重低音が楽しめるノイキャン対応のワイヤレスヘッドホン『ULT WEAR』の実機レビュー

ノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホン ULT WEAR の実機レビュー ULT WEARは重低音を強化するULTボタンを搭載 ULT WEARはノイズキャンセリング機能を搭載 ULT WEARは外音取り込み機能やクイックアテンションモードを搭載 ULT WEARは快適な装着性を実現したデザイン ULT WEARはタッチセンサーによる音量や楽曲の操作が可能 ULT WEARはLDACやマルチポイント機能に対応 ULT WEARは専用アプリでイコライザーに対応 ULT WEARはヘッドトラッキング機能に対応 ULT WEARはノイキャンや外音取り込み機能の設定が可能 ULT WEARはアダプティブサウンドコントロールに対応 ULT WEARはGoogleアシスタントとAmazon Alexaを搭載 ULT WEARのバッテリー持続時間と急速充電機能 ULT WEARは折りたたみに対応しキャリングケースが付属 ULT WEARは重低音が好きな人にオススメのヘッドホン

ノイキャン対応ワイヤレスヘッドホン ULT WEAR が発売

ソニーからノイズキャンセリング対応のワイヤレスヘッドホン
『ULT WEAR』が2024年4月26日(金)に発売となっています。

『ULT WEAR』というのはペットネーム(愛称)で
型名としては WH-ULT900N となっていますよ。

『ULT WEAR』は重低音を特徴とした商品群となる
ULT POWER SOUNDシリーズの商品となっていて
国内では同時にワイヤレスポータブルスピーカーとして
『ULT FIELD 1』『ULT FIELD 7』の2機種が発表されています。

従来の商品で重低音が特徴のシリーズは
『EXTRA BASS』シリーズとなっていましたが
そちらを継ぐシリーズになりそうですね。
ちなみに『ULT』の部分の発音は『ウルト』ではなく
『アルト』となっていますよ。

『ULT WEAR』(WH-ULT900N)は WH-XB910N の後継モデルとなり
重低音はもちろん、音質やノイズキャンセリング性能など
しっかりと進化した性能となっていますよ。

質量は約255gということで他の主要モデルが全て250g台なので
ソニーのノイキャン対応ワイヤレスヘッドホンとしては
いたって普通の重さといったところです。

バッテリー持続時間はノイキャンON時で最長30時間、
ノイキャンOFF時で最長50時間の音楽再生が可能で
3分の充電で約1.5時間/10分の充電で約5時間の
音楽再生が可能な急速充電に対応となっているので
余裕を持って使って頂けるかと思います。

付属のヘッドホンケーブルを使用して頂ければ
バッテリーが無くなった状態でも音声を楽しめますよ。
(電源OFF時はノイキャン/外音取り込み等は使用できません)
 

ノイキャン対応ワイヤレスヘッドホン ULT WEAR 公式

 

 

圧倒的な重低音が体感できるヘッドホン

『ULT WEAR』は大きさ 40mmのULT専用設計のドライバーユニットを
搭載することにより迫力のある重低音再生とクリアな中高域再生を
実現していて圧倒的な臨場感で音声を楽しむことが可能です。

更に本体の左耳側に『ULTボタン』を搭載していて
手軽に重低音の強化を3段階で変更が可能となっています。
ボタンの『ULT』の文字はホログラム仕様となっていて
光や見る角度によって色合いが変わるので存在感もありますね。

重低音の強化が3段階ということで
 OFF:低域を強調しないノーマルな音声
 ULT1:量感のある重低音に強調しつつ埋もれないクリアなボーカルを実現
 ULT2:ULT1より更に力強さを強調しソニー史上最高の重低音体感を実現
となっています。(出荷時のデフォルトは ULT1)

『ULTボタン』を押したときに段階ごとに通知音が異なるので
どの段階になっているのか通知音で分かるようになっていますよ。
 

「ULT1」で実際に聞いてみると迫力のある低音が好きな人は
絶対に好きだろうなって音になっていますね。
臨場感や音圧を感じられてノリノリになれるかと思います。

個人的には落ち着いた音のほうが聞き疲れがなくて好きですが
切り替えが出来るということで気分に合わせて使えますよね。
ちなみに「ULT1」から「OFF」にして聴いていると物足りなくなって
「ULT1」にしたくなるくらいの魅力があります。

「ULT2」はソニー史上最高の重低音体感というだけあって
かなりズーンとくる音になります。
さすがに普通?のボーカル曲はボーカルが埋もれるレベルなので
楽曲や好みでの使用になるかと思います。
かなり強烈なのですが好きな人は好きなのだろうなと。

まぁまぁまぁ 低音好きな人には間違いのない商品ですね。
ちなみに「ULT2」は音量を上げ過ぎると音が割れるレベルですよ。
 

ノイズキャンセリング性能もバッチリ

少し良いノイズキャンセリング対応のヘッドホンでは
ヘッドホンの外側と内側の2つのセンサーマイクを搭載し
ノイズキャンセリング性能を高める
デュアルノイズセンサーテクノロジーという機能がありますが
『ULT WEAR』も前機種の WH-XB910N から引き継いで対応です。
(WH-1000XM4 とも同様の機能となっています)

そこは前機種と同じですが更に『ULT WEAR』では
ヘッドバンド型ワイヤレスヘッドホンの最上位機種
WH-1000XM5 でも採用している「統合プロセッサーV1」を
新たに搭載することでノイズキャンセリング性能が
前機種と比べて一段階良くなっていますよ。

ノイズキャンセリング性能のグレード的には
WH-1000XM4 より少し落ちるようですが
実際に聴き比べてみると遜色の無いレベルかなと思います。
WH-1000XM4 は高音域の再生能力が高いこともあってか
雑踏の中ではサーといったホワイトノイズっぽく感じるところが
『ULT WEAR』の方が抑えられている感じもするので
ノイズキャンセリング性能はグレード以上に良く感じますね。

なのでノイキャン性能のコストパフォーマンスは
結構高いモデルになっているかと思います。
 

外音取り込みと通話もクリア

音声を聴きながら周囲の音も取り込んで聞ける
外音取り込みに対応となっていて
前機種と比較して更に自然な外音取り込みを実現しています。
(個人的には WH-1000XM4 より聞きやすく感じました)

更に右耳側のハウジング部を手で押さえている間だけ
一時的に音楽の音量を絞り外音を取り込んで聞くことが出来る
クイックアテンションモードにも対応となっています。
周囲の音を聞きたい時だけヘッドホンを外すことなく
瞬時に外音を取り込めるので非常に便利ですよ。

また外側の音を取り込みフィードフォワードマイク部分も
新しく設計されたものとなっていて風ノイズの低減も向上しています。
この辺りのデザインは未だに統一感が無いので
まだまだ最適なデザインを模索中なのかと思ったり。
 

あとは左耳側のフィードフォワードマイクと合わせて
口元の音を拾う通話用のビームフォーミングマイク(左耳側のみ)を
最適に制御し高度な音声信号処理を行う
高精度ボイスピックアップテクノロジー採用することで
通話時に騒音化でも騒音やノイズを抑えて声だけをクリアに
通話相手に伝えることが可能となっています。

機能的には前機種の WH-XB910N と同様となっていますが
その他の部分も合わせて通話性能も前機種より良くなっていますよ。
 

より高音質で楽しむことが出来る

ノイキャンのところで「統合プロセッサーV1」を
新たに採用しているという内容を紹介しましたが
ノイキャン性能以外にも高いS/N比と歪みの少ない特性を持つ
D/A変換回路とヘッドホンアンプを内蔵することによって
音質も良くしてくれています。

また Bluetooth の高音質コーデック LDAC に対応なので
対応機器との接続で情報量の多い伝達が可能となり
より解像度の高い音声の再生が可能となっています。
 

最近ではストリーミング再生などを楽しむ機会が
増えていると思いますが音源が圧縮されることで
高音域などのデータが失われていたりします。

『ULT WEAR』は高音質化機能の『DSEE』に対応していて
専用アプリで『DSEE』をオンにすることによって
圧縮音源の高音域などを補完することが出来るので
より良い音で楽しむことが可能となっています。
(ただし DSEE をオンにするとバッテリーの消費が早くなります)
 

専用アプリを使うことで様々な設定が可能

専用アプリ「Headphones Connect」(Android / iOS)に
対応となっていて様々な設定が可能となっています。
専用アプリを使わなくても普通に使って頂けますが
より楽しく便利に使って頂けるのでオススメとなっていますよ。
 

DSEE で音質アップ

先程御紹介をした高音質化機能の『DSEE』の ON/OFF は
専用アプリでのみ切り替えが可能となっていますので
より高音質を楽しみたい方はアプリが必要となります。
 

ノイキャンや外音取り込みの設定

専用アプリを使うことで外音取り込みのレベルを
20段階で調整できたりノイズを抑えて人の声を取り込む
ボイスフォーカスの設定が可能となります。

また行動や場所を検出して自動で最適なモードに
切り替えるアダプティックサウンドコントロールが
使用できるようになるので便利に使って頂けますよ。

例えば電車に乗っている時はノイキャン ON や
お出かけ先の場所では外音取り込みを ON など
設定をしておくことで自動で切り替えてくれます。
 

イコライザーの設定

専用アプリを使用することでイコライザーの設定が可能となります。
カスタムを含む11のモードが用意されていて
『400 / 1K / 2.5K / 6.3K / 16K』の 5バンドを
プラスマイナス10段階で調整することが可能となっています。
3段階のULTや低音の強調もプラスマイナス10段階で調整可能です。

また『ファインド・ユア・イコライザー機能』に対応で
複数の選択肢から好みの音質を選択していくと
自分に合ったイコライザー設定をしてくれる機能があるので
イコライザーが良く分からない人でも楽しんで頂けますよ。
 

「360 Reality Audio」やヘッドトラッキング

専用アプリで立体音響「360 Reality Audio」の
最適化を行うことが可能となっています。

また対応スマートフォン+対応ヘッドホン+対応コンテンツで
(YouTube や Netflix等のマルチチャンネルコンテンツ等)
体験できる機能となっていますが頭の動きに合わせて
音声の定位(聴こえてくる方向)が移動する
ヘッドトラッキング機能の最適化も可能となっています。

ヘッドトラッキング機能は Xperia でいえば
現時点では Xperia 1V/5V で YouTube のみ対応なので
これからの機能といったところでしょうか。
 

マルチポイント対応

2台の機器と同時に接続するマルチポイント機能も
専用アプリを使うことで利用することが可能になります。
テレワーク等でパソコンと接続しながら
スマートフォンとも接続が可能なので
いちいち切り替える必要もなく両立ができます。
 

通知音や音声ガイダンスの設定

通知音や音声ガイダンスが要らないという人は
専用アプリで ON/OFF や 音量を調整することが可能です。
ただし一部の重要な通知やガイダンスは OFF に出来ません。

 

その他、NC/AMBボタンや装着検出の挙動や
タッチセンサーコントロールパネルの ON/OFF
『Quick Access』とのサービス連携などが
専用アプリを使うことで設定が可能となります。
 

『ULT WEAR』のザックリまとめ

ULT POWER SOUNDシリーズには『ULTボタン』があるのですが
ボタンの『ULT』の文字や『SONY』のロゴが
ホログラム仕様となっていて光や見る方向によって
キラキラと虹色に輝くようになっています。

今後のULT POWER SOUNDシリーズ以外の商品でも
『SONY』ロゴがキラキラになるのかが少し気になるところですね。

前機種の WH-XB910N がブラックとブルーの2色だったのと
ハウジングの上部付近がテカテカして安っぽかったのが
『ULT WEAR』ではブラック、オフホワイト、フォレストグレーの
3色のカラバリとなりテカテカだった部分も良くなっているので
落ち着いたデザインになっているかと思います。

ヘッドホンの重低音モデルはブラックとか濃い青系や緑系が
多かったと思いますがホワイト系が追加されることによって
カジュアルに選んで頂けるようになっているのも良いですね。
 

ノイキャン対応ワイヤレスヘッドホンの現行モデル的には

WH-1000XM5 とことんこだわる最上位モデル
専用ケースが大きく持ち運びに難あり
ノイキャン性能:★★★★★
価格帯:5万円ちょっと
WH-1000XM4 繊細な音を高音質で楽しみたい
スタイリッシュで持ち運びにも良い
ノイキャン性能:★★★★
価格帯:4万円ちょっと
ULT WEAR 低音重視で臨場感や音圧を感じたい
持ち運びは WH-1000XM4 と同様
ノイキャン性能:★★★
価格帯:3万円前後
WH-CH720N 軽量&コストパフォーマンス重視
デザインが良く女性人気も高い
ノイキャン性能:★★
価格帯:2万円前後

といった感じになるでしょうか。

★の数はソニーの公式的な指標となっていて
見た目だと結構大きく違っているようなイメージですが
ULT WEAR や WH-CH720N でも十分に性能は高いですよ。
 

『ULT WEAR』(WH-ULT900N)はとにかく重低音が好きで
ライブやクラブのような臨場感を楽しみたい人に
オススメのモデルとなっています。

従来の重低音モデルは中高域が埋もれがちでしたが
その辺りの音の通りも良くなっているので
初めて重低音モデルに手を出すといった人にも
割と受け入れやすいモデルになっているかと思います。

ただし重低音ベースの音作りとなっているので
デフォルトのままだと中高音が物足りなく感じるかもしれませんが
その辺りはイコライザーである程度調整が効くので
WH-1000XM4 より少しお求め安いノーマルモデル的な
使い方も出来るかと思います。

「ULT2」はソニー史上最高の重低音体感を実現というだけあって
重低音を楽しむといった点では唯一無二のモデルなので
重低音に興味がある人は、ぜひ御検討下さいね。

ということで ソニーのノイズキャンセリング対応
ワイヤレスヘッドホン『ULT WEAR』(WH-ULT900N)を
宜しくお願い致します。
 


ULT WEARワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
ULT WEAR (WH-ULT900N)

ソニーストア販売価格:33,000円(税込)
10%OFFクーポン適応時:29,700円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

快感ブーストボタンで、重低音が暴れだす。ソニー史上最高の重低音体感


WH-1000XM5ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM5
ソニーストア販売価格:59,400円(税込)
10%OFFクーポン適応時:53,460円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイズキャンセリング性能が更に進化したワイヤレスヘッドホン

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM5 の特徴や前機種との違い


WH-1000XM4ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM4
ソニーストア販売価格:48,400円(税込)
10%OFFクーポン適応時:43,560円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音には静寂が要る。研ぎ澄まされた高音質をノイキャンで

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 の特徴や前機種との違い


WH-CH720Nワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-CH720N

ソニーストア販売価格:22,000円(税込)
10%OFFクーポン適応時:19,800円(税込)
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ソニー史上最軽量ワイヤレスノイキャンヘッドホン
※2023年2月22日時点

関連マンガ:ソニーのノイキャン対応ワイヤレスヘッドホン WH-CH720N の実機レビュー


 

ソニーストアで ULT WEAR を お得に購入する方法

はじめに

下記の特典等を利用するのにはMy Sony ID が必要になります。
My Sony ID はソニーの無料会員プログラム『My Sony』に
入会をすることで取得が可能となっています。

My Sony ID はソニー公式のキャッシュバックキャンペーンへの応募や
ソニー製品全般でのカスタマー登録等にも利用しますので、
お持ちで無い方は、この機会にぜひ登録をオススメいたします。
※ソニーのユーザー登録のようなもので、会費は必要ありません。

ソニー公式:My Sony について
 

10%割引して購入する方法

ソニーの無料会員プログラム『My Sony』に新規登録すると
Welcomeクーポンとして『10%OFFクーポン』が発行されますので
クーポンを利用することで対象の商品を購入時に10%安く購入が可能です。
既会員の方は定期クーポンにて『10%OFFクーポン』が貰えます。
※新規の方はリンク先のページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

ソニー公式:ソニーストアのクーポンについて
 

ソニーストアで購入すると・・・

ULT WEAR 30,000円
10%OFFクーポン -3,000円
合計金額 (税別) 27,000円
消費税 (10%) 2,700円
商品代金 (税込) 29,700円
送料 +550円

ボーナスクーポン等をお持ちの方は更に割引しての購入が可能です!

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会が
    2024年6月26日(水)の10時まで開催となっています。

    エントリーするだけで即座に抽選が行われて
    翌日の昼過ぎ以降』に使用が可能となる最大10万円分の
    ソニーストアお買い物券がプレゼントとなりますよ。
    (ソニーストア直営店では当日の利用が可能)

    もれなく上記商品を購入時に使用することができる
    500円~2,000円 のお買い物券が貰えます。


    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会

    関連マンガ:最大10万円分のソニーストアお買い物券が当たるラッキー抽選会が開催
     

    その他にも お支払方法次第で
     ・Sony Card や Sony BANK WALLET なら更に3%割引
     ・d払いで毎週金・土曜日は最大4%のdポイントが貰える
     ・楽天ペイで楽天ポイントが貯まる・使える
    など、更にお得になりますよ。

    ソニーストアでの累計購入金額が25万円以上のお客様は
    送料が無料になるクーポンが御利用可能となります。
    ※累計金額達成以降の定期クーポン発行時より。
     

    上記価格で長期保証<3年ベーシック>が無料

    ソニーストアで購入時は通常1年間のメーカー保証期間を
    3年まで延長する「長期保証<3年ベーシック>」を無償でご提供。
    販売店の独自保証ではなく、ソニー正規の保証なので安心です。

    更に、追加で長期保証<5年ベーシック>や、破損、水ぬれ、火災など、
    偶然な事故の際にも無料で修理が受けられる長期保証<5年ワイド>の選択も可能です。

    ソニー公式:ソニーストアの長期保証
     

    ソニーストアでの累計購入金額が5万円以上のお客様は
    長期保証<5年ベーシック>が
    無料になるクーポンが御利用可能となります。
    ※累計金額達成以降の定期クーポン発行時より。

    ソニーストア長期保証の期間中は引き取り修理時に
    2,200円の輸送料が無料となります。
    ※ソニーストア以外のお店で購入時は保証期間中でも輸送料が必要です。
    ※対象店舗等への持ち込み修理時は輸送料は必要ありません。
     

    ULT WEAR のソニーストアでの御確認はこちらから

    ソニーストア直営店(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡天神)で
    購入時は店舗番号『2026001』をお伝えいただければ
    当店からの紹介としてカウントされますので御協力頂ければ幸いです。
    また近隣にお住まいの方は当店店頭にてお得な情報等がお伝え出来ます。
     

     

    その他、ソニーのヘッドホンにつきましては
    ヘッドホン公式サイトで御確認をお願い致します。

    ソニー ヘッドホン 公式
    ソニー ヘッドホン 公式

     

    ワイヤレスヘッドホン『ULT WEAR』(アルトウェア)は、ULTボタンとULT専用設計ドライバーユニットによって圧倒的な量感の重低音を手軽に楽しめるのに加え、高いノイズキャンセリング性能によって音楽に没入できます。

     

    関連リンク:ソニーのヘッドホンの最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
    関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM5 の特徴や前機種との違いを実機レビュー
    関連マンガ:ソニーの背面開放型モニターヘッドホン MDR-MV1 の実機レビュー
    関連マンガ:ソニーのお手頃価格のノイキャン対応ワイヤレスイヤホン WF-C700N の実機レビュー
    関連マンガ:ソニーのお手頃価格のワイヤレスヘッドホン WH-CH520 の実機レビュー
    関連マンガ:ソニーのノイキャン対応の重低音が楽しめるヘッドホン WH-XB910N