ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズの特徴と他モデルとの違い

ソニーの4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズの特徴や違いをレビュー BRAVIA X80Kシリーズの高画質機能の紹介 BRAVIA X80Kシリーズは倍速駆動パネル非搭載 ブラビア X80KシリーズとX90Kシリーズの画質の違い BRAVIA X80Kシリーズのスピーカーの違い BRAVIA X80Kシリーズはドルビーアトモアスに対応 BRAVIA X80Kシリーズは Google TV機能を搭載 BRAVIA X80Kシリーズはスマートフォンとの連携も可能 BRAVIA X80Kシリーズは 4K/120fps非対応 BRAVIA X80KシリーズとX85Kシリーズの音響や機能の違いのまとめ BRAVIA X80Kシリーズのスタンド位置は固定で壁掛けは可能 ソニーストアで BRAVIA X80Kシリーズをお得に購入

4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズ

ソニーの4K液晶テレビ X80Kシリーズが
2022年7月9日(土)以降に順次発売となっています。

画面サイズは5種類が用意されていて
 KJ-X75X80K(75v型):2022年7月9日(土)発売
 KJ-X65X80K(65v型):2022年7月9日(土)発売
 KJ-X55X80K(55v型):2022年9月24日(土)発売
 KJ-X50X80K(50v型):2022年7月9日(土)発売
 KJ-X43X80K(43v型):2022年7月9日(土)発売
となっています。

X80Kシリーズは X80Jシリーズ(2021年モデル)の
後継的な位置づけのモデルとなっていて
X80Jシリーズはカタログに載っていない
ネット販売向けのシリーズとなっていましたが
今回の X80Kシリーズはカタログに掲載されています。

その代わりに X80WKシリーズというのが出てきて
そちらはカタログに非掲載のシリーズとなっています。
X80Kシリーズとの違いはハンズフリー音声検索に
対応していないのとスタンドの色が異なるだけで
その他の仕様はまったく同じモデルとなっています。

でもって上記の違いだけで X80WKシリーズは
X80Kシリーズと比べて 75V型と65V型が約2万円
55V型、50V型、43V型が約1万円お求め安くなっています。

2022年モデルの違いや2021年モデルとの違いは
こちらを御参照下さいね。
関連マンガ:どれを選べば良い?ソニーのテレビ BRAVIA 2022年モデルの特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X95Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X90Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X85Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
現在閲覧中:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80WKシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A95Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A80Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A90Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2022年モデルが登場、2021年モデルとの違いをザックリ紹介
 

BRAVIA X80Kシリーズの画質について

プロセッサーは従来の『HDR X1』を搭載となっていて
これでも一般的なテレビと比べれば割と上位だったりします。
4K映像へのアップコンバートや HDRリマスターにより
高精細&高コントラストな映像を楽しむことが可能です。

X80Kシリーズと X85Kシリーズの画質面での違いは
倍速駆動パネルと Motionflow XR240 の有無となり
X85Kシリーズは残像感を低減し滑らかな表示が可能です。

画面が大きくなる程、残像感を感じやすくなるので
本来は75V型や65V型には欲しい機能なのですが
X85Kシリーズには大型サイズのモデルが無いので
その辺りの選択肢の無いところが残念なところです。

ちなみに X90Kシリーズや X95Kシリーズになると
段違いで高画質になっていますよ。
Mini LEDや直下型LED部分駆動を採用していたり
認知特性プロセッサー「XR」によって
何から何まで上位といった感じになっています。
 

BRAVIA X80Kシリーズの音響について

音響面では「X-Balanced Speaker Unit」という
非対称形のスピーカーユニットを2基搭載となっていて
音の歪みを低減しクリアな高音質を実現しています。
実用最大出力は 20W(10+10)ですね。

音響面でも X90Kシリーズや X95Kシリーズ は
アコースティック マルチ オーディオを採用していて
画面上部にサウンドポジショニング トゥイーターを
搭載することで音の定位感を大幅に向上させています。
(X95Kシリーズに至ってはサブウーファーも搭載です)

まぁまぁまぁ 画質面は後から補強はできませんが
音響面ではホームシアターシステムなどで強化ができるので
シリーズを選ぶ際の優先順位は低いかと思います。

ただし X90Kシリーズと X95Kシリーズ では
ソニー製の対応のホームシアターシステムと接続して
センタースピーカーとして使用できるようになる
「アコースティック センター シンク」機能を搭載です。
(専用のS-センタースピーカー入力端子を搭載)
センタースピーカーとしてテレビからも音が出るため
定位感が向上し、より臨場感のある体験が可能になります。
 

BRAVIA X80Kシリーズの機能について

X80Kシリーズは Google TV機能を搭載しているのも
大きな特徴となっていて様々なアプリを楽しむことが出来ます。
特にスマートフォンで見ていた動画配信サイトなどを
手軽に大画面&高画質で見ることが出来るのが良いですよね。

リモコンに「Hulu」「Netflix」「U-NEXT」「Prime Video」
「ABEMA」「Disney+」「YouTube 」「My BRAVIA」ボタンが
搭載されているのでワンプシュでアプリを起動することも可能です。

あとは外付けHDDへの2番組同時録画に対応していたり
「Works with Google アシスタント」や「Amazon Alexa」
「Chromecast built-in」や「Apple AirPlay 2」に
対応しているなど便利に使って頂くことも可能です。
 

機能面で注意したいポイントとしては
X80Kシリーズは HDMI2.1に規定される機能となる
4K/120fps、VRR に非対応となっているところです。
(eARC と ALLM は X80Kシリーズも対応です)

X80Kシリーズも PlayStation 5との連携機能として
オートHDRトーンマッピングとコンテンツ連動画質モードに
対応となっていますが PS5 を楽しみたい人は
4K/120fps、VRR に対応している X85Kシリーズを
選んでおきたいところでしょうか。

4K/120fps対応コンテンツが少ないですがテレビ自体は
何年も使うので先を見越しておきたいところです。
 

X80Kシリーズは外付けカメラの BRAVIA CAM (別売)に
対応となっています(A95Kシリーズのみ付属です)
BRAVIA CAM を接続することでリモコンを触らなくても
チャンネル操作・再生操作・音量などを
ジェスチャーをするだけで操作することが出来たりします。

他にも自動で画面の明るさや音場を補正したり
子供がテレビを近すぎる位置で視聴しないように警告したり
『Google Duo』によるビデオチャットが可能になったりします。
 

BRAVIA X80Kシリーズのザックリまとめ

2022年モデルではカタログ掲載の X80Kシリーズと
カタログ非掲載の X80WKシリーズに分かれていますが
ネット経由で購入するなら X80WKシリーズで良いと思うので
X80Kシリーズは少し微妙なモデルとなりますね。

また75V型と65V型に関しては X85Kシリーズには
用意されていないので お手頃価格で購入しようと思うと
X80K / X80WK シリーズしか選択肢が無いので
こちらを選ぶしかないといった感じでしょうか。

正直、75V型と65V型に関して言えば
予算があれば画質も音質も段違いな X90Kシリーズを
選んで頂く方が断然オススメですね。

55V型と50V型と43V型に関して言えば
残像感を気にする人と気にしない人で分かれるところですね。
これに関しては視聴するコンテンツにもより
スポーツ観戦など動きのある番組を主に見る人と
バラエティー番組など動きの少ない番組を主に見る人で
感じ方が変わってくるかと思います。

ということですが ソニーの BRAVIA X80Kシリーズを
宜しくお願い致します。
 

 

関連マンガ:どれを選べば良い?ソニーのテレビ BRAVIA 2022年モデルの特徴や違いを御紹介
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X95Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X90Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X85Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
現在閲覧中:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80WKシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A95Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A80Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A90Kシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2022年モデルが登場、2021年モデルとの違いをザックリ紹介
 


4K液晶テレビ BRAVIA X80Kシリーズ

BRAVIA X80Kシリーズ

発売日:2022年7月9日以降順次発売

X80Kシリーズの特徴的な仕様

  • BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵
  • LEDバックライト
  • 高画質プロセッサー「HDR X1」
  • 4K X-Reality Pro
  • XR コントラストブースター非搭載
  • モーションフロー XR240 非搭載(X85Kとの違い)
  • 倍速駆動パネル 非搭載(X85Kとの違い)
  • トリルミナス プロ
  • X-Wide Angle 非搭載
  • X-Anti Reflection 非搭載
  • 4K 120fps非対応(X85Kとの違い)
  • アコースティック マルチオーディオ非搭載
     (実用最大出力:20W)
  • 3D サラウンド アップスケーリング非搭載
  • BRAVIA CORE(ネット動画)非搭載
  • Google TV機能搭載
  • ハンズフリー音声検索対応
  • HDD ダブル録画対応
  • 明るさセンサー

 
KJ-75X80K [75v型]
 ソニーストア販売価格:286,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:257,400円(税込)

KJ-65X80K [65v型]
 ソニーストア販売価格:220,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:198,000円(税込)

KJ-55X80K [55v型]
 ソニーストア販売価格:181,500円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:163,350円(税込)

KJ-50X80K [50v型]
 ソニーストア販売価格:154,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:138,600円(税込)

KJ-43X80K [43v型]
 ソニーストア販売価格:137,500円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:123,750円(税込)

10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付
基本設置サービス無償
お手持ちのクーポン次第で更にお得に購入可能

 

ブラビア X80Kシリーズ商品情報・御注文はこちらから
 


4K液晶テレビ BRAVIA X80WKシリーズ

BRAVIA X80WKシリーズ

発売日:2022年7月9日以降順次発売

X80WKシリーズの特徴的な仕様

  • BS4K/110度CS4Kチューナー内蔵
  • LEDバックライト
  • 高画質プロセッサー「HDR X1」
  • 4K X-Reality Pro
  • XR コントラストブースター非搭載
  • モーションフロー XR240 非搭載(X85Kとの違い)
  • 倍速駆動パネル 非搭載(X85Kとの違い)
  • トリルミナス プロ
  • X-Wide Angle 非搭載
  • X-Anti Reflection 非搭載
  • 4K 120fps非対応(X85Kとの違い)
  • アコースティック マルチオーディオ非搭載
     (実用最大出力:20W)
  • 3D サラウンド アップスケーリング非搭載
  • BRAVIA CORE(ネット動画)非搭載
  • Google TV機能搭載
  • ハンズフリー音声検索非対応(X80Kとの違い)
  • HDD ダブル録画対応
  • 明るさセンサー

 
KJ-75X80WK [75v型]
 ソニーストア販売価格:264,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:237,600円(税込)

KJ-65X80WK [65v型]
 ソニーストア販売価格:198,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:178,200円(税込)

KJ-55X80WK [55v型]
 ソニーストア販売価格:170,500円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:153,450円(税込)

KJ-50X80WK [50v型]
 ソニーストア販売価格:143,000円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:128,700円(税込)

KJ-43X80WK [43v型]
 ソニーストア販売価格:126,500円(税込)
 10%OFFクーポン適用時:113,850円(税込)

10%割引クーポン対応、長期保証<3年ベーシック>付
基本設置サービス無償
お手持ちのクーポン次第で更にお得に購入可能

 

ブラビア X80WKシリーズ商品情報・御注文はこちらから
 


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

長期保証サービスや分割払手数料0%、
テレビ基本設置サービスや壁掛け設置パックなど
ソニーストアでブラビアを購入するメリットなどを
ソニー公式サイトにて紹介されています。

ソニーストアでブラビアを購入するメリットなど
ソニーストアでブラビアを購入するメリットなど

 

ご自宅で実際のテレビの大きさを確認できる
実寸サイズ用紙を送付してくれるサービスもあります。
画面用紙サイズは2種類用意しておりますので、
お客様が検討されているサイズに合わせてご注文ください。

2023年4月14日までは無料で購入いただける
クーポンを贈呈となっています。

ソニー ブラビア実寸サイズ用紙 送付サービス
ソニー ブラビア実寸サイズ用紙 送付サービス

関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA の画面サイズに迷った時にオススメのサービス

 

その他、ソニーの BRAVIA につきましては
BRAVIA公式サイトで御確認をお願い致します。

ソニー BRAVIA 公式ページ
ソニー BRAVIA 公式ページ

 

関連リンク:BRAVIA の最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A90Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K有機ELテレビ BRAVIA A80Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X95Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X90Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X85Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニー 4K液晶テレビ BRAVIA X80Jシリーズの特徴と他モデルとの違い
関連マンガ:ソニーのテレビ BRAVIA 2021年モデルの特徴や 2020年モデルとの違い