ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800の特徴や WF-1000XM3との違い

ソニー h.earシリーズの完全ワイヤレスイヤホン WF-H800 が2020年2月29日に発売、WF-1000XM3との違い

ソニー 完全ワイヤレス WF-H800 はDSEE HXを搭載、片側だけの使用や動画視聴時の遅延も低減

ソニー WF-H800 と WF-1000XM3 の音質の違い、どちらのモデルも高感度な6mmドライバーを搭載

完全ワイヤレス WF-H800 と WF-1000XM3 の大きさの違い、付属のイヤーピースの違い

ソニー WF-1000XM3 と WF-H800 のバッテリー持続時間の違いを比較、操作ボタンの違い

WF-1000XM3 と WF-H800 の充電ケースの大きさの比較、USB Type-C端子を搭載

WH-H800 はスマホ向けアプリ Headphone Connect対応により各種設定が可能、イコライザー

WH-H800 の音質モード、DSEE HXの設定の仕方。ボタンのカスタマイズ、自動電源オフ

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800 のオシャレなカラバリ、付属品の紹介

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800 と WF-1000XM3 の違いのまとめ、選ぶポイント

ソニーから完全ワイヤレスイヤホンの新商品 WF-H800 が
2020年2月29日(土)に発売となっています。

完全ワイヤレスといえばノイズキャンセリング機能搭載の
WF-1000XM3 が大人気となっていますが
WF-H800 はノイズキャンセリング機能が非搭載となっていて
その代わりに小型軽量化がされカジュアルなデザインとなり
価格帯も若干お求め安くなっています。
 

WH-1000XM3は高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1に
内蔵となっているDACやヘッドホンアンプが音質の向上を
実現していますが WF-H800 でも十分音質は良いですね。

WF-H800 と WF-1000XM3 を聴き比べてみると
DACやアンプの違いで解像感などに違いがあるかもしれませんが
完全ワイヤレスということで地力がそれ程高くないため
そこまで見劣りするといった感じはしないと思います。

WF-1000XM3 の方が特に低域が出ている感じがしましたが
この辺りはハウジングの大きさ等の違いもあるかもしれません。
とりあえず WF-1000X と WF-1000XM3 の違いに比べたら
WF-H800 と WF-1000XM3 の違いなんか微々たるものですよ。
 

ただし WF-1000XM3 と WF-H800 では仕様や付属品的に
そこそこの違いがあるのに 3,800円+税の価格差なので
自分のような仕様重視的な考えがあると悩ましいですね。

だって トリプルコンフォートイヤーピース 3サイズを
別売で購入したら、それだけで約4,000円もするんですよ!?
更にノイキャン機能付や充電ケースの容量が3倍とかなると
何だか WF-1000XM3 がお得に思えちゃいませんか?

そんなことを考えると、ちょーっと悩ましいので
WF-H800 の価格帯はもう一声欲しかったところです。
(悩ましい時点で良いポイントを突かれていますよね・・・)
追記:WF-H800 は後日に2,000円の値下げを致しました。
 

でもまぁ 完全ワイヤレスイヤホンということで
装着性やデザイン、携帯性を重視する人も多いので
WF-H800 の登場で選択肢が増えたのは間違いありません。
特に女性には WF-1000XM3 より人気が出そうな気がします。

どちらを選ぶかのポイントとしては
 1. ノイズキャンセリング・外音取り込み機能の有無
 2. デザイン、装着性、携帯性の違い
といった優先順位になるでしょうか。
後は充電ケースの容量、音質、価格帯(コスパ)あたりの
違いからの選択になるかと思います。

ということで、ソニーの h.eare シリーズの
完全ワイヤレスイヤホン WF-H800 を宜しくお願い致します。
 

ハイレゾ相当の高音質で楽しめるh.ear シリーズ
完全ワイヤレス型ヘッドホン『WF-H800』発売

 –> ソニーは、小型・軽量ながら、ストリーミングサービスの音楽や
  動画などさまざまなコンテンツをハイレゾ相当の高音質と
  優れた接続性で楽しめる、Bluetooth対応ワイヤレスステレオヘッドセット
  h.ear in 3 Truly Wireles 『WF-H800』を発売します。

 

 

 


WF-H800h.ear in 3 Truly Wireles
WF-H800  2020年2月29日発売

ソニーストア販売価格:20,000円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,000円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音が、毎日を彩る。完全ワイヤレスに、ハイレゾ級高音質


WF-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングステレオイヤホン
WF-1000XM3

ソニーストア販売価格:25,880円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,588円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音には、静寂が要る。完全ワイヤレスに、業界最高クラスノイキャン

関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 の特徴と前機種との違い
関連マンガ:ソニー WF-1000XM3 実機レビュー、完全ワイヤレスイヤホンの決定版


WF-XB700ワイヤレスステレオヘッドセット
WF-XB700  2020年6月6日発売

ソニーストア販売価格:15,000円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,500円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

完全ワイヤレスに、迫力の重低音を。雨や汗に強い防滴性能

関連マンガ:ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700 の特徴や WF-H800 との違い


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

ちょっとやそっとじゃ耳から外れないのですが
やっぱり紛失してしまうのが怖いといった人は
ソニーストアで購入時は『紛失あんしんサービス』の
選択が可能となっています。

サービス料は1年間で1,000円+税となっていて
完全ワイヤレスイヤホンの片方を無くしてしまった場合は
紛失保障費用の5,000円+税をお支払い頂くことで
無くした片側の新しいものを用意してくれます。
(片側紛失時の修理申し込みは通常13,000円+税かかります)
興味がある人は、こちらから御参照下さい。

完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス
完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス

 

WF-H800 特設サイト

iri × WF-H800|LOVE MUSIC
iri × WF-H800|LOVE MUSIC

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニーのワイヤレスイヤホン WI-1000XM2 の特徴や前機種との違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスヘッドホン WH-H910N と WH-H810 の特徴や違い
関連マンガ:ソニーのノイキャン対応の重低音が楽しめるヘッドホン WH-XB900N
関連マンガ:ソニーのモニターヘッドホン MDR-M1ST の実機レビュー&先行展示
関連マンガ:ソニーから USB Type-C 接続が可能なイヤホン STH50C が発売
関連マンガ:ソニーからお求め安いワイヤレスイヤホン WI-C310 と WI-C200 が発売
関連マンガ:ソニーから耳を塞がないワイヤレスイヤホン SBH82D が発売
関連マンガ:ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-C600Nを御紹介
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900の発売前の実機レビュー
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売

 

ソニー製品情報・ストア