確認をお願い致します。

ソニー アクティブスピーカー公式
ソニー アクティブスピーカー商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニーのワイヤレススピーカー SRS-RA5000とSRS-RA3000の特徴と違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレススピーカー SRS-RA5000 と SRS-RA3000 の実機レビュー
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーのスマートスピーカー SRS-XB402G と SRS-XB402M の特徴や違い
関連マンガ:ソニーのグラスサウンドスピーカー『LSPX-S2』の特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーの手のひらサイズのポータブルスピーカー SRS-XB12 を御紹介
関連マンガ:ソニーの手のひらサイズの可愛いポータブルスピーカー SRS-XB01

 

ソニー製品情報・ストア