ソニーの防水&ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N が発売、ノイズキャンセリングと防水・防塵性能を両立

ソニー WF-SP800N はアークサポーター形式。WF-1000XM3とWF-SP900の大きさの違い

ソニー 完全ワイヤレス WF-SP800N はWF-1000XM3と同様にBluetooth 左右同時伝達方式を採用

WF-SP800N はノイズキャンセリング機能や外音取り込み機能、クイックアテンションモードに対応

ソニー WF-SP800N はタッチセンサーを搭載、充電機能を搭載した専用ケースが付属

完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N のバッテリー持続時間の紹介。急速充電にも対応

Sony WF-SP800N はスマホなどで使える専用アプリ Headphones Connect に対応です

WF-SP800N は行動や場所を検出して自動で最適なモードにするアダプティックサウンドコントロールに対応

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N は専用アプリでイコライザーの設定が可能

防水・防塵性能によるスポーツ向け完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N と WF-SP700Nの違いまとめ

ソニーから防水・防塵性能とノイズキャンセリングを両立した
スポーツなどのシーンにもオススメの完全ワイヤレスイヤホン
WF-SP800N が2020年6月27日(土)に発売となっています。

WF-SP700N の後継モデルとなっているのですが
各種性能や機能が格段に良くなっていますよ。
その中でも個人的には音質とバッテリー持続時間の向上が
注目ポイントだと思います。

WF-SP800N と WF-SP700N の性能や機能的な違いは
情報をみて何となく分かるかと思いますが
音質に関しては、ぜひ実機で聴き比べて見て下さいね。
音質の違いを認識した瞬間に性能や機能の差と相まって
WF-SP700N をお持ちのお客様は欲しくなると思うので
その点は御注意?ください。
 

WF-SP800N のノイズキャンセリング性能や音質に関しては
WF-1000XM3 には及ばないまでも高い水準となっていて
防水・防塵性能やアークサポーターによる装着性の高さにより
スポーツなどアクティブなシーンで使用する場合は
WF-SP800N の方が断然オススメになるかと思います。
 

先程、ちょっと言っていましたが本体だけでの
バッテリー持続時間が結構スゴイことになっていますよ。

ノイズキャンセリング機能 ON時のバッテリー持続時間は
 WF-SP800N:最長 9時間(充電ケースに1回分(+9時間))
 WF-1000XM3:最長 6時間(充電ケースに3回分(+18時間))
 WF-SP700N:最長 3時間(充電ケースに2回分(+6時間))
ということで次点の WF-1000XM3 の1.5倍の長さです。

でもってノイズキャンセリング機能 OFF時では
 WF-SP800N:最長 13時間(充電ケースに1回分(+13時間))
 WF-1000XM3:最長 8時間(充電ケースに3回分(+24時間))
 WF-XB700:最長 9時間(充電ケースに1回分(+9時間))
 WF-SP700N:最長 3時間(充電ケースに2回分(+6時間))
ということで次点の WF-XB700 より4時間も長いですね。

充電ケース込みだとWF-1000XM3の方が長いのですが
本体だけでの長さが伸びているのがスゴイかと。
 

とまぁ ソニーの完全ワイヤレスイヤホンの現行モデルは
5機種になるかと思いますが、それぞれに特徴があるので
比較的選びやすいかと思います。

かなりザックリとまとめると
 WF-SP800N:スポーツなどアクティブなシーン向け
 WF-SP900:水泳用、内蔵メモリーが欲しい人向け(音質は低)
 WF-XB700:お求め安さや低音重視、アクティブなシーン向け
 WF-1000XM3:ノイキャン性能&音質重視
 WF-H800:お求め安さと音質やデザイン性を重視の人向け
といった感じでしょうか。
 

ソニーの完全ワイヤレスイヤホンを購入時に使える
最大10,000円分のキャッシュバッククーポンが当たる
音ロト チャレンジ キャンペーンが
2020年7月27日(月)まで開催となっています。

このキャンペーンは対象商品を購入する前でも抽選が可能で
抽選を行なっても購入義務はありませんので
例えば抽選をして1万円が当たったら対象商品を購入し
500円の当選だったら買わないという選択でも全然OKです。

なので購入しようと思っている人はもちろん、
完全ワイヤレスイヤホンが欲しいけど
そこまで購入する気が無いという人も
ぜひチャレンジしてみてくださいね。

ソニー 完全ワイヤレスイヤホン 音ロト チャレンジ キャンペーン
ソニー 完全ワイヤレスイヤホン 音ロト チャレンジ キャンペーン

関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホンを購入で最大1万円のキャッシュバック
 

ということで、ソニーの完全ワイヤレスイヤホン
WF-SP800N を宜しくお願い致します。
 

防水・防塵性能とノイキャンを両立したスポーツ向け
『WF-SP800N』などワイヤレスヘッドホン4機種発売

 –> ソニーは、さまざまなスポーツシーンで使える防水・防塵性能と
ノイズキャンセリング機能を両立し、重低音を楽しめる完全ワイヤレス型
『WF-SP800N』など、Bluetooth技術対応ワイヤレスヘッドホン4機種を発売します。

 

 


WF-SP800Nワイヤレスステレオヘッドセット
WF-SP800N  2020年6月27日発売

ソニーストア販売価格:26,400円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,400円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイキャンも重低音もあきらめない。防水対応スポーツモデル


WF-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングステレオイヤホン
WF-1000XM3

ソニーストア販売価格:28,468円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,588円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音には、静寂が要る。完全ワイヤレスに、業界最高クラスノイキャン

関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 の特徴と前機種との違い
関連マンガ:ソニー WF-1000XM3 実機レビュー、完全ワイヤレスイヤホンの決定版


WF-H800h.ear in 3 Truly Wireles
WF-H800

ソニーストア販売価格:22,000円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,000円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

いい音が、毎日を彩る。完全ワイヤレスに、ハイレゾ級高音質

関連マンガ:ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800の特徴や WF-1000XM3との違い


WF-XB700ワイヤレスステレオヘッドセット
WF-XB700  2020年6月6日発売

ソニーストア販売価格:16,500円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(1,500円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

完全ワイヤレスに、迫力の重低音を。雨や汗に強い防滴性能

関連マンガ:ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700 の特徴や WF-H800 との違い


WF-SP900ワイヤレスステレオヘッドセット
WF-SP900

ソニーストア販売価格:29,568円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(2,688円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

さらなる自由へ解き放つ。防水・メモリー搭載 アクティブワイヤレス

関連マンガ:ソニーの防水・防塵・メモリー搭載の完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-SP900の発売前の実機レビュー


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

ちょっとやそっとじゃ耳から外れないのですが
やっぱり紛失してしまうのが怖いといった人は
ソニーストアで購入時は『紛失あんしんサービス』の
選択が可能となっています。

サービス料は1年間で1,100円(税込)となっていて
完全ワイヤレスイヤホンの片方を無くしてしまった場合は
紛失保障費用の5,500円(税込)をお支払い頂くことで
無くした片側の新しいものを用意してくれます。
(片側紛失時の修理申し込みは14,850円(税込)程かかります)
興味がある人は、こちらから御参照下さい。

完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス
完全ワイヤレス型ヘッドホン 紛失あんしんサービス

 

その他 ソニーのヘッドホンに関しての情報は
公式ページで御確認をお願い致します。

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 

関連マンガ:ソニーがスポーツ向けのお求め安いワイヤレスイヤホン WI-SP510 を発売
関連マンガ:ソニーのワイヤレスイヤホン WI-1000XM2 の特徴や前機種との違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスヘッドホン WH-H910N と WH-H810 の特徴や違い
関連マンガ:ソニーのノイキャン対応の重低音が楽しめるヘッドホン WH-XB900N
関連マンガ:ソニーのモニターヘッドホン MDR-M1ST の実機レビュー&先行展示
関連マンガ:ソニーから USB Type-C 接続が可能なイヤホン STH50C が発売
関連マンガ:ソニーからお求め安いワイヤレスイヤホン WI-C310 と WI-C200 が発売
関連マンガ:ソニーから耳を塞がないワイヤレスイヤホン SBH82D が発売
関連マンガ:ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WI-C600Nを御紹介
関連マンガ:イヤホンジャックが無くなったスマホ向けのヘッドセット SBH90C
関連マンガ:スポーツやアウトドア向けのソニーのワイヤレスイヤホン 新製品3モデル
関連マンガ:ソニーから左右独立型 ワイヤレスヘッドホン WF-SP700Nなどが発売

 

ソニー製品情報・ストア