ウォークマン ZX700 / A300シリーズを購入したらチェックしておきたい設定

ウォークマン ZX700シリーズとA300シリーズのオススメ設定 ウォークマン NW-ZX707とNW-A300 のいたわり充電の設定 ウォークマン NW-ZX707とNW-A300 のハイレゾストリーミングの設定 ウォークマン NW-ZX707とNW-A300 の音質設定の方法 ウォークマン NW-ZX707とNW-A300 にオススメのイコライザー設定 ウォークマン NW-ZX707とNW-A300 のバッテリー持続時間に関する設定

ウォークマン ZX700 / A300シリーズのオススメの設定

先日発売となったウォークマンの新商品
ZX700シリーズと A300シリーズを購入された方に
チェックしておきたい設定を御紹介させて頂きました。

最近の Xperia を利用されている人は
分かっておられる方が多いかと思いますが
久しぶりにウォークマンを購入された人で
設定がまだだったという人の参考になれば幸いです。

今回はバッテリーの劣化を低減する『いたわり充電』と
ハイレゾストリーミングサービスを利用する際に
忘れがちな設定の2項目のお話となっています。

他にもアンドロイドを使いやすくするための設定が
色々あると思いますが今回のウォークマンで
特に重要だと思う項目だけとなっています。
あとはついでにイコライザーの設定に関してですね。
 

バッテリーの劣化を低減する『いたわり充電』

ウォークマンの修理の申し込みで一番多いのが
やっぱりバッテリー交換だと思います。
また買い替えの理由でもバッテリーの持続時間が
短くなったのでというのが多いかと思われます。

バッテリーの劣化の要因のひとつとして
フル充電状態が続くことによる負荷がありますが
『いたわり充電』はフル充電になる前に
充電を自動的に止めてくれる機能となっています。

この機能はデフォルトでは OFF となっているので
『 設定 => バッテリー => いたわり充電 => ON 』
の手順で機能を ON にして下さいね。

バッテリーの耐久寿命を延ばして長い年月を
使って頂くためにオススメの設定となっていますので
『いたわり充電』機能は設定しておきたいですよね。
ちなみに充電しながらの使用もバッテリーに
良くないので御注意下さいね。
 

ハイレゾ ストリーミングの使用

最近ではハイレゾ音源のストリーミングサービスも
利用できるようになっている訳ですが
デフォルトの設定では最高音質では聴けないので
ハイレゾ音源で聴いているつもりでも
実は聴けていないというケースがあります。

本体の設定でハイレゾ ストリーミングが
デフォルトでは OFF となっていますので
『 設定 => 音 => ハイレゾ ストリーミング => ON 』
の手順で機能を ON にして下さいね。

配信元が 96kHz/24bit のハイレゾ音源だったとしても
これを ON にしておかないと 48kHz/16bit に
ダウンコンバートされるのでハイレゾ対応の
ストリーミングサービスを御利用の際は
忘れずに設定をしておいてくださいね。
 

ハイレゾ ストリーミングサービスと言えば
『Amazon Music HD』や『Apple Music』あたりが人気でしょうか。
ソニー系では『mora qualitas』というのがあったのですが
2022年3月29日でサービスが終了したのですよね・・・
 

ウォークマンのイコライザー設定もオススメ

ウォークマン ZX700 / A300シリーズは
10バンドのイコライザーを搭載しているので
そちらの使用もオススメとなっています。

ウォークマン A300シリーズでは
5種類のプリセットが登録してあるので
(ブライト/エキサイティング/メロウ/リラックス/ボーカル)
比較的使いやすいのではないでしょうか。
(結構クセが強めなので曲調が多種になると切り替えが必要)

でもってウォークマン ZX700シリーズはプリセットが無く
カスタムだけなので放置されている人も居られるかと思います。
ということで今回はイコライザーの設定についても
御紹介させて頂いたわけですね。
 

オススメのイコライザーの設定に関しては
ネットで検索して頂ければ色々とあるかと思います。
そんな中で今回取り上げていたのは
『Eargasm Explosion』という設定ですね。

これに関しては御来店のお客様からオススメされ
他のお客様からも好評だったので
とりあえずのお試しとしても優秀だと思います。

31 62 125 250 500 1K 2K 4K 8K 16K
+3 +6 +9 +7 +6 +5 +7 +4 +10 +8

 

ちなみに上記の設定だと音量が結構持ち上がるので
店頭のデモ用ではイコライザーの ON/OFF での音量差が
小さくなるように少し設定を下げて使っていたりします。

31 62 125 250 500 1K 2K 4K 8K 16K
0 +3 +6 +4 +3 +2 +4 +1 +8 +5

 

イコライザーを試してみて興味をもった方は
更に良く聴く曲調にあったイコライザーの設定を
見つけて頂くのも楽しいかと思いますよ。
 

良い音で聴くにはバッテリーの消耗が多くなる

ハイレゾ ストリーミングの利用や
イコライザーをはじめ DSEE Ultimate などの
音質設定を利用するとバッテリーの持続時間が
大きく減ってしまうことを知っておいて下さいね。

ハイレゾ ストリーミング ON時のバッテリー持続時間
 ・ウォークマン ZX700シリーズ:約40%減少
 ・ウォークマン A300シリーズ:約30%減少

音質設定使用時のバッテリー持続時間
 ・ウォークマン ZX700シリーズ:約50%減少
 ・ウォークマン A300シリーズ:約50%減少

Bluetooth接続時のバッテリー持続時間
 ・ウォークマン ZX700シリーズ:最大50%減少
 ・ウォークマン A300シリーズ:最大50%減少
  (高音質コーデック LDACなどが大きく減少します)
 

上記の全てを併用したりすると
バッテリー持続時間が大きく減少してしまいますので
バッテリーを長く持たさないといけない場面では
OFFにするなどの対策がオススメとなります。

あと細かいところで言えばヘッドホンが有線接続時は
Bluetoothを OFF にしたりネットワーク未使用時は
Wi-Fi を OFF にしたりするとバッテリーの持続時間が
ちょっぴり長くなったりしますよ。

あとディスプレイの表示時間が長い場合は
明るさの設定で少し暗めにするのも良いですね。

とは言うものの1日で使用する時間を考えれば
そこまで気にしなくても良いかと思います。
 

ちなみに前機種の A100シリーズの場合は
音質設定の有効だけでも約80%の減少だったりしたので
そりゃバッテリーが持たないとか言われますよね。
 

オススメ設定のザックリまとめ

バッテリーの劣化を低減する『いたわり充電』ですが
以前からソニー製品を使っておられる方には
お馴染みの機能になっているかと思います。
(前機種のウォークマンは非対応でしたが)

ハイレゾストリーミングの設定に関しても
知っている人はいいのですが知らない人は
見落としがちな設定なので御紹介させて頂きました。
せっかくハイレゾストリーミングを利用しても
実は最高音質じゃありませんでしたとなると
勿体ないですからね。
 

あとは従来のウォークマンの高音質モデルは
高音質ガイドというのがあって
エージングに関する説明があったのですが
ウォークマン ZX700シリーズでは見当たらなかったので
ここで少し紹介しておきたいと思います。

まぁまぁまぁ 詳しい説明は省きますが
搭載しているコンデンサーの特性として
約200時間使用していただくと本来持っている音質性能を
最大限発揮できるようになるということですね。

ウォークマン ZX700シリーズはステレオミニと
バランス標準接続が可能となっていますが
それぞれ(普段使用する側)で約200時間が必要です。
(最小音量では効果が無いので普段聴く音量以上で)

こだわりのある人は購入後すぐにエージング作業を
(自分では聴かずに放置)行っていたりしますね。
ちなみに使用時間はW.ミュージックアプリの
設定の下の方で表示されますので御確認下さいね。

ということですが ウォークマン ZX700 / A300シリーズを
宜しくお願い致します。
 

関連マンガ:ソニーのウォークマン ZX700シリーズの特徴や機能などを御紹介
関連マンガ:ウォークマン NW-ZX707 と前機種や NW-WM1AM2 との違いを実機でレビュー
関連マンガ:ウォークマン NW-ZX707専用レザーケース CKL-NWZX700 のレビュー
関連マンガ:ウォークマン ZX700シリーズ『NW-ZX707』にオススメのヘッドホン

関連マンガ:ソニーのウォークマン NW-A300シリーズの特徴や機能などを御紹介
関連マンガ:ウォークマン A300シリーズと前機種のA100シリーズとの違いを実機でレビュー
関連マンガ:ウォークマン A300シリーズにオススメとなる2種類の専用ケースをレビュー
 


NW-ZX707ウォークマン ZX700シリーズ
NW-ZX707 発売日:2023年1月27日
ソニーストア販売価格:104,500円(税込)
10%OFFクーポン適応時:94,050円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

フラッグシップモデルの技術を継承し、
さらなる進化を遂げたハイエンドストリーミングWALKMAN


NW-A300ウォークマン A300シリーズ
NW-A307 発売日:2023年1月27日
ソニーストア販売価格:57,200円(税込)
10%OFFクーポン適応時:51,480円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

スタミナも進化したストリーミングWALKMAN [64GB搭載モデル]


NW-A300ウォークマン A300シリーズ
NW-A306 発売日:2023年1月27日
ソニーストア販売価格:46,200円(税込)
10%OFFクーポン適応時:41,580円(税込)
長期保証<3年ベーシック>無償
お手持ちのクーポンやお支払い方法しだいで更にお得

ソニー製品情報 ソニーストア
 

スタミナも進化したストリーミングWALKMAN [32GB搭載モデル]


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会が
2024年4月3日(水)の10時まで開催となっています。

エントリーするだけで即座に抽選が行われて
翌日以降に使用が可能となる最大10万円分の
ソニーストアお買い物券がプレゼントとなります。
(ソニーストア直営店では当日の利用が可能)

抽選で当たった金額分だけウォークマンが
お得に購入することが可能となりますよ。

ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会 2024年
ソニーストアご利用感謝 ラッキー抽選会 2024年

関連マンガ:最大10万円分のソニーストアお買い物券が当たるラッキー抽選会が開催【2024年分】

 

ソニーのウォークマン A300シリーズの
初音ミク 16周年記念コラボモデルが
2023年10月26日(木)の10時までの期間限定で発売です。

ウォークマン A300シリーズの初音ミク コラボモデル
ウォークマン A300シリーズの初音ミク コラボモデル

関連マンガ:ソニーのウォークマン『初音ミク』16周年記念コラボモデルが期間限定で発売

 

その他、ウォークマンにつきましては
ウォークマン公式サイトで御確認をお願い致します。

ソニー ウォークマン 公式
ソニー ウォークマン 公式

 

関連リンク:ソニーのウォークマンの最新情報はこちら|Sony Comunication Space-uDa
関連マンガ:ウォークマン 新WM1シリーズ NW-WM1ZM2 と NW-WM1AM2 の特徴を御紹介
関連マンガ:ウォークマン NW-WM1ZM2 と NW-WM1AM2 が発売 | 両機種や前機種との違いを御紹介
関連マンガ:ウォークマンのバッテリー交換や修理に関する御紹介
関連マンガ:続編・ソニーのウォークマンの修理を申込んだら驚きの結果に
関連マンガ:ソニーのウォークマンのバッテリー交換を申込んだら驚きの結果に