ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XE300 の特徴や実機レビュー

ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XE300の紹介 SRS-XE300のスピーカー構成 SRS-XE300のBluetooth対応コーデックはLDACとAACとSBC SRS-XE300はテレワークに最適なハンズフリー通話機能を搭載 SRS-XE300は専用アプリでイコライザーの設定が可能 SRS-XE300のバッテリー持続時間を長くする機能 SRS-XE300はお風呂でも安心して使えるIP67相当の防水防塵性能 SRS-XE300 と SRS-XE200 の大きさの違い SRS-XE300は専用アプリでDJ気分を味わえます

ワイヤレスポータブルスピーカー『SRS-XE300』

ソニーから新技術の「Line-Shape Diffuser」を搭載し
広いリスニングエリアを実現しているのが大きな特徴の
ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XE300 が
2022年7月8日(金)に発売となっています。

最近のソニーのワイヤレススピーカーは
広範囲でも高音質で聞くことができるという傾向が多く
何かをしながらといった普段の生活の中に
溶け込むようなモデルを目指しているといった感じでしょうか。
(従来は定位置でじっくり聴くのが基本でした)
 

一般的なスピーカーは球面上に音が広がる性質があり
正面や近い場所で聴くことに最適化されているので
そこから外れると音質や音量などが下がりますが
ライブステージやコンサートホールなどで使われている
ラインアレイスピーカーは水平方向に音が広がりやすく
広く遠いところまでカバーをすることが出来ます。

その性質をポータブルスピーカーで再現するために
開発されたのが「Line-Shape Diffuser」ということですね。
リスニングエリアが広いので部屋の隅などに設置することで
どこでも同じような音質や音量で聴くことができます。
動くことが多いアウトドアにもオススメですね。

個人で使うのはもちろん、ちょっとした講義など
例えば教室の教壇において部屋中に聞かせるなど
一般的なスピーカーと比べて広範囲で聴きやすくなるので
小型ながら多人数向けの使用にもオススメです。
 

 

SRS-XE300 の音質について

スピーカーはソニーのスピーカーでおなじみの
(従来のポータブルスピーカーやテレビでも採用)
「X-Balanced Speaker Unit」という非対称形の
スピーカーユニットを2基搭載となっています。

SRS-XE300 で採用しているユニットは
口径 約49×71mm が2基で実用最大出力は
30W(15W+15W)となっています。

非対称形にすることで真円のものに比べ
一辺が同じ大きさでもユニットサイズを大きくできて
同じ音圧レベルでの振幅を減少させることができるなど
歪みの少ないクリアな音を実現します。

またパッシブラジエーターを2つ配置した
「デュアル・パッシブラジエーター方式」を採用し
低域を効果的に増強し迫力の重低音を実現しています。
音量があまり大きく無い時でも低域を増強してくれる
機能も搭載なので中・小音量時でも大丈夫ですよ。

圧縮音源などを高音質にアップスケーリングしてくれる
『DSEE』や高音質コーデック LDAC に対応しているなど
ソニーの この価格帯のポータブルスピーカーとしては
及第点といったところでしょうか。

あと専用アプリ「Music Center(Android / iOS)」を使えば
イコライザーで Bass / Middle / Treble の調整が可能です。
 

縦置きと横置きの2つのスタイルに対応

SRS-XE300 は縦置きと横置きに対応となっていて
縦置きでは「Line-Shape Diffuser」によって
広いリスニングエリアで楽しむことが可能です。

縦置き時用としてデフォルトではモノラル再生なのですが
ステレオ再生に切り換えることが可能となっていて
(専用アプリ「Music Center(Android / iOS)」を使用)
デスクトップなど近場で定位置で聴く場合は
横置きステレオ再生の方が明瞭感などが格段にあがります。

個人的には横置きステレオ再生の方が好みなのですが
使用するシーンで使い分けができるということですね。
店舗などで近い位置で試聴する場合は縦置きモノラルだと
『こんなもんか』と思っちゃうかもしれませんので
試聴する際は2つのスタイルを御体験下さいね。

まぁまぁ 2台用意してStereo Pair機能を使って
縦置き&2台を使ってのステレオが最強かもしれません。
 

SRS-XE300 の使い勝手について

IP67相当の防塵・防水対応ということで
(水深1mの水中にスピーカーを最大30分間入れてもOK)
キッチンやお風呂などでも安心して使って頂けます。

本体に音量や楽曲の操作などの操作ボタンがあるので
防水非対応のスマートフォンと組み合わせて
お風呂で使うというのも有りではないでしょうか。
(お風呂用なら小さい SRS-XB13 がオススメですが)
 

マイクを内蔵しているので通話も可能となっています。
エコーキャンセリングに対応となっているので
不快なハウリングやエコーを抑えた通話が可能で
テレワーク用にもオススメとなっています。

本体にマイクミュートボタンも搭載しているので
素早くマイクの ON/OFF も可能となっていますよ。
 

最大約24時間のロングバッテリー

約4時間の充電で最大約24時間再生ができる(STAMINAオン時)
バッテリーを内蔵となっています。
また 約10分の充電で約70分の再生が可能となる
急速充電にも対応となっているのも便利で良いですね。

SRS-XE300 は最新の外音ノイズセンシングという機能を搭載。
周囲のノイズにより聞こえにくくなる音をカットして
音質の変化は最小限に抑えつつバッテリーを長持ちさせます。

スタミナモード(機能や音質を制限)とは併用不可で
購入時は外音ノイズセンシングがデフォルト設定となっています。

あとは使用時にバッテリーの残量を音声で教えてくれる
ボイスガイダンス機能を搭載となっているので
安心して使って頂けるかと思います。

それと過充電によるバッテリーの劣化を防いでくれる
『いたわり充電』に対応となっています(アプリで設定)。
ここ数年のポータブルスピーカーでは非搭載だったので
個人的には結構嬉しかったりしますね。
 

SRS-XE300 と SRS-XE200 の違い

SRS-XE300 と一緒に SRS-XE200 という一回り小さなモデルも
同時発売となっていて2モデルの違いをザックリ挙げると
まずは本体やスピーカーのサイズが違います。

SRS-XE300
  本体:約 幅105×高さ238×奥行119mm/約1300g
  スピーカーユニット:約 49mm×71mm(2基)
  実用最大出力:30W(15W+15W)
  バッテリー持続時間:最大約24時間再生

SRS-XE200
  本体:約 幅90×高さ208×奥行94mm/約800g
  スピーカーユニット:約 42mm×51mm(2基)
  実用最大出力:14W(7W+7W)
  バッテリー持続時間:最大約16時間再生

スピーカーユニットの大きさが違うということで
音質や音圧なども SRS-XE300 の方が一段上といった感じでしょうか。
ただ聴き比べなければ(聴き比べても?) SRS-XE200 でも十分なので
そこは予算と大きさで決めて頂ければ良いかと思います。

その他の違いとしては SRS-XE200 はストッラップが付けられるのと
SRS-XE300 は専用アプリ「Fiestable」に対応となっていて
DJのようなエフェクト等を楽しむことができるといった点ですね。
 

SRS-XE300 のザックリまとめ

SRS-XE300 は五角形の形状となっていて
ボディ周りも手触りの良いシリコンで覆われていたりと
従来モデルと比べて個人的にデザインにも好印象ですね。

SRS-XE300 と SRS-XE200 の実機を触ったり試聴したのですが
小さめサイズの SRS-XE200 の価格帯と音質で満足しちゃいました。
ただ SRS-XE300 の方が大きめサイズということで
SRS-XE200 より更に豊かな音質や音圧を実現しているので
予算や置き場所に余裕があれば SRS-XE300 がオススメです。

あと少し広い場所で使いたい場合も
よりパワフルな SRS-XE300 の方がオススメになりますね。
 

ただ前機種の上位モデルともいえる SRS-XB43
値下げで SRS-XE300 より少し安い価格帯になったので
広範囲のリスニング能力が必要無ければ
商品があるうちは SRS-XB43 を買うのも良いかもしれません。

SRS-XE300 と同等クラスでお求め安くなった
SRS-XB33 なんかもオススメとなっています。

とうことですが ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XE300 を宜しくお願い致します。
 


SRS-XE300ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XE300  2022年7月8日発売

ソニーストア販売価格:24,200円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,200円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

パワフルでクリアなサウンドを広く届ける Line-Shape Diffuser採用モデル


SRS-XE200ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XE200  2022年7月8日発売

ソニーストア販売価格:17,600円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,600円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

クリアなサウンドを広く届ける Line-Shape Diffuser採用モデル

関連マンガ:ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XE200 の特徴や実機レビュー


SRS-XG300ワイヤレスポータブルスピーカー
SRS-XG300  2022年7月8日発売

ソニーストア販売価格:34,100円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,100円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

高音質とパワフルサウンドを持ち運ぶ

関連マンガ:ソニーのワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XG300 の特徴や実機レビュー


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

新モデル『SRS-XE300』&『SRS-XE200』に
どのような技術と工夫が盛り込まれているかを、
開発を牽引した中核メンバーが紹介します。

『SRS-XE300』&『SRS-XE200』開発者インタビュー
『SRS-XE300』&『SRS-XE200』開発者インタビュー

 

ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-C500 と
ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB13 の
『初音ミク』コラボモデルが2022年9月5日(月)の
10時までの期間限定で販売開始となりました。

初音ミク コラボレーションモデル 2022
初音ミク コラボレーションモデル 2022

関連マンガ:ソニーから『初音ミク』コラボモデルが発売 | 完全ワイヤレスイヤホン&ポータブルスピーカー

 

その他、ソニーのアクティブスピーカーのラインナップは
公式ページより御確認をお願い致します。

ソニー アクティブスピーカー 公式
ソニー アクティブスピーカー 公式

 

ソニーは、Bluetooth®対応ワイヤレスポータブルスピーカーのXシリーズとして、『SRS-XE300』、『SRS-XE200』、『SRS-XG300』の3機種を発売します。

 

関連リンク:ソニーのアクティブスピーカーの最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ソニーの大型ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XP500 の特徴
関連マンガ:ソニーのアウトドアにも適したポータブルスピーカー SRS-XG500 の特徴
関連マンガ:ソニーのワイヤレススピーカー SRS-RA5000とSRS-RA3000の特徴と違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレススピーカー SRS-RA5000 と SRS-RA3000 の実機レビュー
関連マンガ:ソニーの グラスサウンドスピーカー LSPX-S3 の特徴や前機種との違い
関連マンガ:ソニーの グラスサウンドスピーカー LSPX-S3 と LSPX-S2 の違い
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB43 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB33 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーの ワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB23 の特徴を御紹介
関連マンガ:ソニーの小型・軽量のワイヤレスポータブルスピーカー SRS-XB13 の特徴