ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM5 の特徴や前機種との違い

WH-1000XM5の実機レビューとWH-1000XM4との違い WH-1000XM5のセンサーは合計8個でWH-1000XM4と比べ2倍に増加 WH-1000XM5は外音取り込み機能も更にクリアになった WH-1000XM5は専用設計の30mmドライバーユニットを採用 WH-1000XM5はBluetoothの高音質コーデック LDACに対応 WH-1000XM5は高音質化機能の DSEE Extremeを搭載 WH-1000XM5はAIノイズリダクションシステムにより通話性能が向上 WH-1000XM5はスマートフォン向けアプリ Headphone Connectに対応 WH-1000XM5はアプリを使用してイコライザーの設定が可能 WH-1000XM5は2台同時接続がかのうなマルチポイントに対応 WH-1000XM5のバッテリー持続時間の比較 WH-1000XM5とWH-1000XM4のデザインの違い WH-1000XM5は無段階でシームレスなスライダーを採用 WH-1000XM5とWH-1000XM4のイヤーパッドの違い WH-1000XM5の操作ボタンと端子はWH-1000XM4と同じ構成 WH-1000XM5とWH-1000XM4のキャリングケースの比較 WH-1000XM5とWH-1000XM4の違いのまとめ

ノイキャン対応ワイヤレスヘッドホン WH-1000XM5 が発売

ソニーのノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホン
WH-1000XM5 の発売日が2022年5月27日(金)となりました。
高いノイズキャンセリング性能により大人気の WH-1000XM4 の
後継モデルとなっていて色々と前機種より良くなっていますね。

やっぱり一番気になるのが WH-1000XM4 との違いだと思いますが
デザインの一新をはじめ、かなりの進化をしているかと思います。
ザックリと評価すればノイキャン性能と音質が1段階アップ、
外音取り込みとマイク性能が2段階アップって感じでしょうか。

ということで商品の特徴と実機レビューを合わせて
御紹介していきたいと思います。
 

WH-1000XM5 発売

 

デザインに関してはフルモデルチェンジ

初代の MDR-1000X から WH-1000XM4 までの4世代は
基本的には大きくデザインは変わっていませんでしたが
WH-1000XM5 はガラっと変わって全然違うデザインになっています。
カラバリに関しては前機種と同様にブラックとプラチナシルバーの
2色から選ぶことができますよ。
(WH-1000XM4 は他に2色の限定色が発売されていましたが)
 

WH-1000XM5 のデザインに関しては接合部や境界などを
極力見えなくしたシームレスなデザインを採用していて
前機種と比べると全体的に柔らかなイメージとなっています。

またヘッドバンド部の長さを調整するスライダー部分も
前機種では『カチカチ』とした音や感触がありましたが
無段階で音をたてずに『スー』っと伸縮が可能です。

イヤーパッド部は表面にソフトフィットレザーを採用し
広く浅くなった感じで全体的な構造と合わせて
装着時の圧迫感が前機種よ比べて減少しているように感じました。
 

前機種の WH-1000XM4 は折りたたみ構造のデザインを
採用していたこともあって持ち運びの際にコンパクトになりましたが
WH-1000XM5 では折りたたみ構造が非採用になっているので
携帯性は一般的なモデルと同じになっているかと思います。

ちなみに WH-1000XM5 のキャリングケースは
畳めるように(押しつぶす感じ)なっているのですが
実際に持ち運んだ際に活用するシーンがイメージできないので
キャリングケースの劣化や損傷を防ぐためのものかなと
個人的には思っています。
 

更に進化をしたノイズキャンセリング性能

新商品の WH-1000XM5 は前機種と同じように
『高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1』を搭載し
新たに『統合プロセッサーV1』を採用することで
チップの処理能力が向上(低遅延化など)しています。
(前機種は BluetoothオーディオSoC を採用)

また片耳側のセンサー(マイク)に関しては
前機種では内側と外側に各1個の合計2個(両耳で合計4個)で
新商品では内側に1個、外側に3個の計4個(両耳で合計8個)に
増えていることなどにより周囲の音を より正確に収音することで
ノイズキャンセリング性能が向上しています。

これらにより前機種と比べると特に中高音域(人の話声など)の
ノイズキャンセル精度が高くなっています。
逆に言えば低音域は前機種とあまり変わっていないですね。
 

また装着者にノイズキャンセリング性能を最適化をする
「NCオプティマイザー」機能が自動化されたことで
常に最適な状態で使用することが可能となっています。
前機種では手動で行う必要があったので最初の頃しか
利用していないという人もおられるのではないでしょうか。

実際に WH-1000XM5 と WH-1000XM4 を聴き比べてみると
ノイズキャンセリング性能が1段階アップしているのが
感じられるかと思います。
 

外音取り込み機能が大幅に向上

上記で御紹介の通りセンサー(マイク)が増えたこと等により
外音取り込み機能も大幅に向上しています。
WH-1000XM5 と WH-1000XM4 を聴き比べてみると
WH-1000XM4 は少しこもった感じとなり明瞭感が段違いです。

自分が声を発すると外音取り込みモードになる
「スピーク・トゥ・チャット」機能や
右耳側のセンサー部分を覆うことで外音取り込みモードになる
「クイックアテンションモード」などの便利機能も
前機種から引き続き対応となっています。
 

最新の設計による音質の向上

WH-1000XM5 は専用設計30mmドライバーユニットを採用。
前機種は専用設計40mmHDドライバーユニットを採用だったので
振動版が小さくなっていますが小さくなることで不足がちとなる
低音域をエッジ部を柔らかくすることで低音の再現性を高めるなど
最新の技術により小型でも高音質化を実現しています。

また「金入り」高音質はんだや銅メッキを施した大型高音質抵抗、
専用に最適化された基盤レイアウトなどウォークマンで培った
高音質化技術を新たに採用することで伸びのある自然な高音を実現し
微細音の再現性が高くなることで音の広がりや定位感も良くなっています。

音の再現性を高めることでノイズキャンセリング性能や
外音取り込みの向上にも寄与していますよ。
 

通話性能が大幅に向上

自分の声を確実に捉えるビームフォーミング技術を
前機種では左耳側の2個のマイクのみが採用となっていましたが
WH-1000XM5 は左右で各2個の計4個のマイクが
ビームフォーミング技術を採用となっているので
集音の精度がより高くなっています。

更に WH-1000XM5 では新たに AI を用いた
ノイズリダクションシステムを採用となっていて
前機種と比べて特に騒音化での通話が劇的に改善されています。
これは LinkBuds WF-L900 でも採用している大好評の機能ですね。

(自宅でテレワークなどで通話を利用する際に
テレビを付けててもバレないかもしれませんよ)
 

 

WH-1000XM5 のザックリまとめ

大人気シリーズの最新モデルということで
かなり良い商品になっているかと思います。
WH-1000XM4 から買い替える価値があるかと言えば
使い方によって変わってきますね。

ノイキャンや音質に関しては良くはなっているものの
買い替える程の劇的な違いは無いかと思います。
もちろん少しでも良いものが欲しいという人は別ですが。

個人的に買い替えても良いかなというケースとして
まずは外音取り込み機能を利用することが多い人ですね。
これに関しては明らかな差があります。

あとはリモートやテレワークなどで
通話機能を利用される場合になるでしょうか。
静かな場所であれば買い替えまではしなくても良いかもですが
人の話し声などがある騒音下で利用されるという場合は
相手側が劇的に聞きやすくなるのでオススメになります。

逆にケースに入れての持ち運びが多い場合は
携帯性を重視するなら 前機種の WH-1000XM4 を
購入するのがオススメかもしれません。

販売価格帯については
 WH-1000XM5約45,000円(税込)
 WH-1000XM4約38,000円(税込) となっているので
好みや使用する状況に合わせて御検討下さい。

とうことでノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホン
WH-1000XM5 を宜しくお願い致します。
 

 


WH-1000XM5ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM5 (ブラック/プラチナシルバー)
ソニーストア販売価格:49,500円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(4,500円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイズキャンセリング性能が更に進化したワイヤレスヘッドホン


WH-1000XM4ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM4 (ブラック/プラチナシルバー)
ソニーストア販売価格:41,800円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,800円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音には静寂が要る。研ぎ澄まされた高音質を業界最高クラスノイキャンで

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4 の特徴や前機種との違い


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

 

新モデル『WH-1000XM5』は全方位でパワーアップした
新時代のためのヘッドホンとなっています。
その開発にどんなこだわりがあったのかを、
開発の中核メンバーたちが紹介しています。

WH-1000XM5 開発者インタビュー
WH-1000XM5 開発者インタビュー

 

その他、ソニーのヘッドホンにつきましては
ヘッドホン公式サイトで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン 公式
ソニー ヘッドホン 公式

 

ソニーは、業界最高クラス※1のノイズキャンセリング性能を更に進化させたBluetooth®対応のワイヤレスヘッドホン『WH-1000XM5』を発売します。

 

関連リンク:ソニーのヘッドホンの最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM4 の特徴と前機種との違い
関連マンガ:ウォークマン NW-WM1ZM2 と NW-WM1AM2 にオススメのヘッドホン
関連マンガ:ソニーの耳を塞がない完全ワイヤレスイヤホン LinkBuds WF-L900 の実機レビュー
関連マンガ:ソニーのノイキャン対応の重低音が楽しめるヘッドホン WH-XB910N
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-C500 の特徴や違いを実機レビュー
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM4 の特徴と前機種との違い