ソニーのノイキャン対応ヘッドホン WH-1000XM4 の発売予告?が登場

ソニーのノイズキャンセリング対応ワイヤレスヘッドホン WH-1000XM4 の発売告知が発表のもよう

ソニーのヘッドホンサイトに謎のバナー&ページが出現しました。
バナーには『Wait 4 something exciting.』という感じで
『for』の部分を『4』にして何やら『4』を匂わす表示があります。

でもって結構以前から WH-1000XM4 の発売の噂がありますが
それっぽいとは思いつつ、これだけでは確定するには情報が少なく
情報出しは無理かなーとか思ったのですがバナーのファイル名を見ると
『bnr_whm4teaser_952_540.jpg』となっている訳なのですよね。

WH-M4 となると 『WH(オーバーヘッド型のヘッドホン)』の商品で
『M3』まで出ている商品は『WH-1000XM3』しか無いのですよね。
そしたらもう WH-1000XM4 の発売予告としか思えない訳ですよ。
 

補足:M+数字はソニーの商品でバージョン?を表すもので
ミラーレス一眼だと ILCE-7R > ILCE-7RM2 > ILCE-7RM3 >
ILCE-7RM4 などとなっています。

たまーに機能が格段にアップした時などは
WF-1000X > WF-1000XM3 というふうに飛んだりすることもあります。
 

ということで、ソニーの大人気のノイズキャンセリング機能搭載の
WH-1000XM3 の後継モデル WH-1000XM4 が
2020年8月7日(金)の9:00 に発表されると予想しています。

余談ですが『Wait 4 ~~』とか匂わせているのだから
発表時間を10:00にしたら1000という数字も入って
もっと洒落ていたのになーとか思ったり。

ちなみに 初代の MDR-1000X の発売日は 2016年10月29日で
2代目の WH-1000XM2 は 2017年10月07日で
現行モデルの WH-1000XM3 が 2018年10月06日なので
WH-1000XM4 で合っていれば 約2年ぶりの発売となりますね。

たぶん当たっていると思いますが絶対とは言い切れませんので
ハズレちゃった時は笑って下さい・・・
 

ソニー ヘッドホン商品情報ページ
ソニー ヘッドホン商品情報ページ

 


WH-1000XM3ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン
WH-1000XM3

ソニーストア販売価格:36,000円+税
長期保証<3年ベーシック>無償
10%OFFクーポン対応(3,600円の割引)

ソニー製品情報 ソニーストア
 

ノイキャン性能の新たな到達点。研ぎ澄まされた高音質に浸る

関連マンガ:ノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM3 の特徴や前モデルとの違い


 

ソニーストアでは10%割引クーポンを使って
表示価格より安く購入することが可能です。
詳しくはこちらからご参照下さい。
 ※新規の方はページ下部のWelcomeクーポンをご参照下さい。

また長期保証無料クーポンをお持ちの方は
長期保証<3年ワイド>、或いは長期保証<5年ベーシック>が
無料になりますので、こちらもお忘れの無いように。

 

関連マンガ:ソニーの防水&ノイキャン対応の完全ワイヤレスイヤホン WF-SP800N
関連マンガ:ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-XB700 の特徴や WF-H800 との違い
関連マンガ:ソニー 完全ワイヤレスイヤホン WF-H800の特徴や WF-1000XM3との違い
関連マンガ:ソニーのワイヤレスイヤホン WI-1000XM2 の特徴や前機種との違い
関連マンガ:ソニーの完全ワイヤレスイヤホン WF-1000XM3 の特徴と前機種との違い
関連マンガ:ソニー WF-1000XM3 実機レビュー、完全ワイヤレスイヤホンの決定版
関連マンガ:ソニーのワイヤレスヘッドホン WH-H910N と WH-H810 の特徴や違い
関連マンガ:ソニーのノイキャン対応の重低音が楽しめるヘッドホン WH-XB900N
関連マンガ:ソニーのモニターヘッドホン MDR-M1ST の実機レビュー&先行展示
関連マンガ:ソニーから耳を塞がないワイヤレスイヤホン SBH82D が発売
関連マンガ:ソニー 最高峰のインイヤーヘッドホン IER-Z1Rの特徴や実機レビュー
関連マンガ:ソニーのステージモニター ヘッドホン IER-M9とIER-M7の特徴やレビュー
関連マンガ:ソニーのハイレゾ対応ヘッドホン MDR-Z7M2 の特徴や前モデルとの違い

 

ソニー製品情報・ストア