ソニーから5G対応のポータブルデータトランスミッター PDT-FP1 が発売

ソニーから5G対応のポータブルデータトランスミッター PDT-FP1が発売 PDT-FP1とXperia 5 Vのサイズや質量の違い ポータブルデータトランスミッター PDT-FP1のスペックとアンテナ PDT-FP1はデュアルSIM対応ですがキャリア同時接続は非対応 データートランスミッター PDT-FP1のバッテリー容量と持続時間 PDT-FP1は外部モニターやライブ配信が可能 PDT-FP1は各種転送用アプリで快適なワークフローを実現 PDT-FP1とXperiaなどのスマートフォンとの違い

ポータブルデータトランスミッター PDT-FP1が発売

ソニーから5G通信対応のポータブルデータトランスミッター
PDT-FP1 が2024年3月22日(金)に発売となりました。

この商品はカメラをネットワークに接続するためのデバイスで
5G通信によってクラウドストレージやFTPサーバーに
静止画や動画の転送やライブストリーミングが可能となります。

どういった利用用途になるかといえば
遠隔地にいるカメラマンが撮影した静止画や動画を
リアルタイムで転送することによって
離れた場所にいる編集者等がリアルタイムで
静止画の選定や動画の編集や配信が可能となる訳ですね。

なのでスピードが重要な報道系や放送・メディア系などで
利用されることを目的とした商品となっています。
あとは個人用としてはライブストリーミング用にもオススメですね。
 

ただ PDT-FP1 で出来ることは基本的には
Xperiaなどのスマートフォンでも可能ということで
どこが違うのといったところがポイントになる商品ですね。

ちなみに上記のような使用を目的としたスマートフォンとして
『Xperia PRO』(XQ-AQ52)というモデルがあるのですが
『Xperia PRO』の後継機をカメラ用に特化をしたら
PDT-FP1 になったという感じでしょうか。
 

ソニー公式『PDT-FP1』商品情報
ソニー公式『PDT-FP1』商品情報

 

PDT-FP1 と スマートフォンの違い

まずはザックリとした紹介ですが PDT-FP1 は
カメラとの接続に特化をした商品ということで
スマートフォンのように限界まで薄く軽くする必要がなく
パーツや設計に余裕ができるのがポイントとなります。

その結果、通信性能を高めるためのアンテナ構造ができたり
冷却ファンとヒートシンクの搭載による熱対策、
充実した接続端子やカメラとの連携に適した形状等を実現しています。
この辺りに関しては後述で もう少し詳しく御紹介致します。

ちなみにスペックとして基本的な部分は
Xperia 5 V SIMフリーモデルと同等となっていたりしますよ。
※Xperia 5 V はミリ波は非対応など対応バンドは異なります

モデル PDT-FP1 Xperia 5 V
(SIMフリーモデル)
OS Android 13
SIM SIMフリー/デュアルSIM対応 (nano SIM + eSIM)
ディスプレイ 約6.1インチ 有機EL / Full HD+ (1080×2520)
CPU Snapdragon 8 Gen 2 Mobile Platform
内蔵メモリー RAM 8GB/ROM 256GB
外部メモリー microSD/microSDHC/microSDXC(最大1TB)対応
バッテリー容量 5000mAh
外形寸法 約 幅80×高さ170×厚さ26.6 mm 約 幅68×高さ154×厚さ8.6 mm
重量 約308g 約182g

 

ということで基本的なスペックは同等ですが
サイズや重さは結構な違いがあったりしますね。

その他、PDT-FP1 は通話機能やカメラ機能が非搭載だったり
おサイフケータイなどの余計なもの?は省かれています。
ちなみに PDT-FP1 にもカメラっぽいのが搭載されていますが
QRコード等を読み込むための2Dコードスキャナーとなっています。
 

国内外の 5G ミリ波帯やSub6通信など幅広いバンドに対応

PDT-FP1 は一般的な 5G Sub6通信に加えて 5Gミリ波帯にも対応で
スタンドアローン方式の 5Gやローカル 5Gなどの幅広いバンドに対応し
対応バンドであれば国内はもちろん国外でも使用することが可能です。
※もちろん使用するためのSIMが別途必要となります

また nanoSIM と eSIM のデュアルSIMに対応となっていて
設定をしておけば繋がりやすい回線を自動的に選択し
SIMを切り替えてデータを転送することが可能です。
(データSIM自動切替の設定をすることで対応します)

ただしキャリア同時接続(ボンディング)には非対応なので
切り替わる瞬間は転送が止まったりしますよ。
 

PDT-FP1 とスマートフォンとの違いのひとつとして
通信性能を高めるためのアンテナ構造と配置を実現しています。
これにより最大速度の出るエリアが広くなったり
通信可能なエリアも広くなっています。

最初の方で報道系や放送・メディア系などでは
スピードが重要と言っていましたが
そのためには回線速度や安定した接続が重要ということですね。
 

5Gミリ波は直進的な特徴を持っているので
アンテナがしっかりと向いていないと通信効率に影響がでます。
その為のアンテナ構造にもなっていたりしますね。

またそういった理由から5Gミリ波を受信している方向や
通信のデータ送受信速度を可視化できる
「Network Visualizer」というアプリも搭載しています。
 

冷却ファンとヒートシンクによる耐熱性能

スマートフォンを使っていると熱くなって
パフォーマンスが落ちるといったことがあるかと思いますが
PDT-FP1 は熱対策として大きめサイズの冷却ファンや
ヒートシンクを搭載した冷却構造となっていて
最大40度(ソニー調べ)の環境でも熱遮断を防ぐことが可能です。

冷却ファンの動作モードは『冷却優先』、『静音優先』、
『オート(バランス)』の3種類が用意されていて
撮影状況に応じて選択して頂くことが可能ですよ。

ほとんどのスマートフォンは冷却ファンは非搭載で
搭載しているモデルに関してもファンのサイズが小さいので
ここに関してもスマートフォンとの違いのひとつとなります。
 

充実した接続端子と本体形状

PDT-FP1 は LAN端子(1000BASE-T対応)、HDMI端子(タイプA)、
USB Type-C 端子×2(データ転送用 / チャージ用)を搭載しているので
スマートフォンとは違いアダプター無しで充実の端子が使用可能です。

逆に言えばアダプターを使えばスマートフォンでも接続は可能ですが
内蔵だからこその使い勝手の良さに違いがあるのではないでしょうか。

LAN端子を搭載したカメラ(α1 や α9シリーズ)や
USB-LANアダプターに対応したカメラとLAN接続による有線接続で
確実な映像の転送が可能となります。

また HDMI端子に接続してのライブ配信を行ったり
カメラの外部モニターとして使用することも可能です。
外部モニター機能としてゼブラやピーキングなどの表示等にも対応です。

USB Type-C 端子はデータ転送用とチャージ用の2個があるので
データを転送しつつ電源の供給をすることが可能となっていますよ。
 

それと PDT-FP1 は本体背面にカメラや三脚などに搭載できるように
1/4インチのネジ穴を搭載となっています。
またストラップホールを搭載となっていてストラップはもちろん、
ケーブル抜けを防止するアクセサリー等を利用して頂くことも可能です。
 

ソニー純正の転送用アプリによる簡単・快適なワークフロー

ソニー純正の転送用アプリによる簡単・快適なワークフローが可能です。

Creators’ App
一般向けのアプリとなっていて
カメラから撮影した写真・動画を簡単に転送することが可能で
リモコンとしてカメラの操作も可能となります。

ソニー公式:Creators’ App について
 

Creators’ App for Enterprise
放送局などで使用されることを目的としたアプリで
カメラで撮影した写真や動画などを内部ストレージに保存しつつ
クラウドに転送することが可能です。
法人向けで月額82,500円(税込)~が必要となり対応しているカメラも
Cinema Line などのプロフェッショナルカムコーダーとなります。

ソニー公式:Creators’ App for Enterprise について
 

Transfer & Tagging
プロカメラマン向けのアプリとなっていて
カメラから静止画を取り込んでFTP転送が可能で
タグ・キャプションの高速付与にも対応です。

ソニー公式:Transfer & Tagging について
 

尚、上記のアプリは PDT-FP1 用の特別なものでは無く
スマートフォンなどでも利用することが可能となっています。
 

Camera Wired Connection
PDT-FP1 のプリインストールアプリとして
『Camera Wired Connection』が用意されていて
初期設定以降はソニー製の対応カメラと有線接続をした場合に
写真や動画を指定したFTPサーバーやクラウドに
自動的に転送することが可能となり手軽で便利です。

2024年2月1日時点での対応アプリとアプリは

Transfer & Tagging (LANケーブル接続時)
 ・ILCE-1
 ・ILCE-9M3
 ・ILCE-9M2

Creators’ Cloud for Enterprise (C3Portal) (USBケーブル接続時)
 ・MPC-2610 (BURANO)
 ・PXW-FX9
 ・ILME-FX6
 ・PXW-X400 (X580)
 ・PXW-Z450 (Z580)
 ・PXW-Z750
 ・PXW-Z280
 

ポータブルデータトランスミッターのザックリまとめ

ポータブルデータトランスミッター PDT-FP1 で出来ることは
スマートフォンでも基本的に出来るということで
一般の人にはあまり必要ではない商品だと思いますが
報道系や放送・メディア系などの業務用で使用するには
スマートフォンよりオススメになるかと思います。

業務用で使用されるものとして有名どころで
他社製の『Live-U Solo Pro』といった商品がありますが
PDT-FP1 は『Live-U Solo Pro』とスマートフォンの間に入る
商品になっているかと思います(スマートフォン寄りですが)

カメラの周辺機器として使用する場合は
専用で使用するのでスマートフォンのような機能は必要ないですし
価格帯も抑えられているかと思います。
実際、同じような目的用に発売された『Xperia PRO』(XQ-AQ52)
229,900円(税込)となっていましたが
PDT-FP1 はメーカー希望小売価格が159,500円(税込)なので
それを考えると導入がしやすくなっているのではないでしょうか。

他社製の似たような商品でも20万円以上したりするので
それを考えても PDT-FP1 は結構お手頃なのかなと思ったり。

ということでソニーのポータブルデータトランスミッター
PDT-FP1 を宜しくお願い致します。
 


PDT-FP1ポータブルデータトランスミッター
PDT-FP1  2024年3月22日発売

ソニーストア販売価格:159,500円(税込)
10%OFFクーポン適応時:143,550円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア

高速・低遅延映像伝送を実現する、5G対応の無線通信機器。
プロが求める高速かつ安定した通信と、シンプルな操作性を実現


 

ソニーストアで PDT-FP1 を お得に購入する方法

はじめに

下記の特典等を利用するのにはMy Sony ID が必要になります。
My Sony ID はソニーの無料会員プログラム『My Sony』に
入会をすることで取得が可能となっています。

My Sony ID はソニー公式のキャッシュバックキャンペーンへの応募や
ソニー製品全般でのカスタマー登録等にも利用しますので、
お持ちで無い方は、この機会にぜひ登録をオススメいたします。
※ソニーのユーザー登録のようなもので、会費は必要ありません。

ソニー公式:My Sony について
 

10%割引して購入する方法

ソニーの無料会員プログラム『My Sony』に新規登録すると
Welcomeクーポンとして『10%OFFクーポン』が発行されますので
クーポンを利用することで対象の商品を購入時に10%安く購入が可能です。
既会員の方は定期クーポンにて『10%OFFクーポン』が貰えます。
※新規の方はリンク先のページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

ソニー公式:ソニーストアのクーポンについて
 

ソニーストアで購入すると・・・

PDT-FP1 145,000円
10%OFFクーポン -14,500円
合計金額 (税別) 130,500円
消費税 (10%) 13,050円
商品代金 (税込) 143,550円
送料 +550円

ボーナスクーポン等をお持ちの方は更に割引しての購入が可能です!

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会が
    2024年4月3日(水)の10時まで開催となっています。

    エントリーするだけで即座に抽選が行われて
    翌日の昼過ぎ以降』に使用が可能となる最大10万円分の
    ソニーストアお買い物券がプレゼントとなりますよ。
    (ソニーストア直営店では当日の利用が可能)

    もれなく上記商品を購入時に使用することができる
    3,000円~10,000円 のお買い物券が貰えます。


    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会 2024年

    ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会 2024年

    関連マンガ:最大10万円分のソニーストアお買い物券が当たるラッキー抽選会が開催【2024年分】
     

    その他にも お支払方法次第で
     ・Sony Card や Sony BANK WALLET なら更に3%割引
     ・d払いで毎週金・土曜日は最大4%のdポイントが貰える
     ・楽天ペイで楽天ポイントが貯まる・使える
    など、更にお得になりますよ。

    ソニーストアでの累計購入金額が25万円以上のお客様は
    送料が無料になるクーポンが御利用可能となります。
    ※累計金額達成以降の定期クーポン発行時より。
     

    SRS-XV500 のソニーストアでの御確認はこちらから

    ソニーストア直営店(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡天神)で
    購入時は店舗番号『2026001』をお伝えいただければ
    当店からの紹介としてカウントされますので御協力頂ければ幸いです。
     

     

    デジタル一眼カメラ“α”につきましては
    ソニー公式ページにて御確認をお願い致します。

    ソニーのデジタル一眼カメラ“α”公式ページ
    ソニーのデジタル一眼カメラ“α”公式ページ

     

    ソニーは、高速・低遅延映像伝送を実現する5G対応のポータブルデータトランスミッター『PDT-FP1』を発売します。本機は、報道写真や放送映像制作など、撮影から納品、放送や配信までスピードが求められる現場で活用する無線通信機器です。

     

    関連リンク:α(アルファ) の最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α9III』 ILCE-9M3 の特徴や他モデルとの違い
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α7CR』 ILCE-7CR の特徴や 『α7R V』との違い
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α7C II』 ILCE-7CM2 の特徴や他モデルとの違い
    関連マンガ:ソニーのAPS-C ミラーレス一眼カメラ 『α6700』 ILCE-6700 の特徴や前機種との違い
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α7R V』 ILCE-7RM5 の特徴や他モデルとの違い
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α7IV』 ILCE-7M4 の特徴や前機種との違い
    関連マンガ:ソニーのミラーレス一眼カメラ 『α1』 ILCE-1 の特徴や他モデルとの違い
    関連マンガ:ソニーのデジタル一眼カメラ『α』の修理代金や修理の申し込み方法について